MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.05.10

【ケビン山崎】レジェンドトレーナーが提言。日本の経営者には筋肉が足りない!

アスリートやミュージシャンなど多くの著名人の肉体改造をサポートしてきたケビン山崎氏。筋肉伝道師は日本のビジネスパーソンには、まだまだ筋肉が足りていないと言う。【特集 最高のカラダは、最強の武器はこちら】

ケビン山崎氏

現在も週2回のトレーニングを欠かさない。ウエイトトレーニングとランに加え、カラダの動きを向上するためのメニューにも取り組む。

筋肉があれば仕事の質が高まる!

トレーニングを日本人のライフスタイルの一部として根づかせたい。そんな思いからケビン山崎氏が「トータル・ワークアウト」の日本1号店をオープンしたのは2001年のこと。アメリカで活動しながら、日本の格闘家やプロ野球選手らの指導も行っていたケビン氏が、日本では一般的ではなかったパーソナル・トレーニングを本場アメリカから持ちこんだのだ。

それから約20年。今ではパーソナル・トレーニングジムも増え、男女を問わず筋トレに励むビジネスパーソンは増加した。しかしそれでもなお、日本人には筋肉が足りていないと言う。

「24時間利用できるジムも増えて、日本でもトレーニングが随分一般化したと思います。でも、トレーニングの価値、筋肉の価値はまだまだ広まっていないなと思っているんです」

そもそも、筋肉があればそれだけでカラダは疲れにくく、生活習慣病のリスクも小さくなる。肩こりや腰痛に悩まされることも確実に減る。

「保険制度の違いも大きいかもしれませんが、アメリカでは健康であることの価値が日本より高いと感じます。十分な筋肉がついた健康的な肉体が、ひとつのステータスになっているんです。大企業なら、当たり前のようにオフィス内にフィットネスジムが設けられていますしね」

トレーニングをして筋肉をつけることは、ビジネスにも好影響を与えるのは間違いない。

「運動は脳をとても刺激する行為ですから、日常的にカラダを動かせば、その分頭も冴える。また、大きく影響するのは行動範囲でしょう。筋肉がなく疲れやすい人は、遠くに行くことを避けがちになり、知らず知らずのうちに行動範囲が狭くなってしまう。好奇心があっても、カラダを動かすのが億劫だからと、川を渡って向こう岸に行くことをしなくなる。消極的になってしまうことの危険性は、経営者の方なら誰もがイメージできるのではないでしょうか」

筋肉があれば、人は何かに挑戦したくなる

人生を存分にエンジョイする。そのためにも筋肉は欠かせないものだと、ケビン氏は言う。

「トレーニングをして筋肉がつき、カラダの動きがよくなれば、人は何かに挑戦したくなるもの。それはゴルフかもしれないし、トライアスロンかもしれません。皆、小学生の頃は15分でも休み時間があったら、バッと校庭に出て思い切りエンジョイしていたはずです。腰が重くなったのは、大人になったからでしょうか。いや、筋力や活力の低下に原因がある場合がほとんどだと思います。フットワークの軽さを維持するためにも、トレーニングをする必要があるんです」

ケビン氏は70歳になった今でも週2回、各2時間のトレーニングを欠かさない。

「年をとると一度落ちたものを取り戻すのが大変なことを知っているので、やらないわけにはいかないんですよ(笑)。トレーナーとして、動きの説明もできる限り自分のカラダを使ってやりたいですからね」

Kevin Yamazaki

Kevin Yamazaki
1951年広島県生まれ。パーソナル・トレーニングジム「トータル・ワークアウト」主宰。’76年からアメリカでパーソナル・トレーナーとして活動を始め、2001年に「トータル・ワークアウト」の日本1号店をオープンした。

 

滝沢直己「ケビンさんは常に進化している人」

著名人から皇室にいたるまで数多くのクライアントを持ち、ユニクロのデザインディレクターも務めていることでも知られる滝沢直己氏もケビン山崎氏のパーソナル・トレーニングを受けている。知人経由でケビン氏のウェアのデザインを頼まれたのが、出会いのきっかけだ。

「10年ほど前のことですが、年齢的にも体型の変化が気になっていたのと、歩いていてつまずくことが増えました。ケビンさんに相談したら、筋肉の強化と歩行姿勢の改善を指摘されたんです。それで、トレーニングを始めることにしました」

フィジカルコンディションが10年前よりも明らかによいのはもちろん、仕事面にも好影響が出ているそうだ。

「人間のカラダやその内側からもデザインを考えるようになりました。服で個性を演出するというよりも、服でどう個性を引き立たせるかという時代になっていると思うので、その感覚を深く理解するのにもトレーニングは役立っています」

そしてケビン氏及び「トータル・ワークアウト」の魅力は、進化し続けていることにあるという。

「10年前と言っていることが変わっていたりするんですけど、それは必要なアップデートなんですよね。変化を続けられる人だからこそ信頼できます」

Naoki Takizawa

Naoki Takizawa
1960年東京都生まれ。ファッションデザイナー。NAOKI TAKIZAWA DESIGN INC.代表(2007年設立)。フランス芸術文化シュバリエ勲章受章など、受賞歴多数。

 

MUSCLE BIBLE 筋肉伝道師の最終解答

『MUSCLE BIBLE 筋肉伝道師の最終解答』
幻冬舎 刊/¥1,600+税
「筋肉があれば──」、人生における計り知れないメリットがある。日本における、パーソナル・トレーナーの草分け的存在であるケビン山崎が、人生をより豊かにする筋肉の真価を問う一冊。大学卒業後、アメリカ東海岸に渡りパーソナル・トレーニングの極意を習得。以降も、西海岸の最先端メソッドを学び続け、日本の顧客に提供し続ける。70歳を超えた今も、「健康診断は戦い」と話すなど、自身を律しながら、現場にたつ。前田日明の引退試合に向けたトレーニングや、清原和博の肉体改造をサポートするなど、数々のアスリートやタレントのパフォーマンス向上を指導してきたケビン山崎が、今日本人に伝えたい筋肉のメリットをお届けする。2022年4月27日発売

TEXT=神津文人

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる