MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.11.19

オーダーメイドで叶う、空間の主役になる究極に美しいキッチン

手間もかかれば、時間もかかる。だが、その分思い入れは深くなる。ビスポークには、物語が宿るのだ。もちろん、使い心地もすこぶる良好。そんな世界にひとつだけの特注品こそ、浪漫のある邸宅にはふさわしい。今回紹介するのは、究極の美観が叶うキッチン。【特集 浪漫のある家】

ダーダ キッチン

特別な集いの場

ハイエンドの海外システムキッチンはビルトイン家電や大容量の収納により、生活感のあるものは扉の中に隠してしまえることが魅力的だ。なかでも近年注目を集める、伊モルテーニ社の傘下にあるダーダのキッチンは、一見するとシンプルなデザインながら、システム収納が得意なモルテーニグループならではの、数々の特許を取得した機能美とデザイン性の高さを兼ね備えている。

ダーダのショールームに入ると、まず目が行くのは贅沢な質感の内装と温かみを感じるファブリック、窓からの自然光と間接照明を組み合わせた心地よい空間そのもの。その美しい空間に佇むキッチンの大理石や天然木などの素材の質感や、クラフトマンシップを感じる細部からは、モルテーニ・ダーダならではの、美意識を感じることができる。

ダーダ キッチン

ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンによる2020年発表の新しいキッチン「インターセクション」。「交差地点」という名前のとおり、備え付けのテーブルトップや扉の表面の木目は交差して光と影のパターンを作りだしている。頑丈なテーブルトップは、大理石が彫刻のように削り出された美しい表情が特徴。テーブルトップや扉の素材、テーブルの位置もカスタマイズすることが可能。

オーダー価格は、サイズや選ぶ素材により要見積だが、2,000〜2,500万ほどのオーダーが多いという。発注後にイタリアで製作され、納期は現在約7ヵ月。ちなみに、最近ではキッチンを中心とした家づくりをする人が増えているそう。大切な人と、親密な時間を過ごす我が家の中心だからこそ、こだわり抜くのも納得だ。

ダーダ キッチン

ダーダのフラッグシップモデル「VVD」。ダーダのテーブルトップの選択肢は、約76種。天然石だけでも16種類あり、借景との調和を考えてさまざまな選択肢がある。写真のテーブルトップはミラノでは馴染み深い石「チェッポストーン」。

ダーダ キッチン

アルマーニ / カーザとのコラボライン、アルマーニ / ダーダも展開。クライアントに合わせて、ジョルジオ自身がデザインをするという究極の贅沢を楽しめる。

問い合わせ
モルテーニ・ダーダ東京 TEL:03-3400-3322

【特集 浪漫のある家】

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる