MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.01.11

吉田正尚、山田哲人、宮城大弥が一流になる前夜の物語──連載「スターたちの夜明け前」

どんなスーパースターでも最初からそうだったわけではない。誰にでも雌伏の時期は存在しており、一つの試合やプレーがきっかけとなって才能が花開くというのもスポーツの世界ではよくあることである。そんな選手にとって大きなターニングポイントとなった瞬間にスポットを当てながら、スターとなる前夜とともに紹介していきたいと思う。連載コラム「スターたちの夜明け前」年始総集編③

吉田正尚

吉田選手

2009年6月6日 高校野球春季北信越大会 対桜井高戦

現在のプロ野球で最も安定した打力を誇る選手と言えば、多くの人が吉田正尚(オリックス)と答えるのではないだろうか。プロ入り当初は腰痛に苦しんでいたが3年目の2018年からは全試合に出場して3年連続で打率3割をマーク。昨年は初のタイトルとなる首位打者を獲得すると、今年(2021年8月時点)も前半戦終了時点で打率、出塁率、安打数でパ・リーグのトップを走っている――。

続きはこちら

山田哲人

山田選手 高校時代

2010年全国高校野球選手権大会

東京オリンピックで悲願の金メダルを獲得した侍ジャパン。多くの一流選手がさすがというプレーを見せたが、その中でMVPに輝いたのが山田哲人だった。5試合全てで1番打者に起用されると、オープニングラウンドのメキシコ戦では試合の流れを呼び込むスリーランをレフトスタンドへ叩き込み、準決勝の韓国戦では同点の8回裏に決勝の3点タイムリーツーベースを放つなど、ここ一番での活躍は見事だった。日本プロ野球史上初となる3度のトリプルスリーを達成しているが、年齢を考えるとこの記録を更に伸ばす可能性も十分にあるだろう。

続きはこちら

宮城大弥

2019年春季九州大会(高校3年)

昨年(2020年)まで6年連続Bクラス、2年連続最下位と低迷しながら、今年はここまで(2021年9月時点)優勝争いを演じるなど一気に躍進を遂げたオリックス・バファローズ。そんなチームの救世主的な存在となっているのが今や左のエースへと成長した宮城大弥だ。高卒2年目ながら開幕からローテーションに定着すると、8月13日には両リーグ最速となる二桁勝利をマーク。ちなみに10代の選手が12球団最速で10勝に到達したのは1987年の桑田真澄(巨人)以来、実に34年ぶりの快挙である――。

続きはこちら

TEXT=西尾典史

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる