MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2022.01.22

JRA競走馬ゲーテ号、社台ファームでの訓練、食事、基礎テスト──連載「走れ!ゲーテ号」

競走馬の「馬名」は、誰が、どのようにして決めているのか? 2020年秋、編集部は、馬主・松島正昭氏と武豊騎手による凱旋門賞壮行会の席に偶然同席。その際に、文豪ゲーテの人生訓と、その名を冠した雑誌のコンセプトに共感した松島オーナーの意向で、期待のディープインパクト産駒(牡馬)の馬名がゲーテ号に決定した。そのデビューまでの道のりを追った連載を一挙に振り返る。

第四回 社台ファームで暮らすゲーテ号は優等生なお坊ちゃん!?

ゲーテ号2-1

前号まで、ゲーテ号の馬名申請の流れ、北海道千歳市の育成牧場・社台ファームでのトレーニングの様子など、情景を切り取ってリポートしてきたが、今回は、ゲーテ号の日々のスケジュール、食べ物、そして性格を明らかにしたい。取材に対応してくれたのは、ゲーテ号の育成担当、長浜卓也氏である。

筆者:「一日の流れって、どういう感じなんですか?」
長浜氏:「どの馬もそうですが、早朝4時とか5時に起きて、朝食のカイバを食べて、その後に調教が入ります。で、また昼食のカイバを食べて、午後は、馬の状態を見ながら日によってはトレッドミル(馬のルームランナー)に乗ったり、のんびり過ごしたりですかね。夜もご飯を食べますし、人間と一緒ですよ(笑)」
筆者:「馬も朝昼晩って、3食食べるんですね!」
長浜氏:「そうですよ(笑)」

これまで数々の競馬関係者と会ってきたが、そんなことも知らなかった。何を食べているのか?も興味津々だ。

続きはこちら

第五回 最上級の環境で育つ”良血馬”ゲーテ号の値段とはいかに?

社台ファームで育成を担当する長浜氏いわく、ゲーテ号は人間で言うところの「お坊ちゃん」な雰囲気らしく、お父さん、お母さんの血筋通り、優等生と評される。

筆者:「ホントにすみません。僕、全然違いとか品が分からないんですけど(笑)」
長浜氏:「人間と同じですよ(笑)。難しく考えちゃダメです」

妄想ではあるが、例えば音楽一家で、目のつく場所に様々な楽器が置いてあれば、自然に音楽に興味を持つといった具合いだろうか。

長浜氏:「そうです! あと、どこで育ったかは大人になった時に、人間社会でも違いますよね?」

続きはこちら

第六回 基礎テストはすべて1発パス! ゲーテ号が父から継いだ偉大なる血とは

ゲーテ号2-3

社台ファームで育成担当を務める長浜卓也氏は、今夏デビューを迎えるゲーテ号の潜在能力についてこう評する。

長浜氏:「ゲーテ君は賢いですね。非常に優秀だと思います」

競走馬とはいえ、「いつがレースなのか?」「もしかすると、自分が競走馬?」「そもそも何のために走っているの?」なる感覚が、最初からは備わっていない。生まれて数ヵ月で、母馬から離れ、馴致(じゅんち) (馬具の装着や人が乗ることに慣れる)期間があり、その後、現在のゲーテ号のように育成トレーニングに進んでいく。

2歳になると、ようやく調教師の元に預けられ、生まれ故郷からトレーニングセンターへ移動する。そして本格的にレースに出るためのトレーニングをこなし、いざデビューを迎える。こうした過程において、人が求める状況を理解できる力こそが、能力を開花させるカギとなる。

続きはこちら

TEXT=小林克己

PHOTOGRAPH=池田直俊

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる