MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

LATEST ISSUE
2024年8月号
美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ
STORE

TRAVEL

2023.11.16

“最も高額な88万円のアイスクリーム”…ドバイの経営者に聞いた、ドバイに魅了される3つの理由

ドバイの魅力を知りたいならば、実際にドバイを訪れたり住んだことがある人に聞いたほうが手っ取り早い! そこで、ビジネス・プライベートを問わずドバイに魅せられた、ドバイラバーの3名にアンケート取材を敢行。ドバイが持つ圧倒的な魔力とは? 【特集 熱狂都市・ドバイ】

ドバイのデザートサファリ
©ドバイ経済観光庁

世界的なスポーツ大会やイベントも盛り沢山!

2013年から9年にわたって世界最大級の政府系ファンドADIAに勤務。ドバイ経済の勢いを目の当たりにしてきた。

「ドバイは、一部を除いて法人税や投資にまつわる所得税がほとんどかかりません。それもあって、あらゆるリソースが集まりビジネスの好循環が起きています。また人口の約9割が外国人なので、言語も文化も宗教も違って当たり前。疎外感なく、心地よく過ごせます」

他にも、世界的アーティストのコンサートや国際的なスポーツイベントも定期的に開催される。

「毎年行われるドバイ・テニス選手権は、非常に見応えがあります」

ドバイ・モール
週末、家族とよく訪れていたのがドバイ・モール。「ハイブランドから紀伊國屋書店まで多彩な店があり、とても便利。水族館やキッザニアもあるので、子供と一緒に1日中楽しめます」

Dubai Profile

ドバイ在住歴
2022年1月まで約9年間。

家族での移住事情
ドバイは治安もよく、子供と一緒に移住しても安心。「世界トップクラスのインターナショナルスクールも複数あり、子供の教育を目的に移住する日本人も増えているようです」

行きつけのレストラン
ミミ カクシ。「フォーシーズンズ内の和食店で、味も雰囲気も抜群」

玉真永棋氏
玉真永棋/Eiki Tamama
プロフィッツ 取締役 投資責任者
1979年神奈川県生まれ。慶応義塾大学を卒業後、金融機関などで不動産投資のキャリアを積み、2011年からADIA(アブダビ投資庁)のアジアパシフィック地域における不動産運用に従事。2022年より現職を務める。

 

現在進行形で発展する街は躍動感に満ちている

初めてパーム・ジュメイラを見た時、人生観が変わるほどの衝撃を受けた。

「『砂漠しかなかった土地に、こんな超スケールの人工島を人間がつくったのか!』と、心底驚きました。ドバイは首長をトップに未来都市をテーマにした最先端の街づくりをしているので、日本にはない躍動感を感じますし、エネルギーや刺激をもらえます」

不動産投資の面でも魅力を感じており、物件を探すために郊外に足を運ぶこともあるという。

「中心地は富裕層向けエリアなので飲食店もホテルも高いんですが、郊外は意外と物価が安くて暮らしやすいみたいです」

ブルジュ・アル・アラブ・ジュメイラ
ドバイ感満載の場所としてお薦めなのが、7つ星ホテル「ブルジュ・アル・アラブ・ジュメイラ」。「初めてドバイを訪れた時に利用しましたが、至る所に純金がちりばめられていて王族気分に浸れます」

Dubai Profile

ドバイに通う頻度
3 、4ヵ月に1度。

日本との違いに驚いたこと
日本の宝くじの1億円当選確率が0.000002%なのに対し、ドバイ空港で売られている100万ドル宝くじの当選確率は0.05%! 「賞金100万ドルを夢見て、毎回購入しています(笑)」

お気に入りホテル
パレス ダウンタウン ドバイ。「ドバイ・モールに近いホテルで街散策の拠点としても便利」

島田雄左氏
島田雄左/Yusuke Shimada
スタイル・エッジ 代表取締役社長
1988年福岡県生まれ。24歳で司法書士として独立開業し、2019年から士業や医業等の専門家に向けた総合支援を行うスタイル・エッジに参画、2021年より現職。ドバイには、主に不動産投資目的で訪れることが多い。

 

ドバイだからこそ可能なビジネスチャンスがある

超高級アイスクリームブランド「セラート」を立ち上げ、ドバイでも展開予定。1個88万円の白トリュフアイス「白夜」は、“最も高額なアイスクリーム”としてギネス世界記録に認定された。

「ドバイはハイエンドの食やホテルが集まる都市。このアイスを展開するにはうってつけの街なんじゃないかと。そんな事情もあり、最近はドバイに足を運ぶようになり、ドハマリしています」。

現地でよく食べるのが、ナツメヤシの実“デーツ”。「食物繊維やカリウムが豊富なスーパーフード。日本に輸入もされていますが、本場の味は格別です」

ラッフルズ ドバイ
エジプトの巨大ピラミッドのような外観が特徴の「ラッフルズ ドバイ」。「300平米超えのスイートルームや、古代の王室を思わせる金の色使いなど、ドバイを感じる部屋でリラックスできました」

Dubai Profile

ドバイ渡航歴
4回。

ドバイでよく行く場所
パーム・ジュメイラにある5つ星ホテル。「プライベートビーチが備えられているところが多く、仕事でひと息つきたい時にすぐにビーチへ出られるので、リフレッシュできます」

行きつけのレストラン
友。「『ラッフルズ ドバイ』の夜景が美しい日本食レストランです」

大原昌人氏
大原昌人/Masato Ohara
ダニエルズアーク 代表取締役社長
1991年埼玉県生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒業。楽天を経て、2018年にダニエルズアークを設立。ヒット企画の発案からマーケティング戦略までを一貫してプロデュースする。累計クライアント数は400社以上。

【特集 熱狂都市・ドバイ】

この記事はGOETHE2023年12月号「総力特集: ヒト・モノ・カネが集まるドバイ」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=川岸徹、村上早苗

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

2024年8月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年8月号

美食旅の新スタンダード、泊まれるレストラン オーベルジュ

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ8月号』が2024年6月25日に発売。今号は、フランス発祥の“泊まれるレストラン”、オーベルジュを大特集。今市隆二は、2024年2月にグランドオープンしたばかりの「仙石原古今」を訪れた。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる