MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.05.04

【佐久間宣行】多忙でも、5時間以上の睡眠を死守する理由と方法とは【仕事人たちの睡眠術】

眠りにこそ、仕事の効率を最大化する秘密が隠されている。結果を出し続けるビジネスパーソンにその睡眠術を訊いた! 今回は、幅広い活躍を魅せるテレビプロデューサーの佐久間宣行氏。【特集 睡眠力革命はこちら】

自分を信用せず、眠る時間を仕組み化

人気バラエティ番組を数々手がけるテレビプロデューサーの佐久間宣行氏。日々の企画だしや撮影に加え、毎週水曜日は深夜ラジオの生放送に出演、入眠時間は毎日どうしてもバラバラになるが、睡眠は5時間以上を死守しているという。

「睡眠時間とともに質も意識するようになったのは4年前から。当時大好きな舞台を見ている時に、眠くなってしまうことが多かったんです。集中できないのは年齢のせいかと思ったのですが、おぎやはぎの矢作兼さんに『夜ちゃんと寝られてないんじゃない?』と言われ睡眠クリニックを受診しました」

その結果、1晩で100回以上無呼吸になっていたことが判明。睡眠時の呼吸を補佐する機器CPAPをつけながら寝るようにしたところ格段に睡眠の質が向上した。

「眠るってこういうことだったんだと。良質に5〜6時間眠れたら、日中眠くならず、集中力も続くようになりました」

佐久間氏は数多くの企画を抱えながら、映画・舞台・ドラマのチェックも欠かさない。そのなかで5時間の睡眠時間を捻出するのは簡単ではないはずだ。

「人は好きなことですら怠ける生き物。自分を信用せず、眠る時間、やりたいことをやる時間を仕組み化する。僕は毎日寝る前の2時間は映画時間と設定し、2ヵ月先まで見る作品も決めてスケジュールに入れています」

そんな佐久間氏が、最も仕事に集中できる時間、それは「起きて3時間以内」だという。

「何かを作りだす仕事は、その時間に。夜眠いなと思いながらするのはやめて、眠いなら映画でも見て、起きてから短時間でやるほうが効率的なんです」

いい睡眠で、人生と仕事を愉しめる。佐久間氏が作りだすヒット作が証明している。

「佐久間宣行"ブレずに生きろ"は大噓!」の記事もおすすめ

佐久間P

スケジュール
スケジュール表に見る予定のドラマを黄色で記入。「この日は24時からマーベルの『ロキ』、25時から『レポーター・ガール』を見てますね(笑)」

佐久間P

CPAP
睡眠時無呼吸症候群の治療機器。鼻に装着し、注入される空気の圧で、空気の通り道を確保。「つけてから目覚めがすっきりになりました」

「口を開けて寝ていて、そのまま喉を痛めて風邪をひくことが多かったんです。ネルネルを貼って寝るようになってからは風邪知らずです」

「佐久間宣行"ブレずに生きろ"は大噓!」の記事もおすすめ

テレビプロデューサー
佐久間宣行

1975年福島県生まれ。’99年テレビ東京入社、以降『ゴッドタン』『あちこちオードリー』などを立ち上げる。2021年独立。著書に『佐久間宣行のずるい仕事術』(ダイヤモンド社)など。

【特集 睡眠力革命はこちら】

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=舛田豊明

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる