MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.01.05

【オカダ・カズチカ】「チャンピオンベルトを失うことは失恋に近い」──新刊『「リング」に立つための基本作法』Vol.6

2022年に創立50周年を迎える新日本プロレス。団体を牽引するプロレスラー、レインメーカーことオカダ・カズチカが自身のポリシーやプライベートを綴った『「リング」に立つための基本作法』が発売中。そのなかから一部を抜粋して紹介する。

オカダ・カズチカ氏

オスの本能で闘う

レスラーにとってチャンピオンベルトを失うことは、失恋に近い。別の男に恋人を奪われたような感覚だ。

初めてIWGPヘビー級のベルトを腰に巻いたときは、嬉しくて自宅に持ち帰った。眠るときもかたわらに置き、家族にも見せた。

婚約者とベッドに入り、家族に紹介するような気持ちだった。

それからは必死だ。

「君のことを生涯大切に守る!」

ベルトに誓う。失わないように精進し、コンディションを整え、ベルトにふさわしい自分であろうと努める。

だから、タイトルマッチで敗れてベルトを奪われると、失恋したような気持ちになる。

「行かないでくれ!」

心のなかで叫ぶが、ベルトは振り向いてはくれない。

失恋には、二つの苦しみがあると思っている。

一つ目は、純粋に振られることによる心のダメージだ。

二つ目は、好きな女性がほかの男と濃密な時間を過ごしている事実から受ける苦しみだ。自分が食事をしているとき、あるいは入浴しているとき、好きな女性がほかの男とベッドに入っているかもしれない。それを想像すると、頭がどうにかなってしまいそうになる。

ベルトも同じなのだ。昨日まで自分と濃密な時間を共有していたのに、今は別の男といる。一緒にベッドに入っているかもしれない。それを思うと、胸がかきむしられるような感覚になる。

自分の次のチャンピオンが別の挑戦者と防衛戦をやるのを見ると、僕の恋人だった女性を別の男二人が奪い合うのを見るようなもので、彼女が遠いところに行ってしまった悲しさ、虚しさを覚える。

しかし、彼女への愛情はいささかも衰えない。それどころか、思いは増すばかり。なにしろたくさんのかけがえのない時間を共有してきたのだ。

だからこそ、気持ちを立て直し、奪い返しに行く。ライバルたちを蹴散らし、挑戦権を獲得する。タイトルマッチのリングに上がると、“恋敵”であるチャンピオンを完膚なきまでに叩きのめそうとする。

プロレスに限らず、ボクシングやキックボクシングのようなチャンピオンベルトを巻く格闘家たちは、最愛の女性を奪う、あるいは奪い返すというオスの本能で闘っているのではないだろうか。

人間も動物。オスはメスを獲得するときにはなりふり構わない。そして、自分の持つエネルギーを最大限爆発させる。

 

『「リング」に立つための基本作法』

『「リング」に立つための基本作法』
オカダ・カズチカ
¥1,600 幻冬舎
なぜ強いのか、なぜ特別な存在であり得るのか……。オカダがトップに昇りつめるにあたって、強く意識したこと、自分に課していることを、心と身体、両面から率直に綴る。老若男女、誰もが自らの「リング」に立つためのヒントになる、オカダ流人生の極意の数々。アントニオ猪木や天龍源一郎との遭遇、闘い、教えられたことの記述も興味深い。
購入はこちら

 

オカダ・カズチカ
1987年愛知県安城市生まれ。15歳のときにウルティモ・ドラゴンが校長を務める闘龍門に入門。16歳でメキシコのアレナ・コリセオにおけるネグロ・ナバーロ戦でデビューを果たす。2007年、新日本プロレスに移籍。11年からはレインメーカーを名乗り、海外修行から凱旋帰国した12年、棚橋弘至を破りIWGP ヘビー級王座を初戴冠。また、G1 CLIMAX に初参戦し、史上最年少の若さで優勝を飾る。14年、2度目のG1制覇。16年、第65代IWGP ヘビー級王座に輝き、その後、史上最多の12回の連続防衛記録を樹立。21年、G1 CLIMAX 3度目の制覇を成し遂げる。得意技は打点の高いドロップキック、脱出困難なマネークリップ、一撃必殺のレインメーカー。191cm、107kg。

PHOTOGRAPH=玉川 竜

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる