MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.06.09

快挙達成! 混合ダブルス優勝を果たした柴原瑛菜の強さの秘訣とは?──連載「コロナ禍のアスリート」Vol.52

まだまだ先行きが見えない日々のなかでアスリートはどんな思考を抱き、行動しているのだろうか。本連載「コロナ禍のアスリート」では、スポーツ界に暮らす人物の挑戦や舞台裏の姿を追う。

2022年全仏オープン混合ダブルス決勝。柴原・クールホフ組が初優勝

コンビ結成はインスタのDM、試合はぶっつけ本番

家族で楽しくボールを打ち合った幼少時代の記憶が頭に浮かんでいた。

「グランドスラムで優勝したなんて夢のよう。私は5人家族で育って、皆でテニスをするようになって、いつも混合ダブルスをプレーしていた。だから、混合ダブルスで優勝できたのは特別なこと」

2022年6月2日、パリ・ローランギャロスのセンターコート。今季4大大会第2戦、全仏オープンの混合ダブルス決勝で第2シードの柴原瑛菜(しばはらえな・24歳・橋本総業所属)、ウェスリー・コールホフ(33歳・オランダ)組が、ウリケ・アイケリ(29歳・ノルウェー)、ヨラン・フリーゲン(28歳・ベルギー)組を7-6、6-2のストレートで破り、優勝した。

柴原は4大大会初タイトル。全仏オープンの混合ダブルスで日本勢の優勝は1997年の平木理化、マヘシュ・ブパシ(インド)組以来25年ぶり、4大大会でも1999年全米オープンの杉山愛以来23年ぶりの快挙となった。

2020年全米オープン男子ダブルス準優勝のコールホフから4月にインスタグラムのダイレクトメッセージで「一緒に組まない?」と誘われた。柴原はコールホフのアカウントをフォローしていなかったため、気がついたのは2日後。「フォローしていない相手からのメッセージの通知が来ないので、すぐに見られなかった。チェックしたらメッセージが届いていたので急いで返事を送った」。慌てて快諾の返信をして、今大会で初めてペアを結成した。

手探りだった1回戦は第1セットを落としたが、試合を重ねるごとに連係は向上。2回戦以降はすべてストレート勝ちで頂点に立った。決勝は第1セットをタイブレークの末に先取し、第2セットは第2ゲームから5ゲームを連取して圧倒。最後は柴原が強烈なサービスエースで四半世紀ぶりの快挙を成し遂げた。ボレーやロブなど多彩なプレーで優勝に貢献。自身のサービスゲームは1度もブレークを許さなかった。

男女が交互にサーブを打つ混合ダブルスは、女子選手のサービスゲームをいかにキープするか、女子選手が男子選手のサーブをいかにリターンするかがカギを握る。女子選手は狙われやすい立場だが、柴原は男子のサーブを返し、男子からエースを奪える力を持つ。

日本人の両親の間に、米・カリフォルニア州で生まれ育ち、幼少時代から家族5人で混合ダブルスに興じた。3人きょうだいの末っ子は「4番目のスポットをとりにいく」立場。2人の兄の球を受けてきたことが、男子を苦にしない秘訣だ。「小さい頃から、お兄ちゃんの強いサーブを受けてきた。それに対して、どうリターンしたらいいのか分かる」と言う。

8歳の時に全米協会の強化選手に選出され、2016年全米オープンでジュニア女子ダブルス優勝。カリフォルニア大ロサンゼルス校に進学するが、休学して’19年1月にプロ転向した。同7月に日本国籍を選択。昨夏の東京五輪は女子ダブルス1回戦敗退、混合ダブルスは8強に進出した。

ツアー大会では’19年夏からペアを組む青山修子(34歳・近藤乳業所属)との女子ダブルスで通算8勝を記録。10歳差のコンビを1月の全豪オープン後に解消した。今季はシングルスを中心に転戦しながらさまざまな選手と組みダブルスにも出場している。

シングルスでサーブを打つ機会が増えたことでサーブの質が上がった。ネットプレーに長けた青山とのコンビではストロークに重点を置く試合が多かったが、他の選手と組むことで前衛の意識もアップ。シングルスに重点を置き、新たな一歩を踏み出したことが成長を後押ししている。

ウィンブルドン選手権(6月27日開幕)は男子ダブルスが5セットマッチのため、再びコールホフとコンビを組めるかは微妙だ。柴原は「もし組んでくれるならすごくうれしいが、全米オープン(8月29日開幕)もある」と2ヵ月前とは逆にラブコールを送った。

全仏オープン時のシングルスの世界ランキングは560位。「来年はグランドスラムの本戦にシングルスで出たい」という目標もある。原点といえる種目で4大大会を制したが、夢にはまだ続きがある。

【関連記事】
入江陵介「もう一度、表彰台に上りたい」日本選手権9連覇、32歳ベテランの葛藤
日本人史上最長! NBA4シーズンを戦い抜いた渡邊雄太の手応えと苦悩
【町田瑠唯】米プロリーグWNBA入り! 身長1m62、最年長29歳での挑戦

TEXT=木本新也

PHOTOGRAPH=アフロ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる