MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.08.05

「心が死んだらサッカー選手をやめる」武藤嘉紀が日本に復帰した理由と神戸を選んだ理由

三好康児武藤嘉紀、柴崎岳、中島翔哉……。己の成長、その先にある目標を目指して挑戦し続けるフットボーラーたちに独占インタビュー。さらなる飛躍を誰もが期待してしまう彼らの思考に迫る。2人目は、2021年、6年ぶりにJ1に復帰したヴィッセル神戸FW・武藤嘉紀。3回目。

デニムジャケット¥49500、パンツ¥33000(ともにMINEDENIM /MIND TEL:03-6721-0757)

なぜ、武藤嘉紀は日本に戻ってきたのか

6年過ごしたヨーロッパから2021年8月にJリーグに電撃復帰して1年が経とうとしているが、武藤嘉紀には依然として自らの選択を明確に理解できていないところがある。

なぜ、日本に戻ってきたのか――。

スペインのADエイバルとの期限付き移籍は契約満了したが、レンタル元のニューカッスル・ユナイテッドFCとの契約はまだ残っていた。ヨーロッパの他のクラブからのオファーもあった。そして何より、まだまだヨーロッパでやっていく自信もあった。

「どこでプレーしようかと考えていたとき、ヴィッセル神戸からありがたいオファーをいただきました。話を聞いて、『アジアナンバーワンのクラブになる』というヴィッセル神戸のビジョンにすごく共感して。僕自身、まだタイトルを獲ったことがないですし、チームの目標に向かって自分の力をすべて出したいと思った。それに家族のことも。コロナ禍で家族は日本に帰国していたので、家族ともっと会いたいという気持ちもありました」

だが、それだけが理由ではなかった。

「Jリーグはシーズンの真っ只中なので、日本に戻ったら、すぐにサッカーがやれるな、とも思いました。あの頃、飢えていたんです、サッカーをすることに。厳しいプレッシャーや大きな期待を受けてプレーすることに。だから、直感というか、今は神戸に行かなくちゃいけない――そんな思いに支配されたんです」

武藤嘉紀が驚愕したJ1のチームとは

こうして武藤は2021年8月21日の鹿島アントラーズ戦で7年ぶりとなるJリーグのピッチに立ち、いきなりアシストをマークする。’21年シーズンは14試合に出場し、5得点8アシストの結果を残した。

久しぶりにプレーしたJリーグのレベルを、武藤は驚きをもって語る。

「僕がいた頃より、間違いなくレベルは上がっていると思います。スプリント量やスピードは海外に引けを取らないし、戦術的にオーガナイズされているチームも多い。どのチームも分析や対策をしっかりやってくる。それにリーグ全体のチーム力にそんなに差がないから、簡単なリーグではないと感じています」

なかでも驚かされたのが、川崎フロンターレだった。武藤が以前、Jリーグでプレーした’14年、’15年シーズンもボールを保持してゲームを支配するスタイルだったが、技術や戦術がより洗練され、勝負強さも備わっていた。

「特殊ですよね、あのパス回しは。あれだけパスを回して、なおかつしっかり決めてくる。あんなチームは、海外でもないです。エイバル時代にバルサ(FCバルセロナ)と対戦しましたけど、バルサだってあそこまでつながない。僕がヨーロッパでプレーしている間に、どんな進化があったのか。あのサッカーを確立したのはすごいし、面白いですよね」

戦力が拮抗したJリーグの難しさは、まさしく今季の神戸が直面しているところだ。

シーズン途中に武藤と、日本代表のエース・大迫勇也を補強した’21年シーズンはクラブ史上最高となるリーグ3位の成績を残したものの、’22年シーズンは開幕から12試合未勝利で最下位に沈む。3月に三浦淳寛監督が解任されると、このインタビュー当日には、後任のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督もクラブを去ることになった。

「ファン・サポーターの方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、すごく厳しい状況ですけど、何か燃えてくるんですよね。逆境から自分がチームを救いたいという気持ちがある。苦しいですけど、死んでないというか。自分がこの状況を、チームを、変えてやるんだって。強くいたい、勝ちたい、点を取りたい……その湧き上がる思いがなくなったら、心が死んだら、サッカー選手を辞めます。でも今は、ハートが燃え続けている」

このインタビューの4日後、サガン鳥栖に勝利した神戸はそこから公式戦4連勝を記録し、16位に浮上した。反撃の狼煙となったのは、鳥栖戦での武藤の2ゴールだった。そして7月13日、東アジアのチャンピオンを決めるE-1サッカー選手権の日本代表メンバーが発表され、その中に武藤の名前があった。

4回目に続く。

武藤嘉紀のインタビュー記事はこちら

元川崎・三好康児の独占インタビューはこちら

Yoshinori Muto
1992年生まれ。慶應義塾大学2年時からFC東京の特別指定選手となり、大学3年時にJリーグデビュー。2014年、FC東京に正式加入。新人最多タイ記録の13ゴールを記録、Jリーグベストイレブンに。’14年、日本代表デビュー。’15年ドイツのマインツに移籍。その後、ニューカッスル、エイバルへ。’21年にJ1神戸に加入。2018年ロシアW杯メンバー。日本代表出場数29。

TEXT=飯尾篤史

PHOTOGRAPH=鈴木規仁

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる