GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.05.22

基礎テストはすべて1発パス! ゲーテ号が父から継いだ偉大なる血とは

2020年秋。筆者・サントス小林とGOETHE編集部は、武豊騎手と馬主・松島正昭氏による凱旋門賞壮行会の席に偶然同席した。その際に、文豪ゲーテの人生訓と、その名を冠した雑誌のコンセプトに共感した松島オーナーが、ディープインパクト産駒(牡馬)の馬名を「ゲーテ号」とその場で命名!
雑誌と同じ名前の競走馬の成長をGOETHE取材班が追いかける連載「走れ! ゲーテ号」WEB版第6回は、ゲーテ号が父・ディープインパクトから受け継いだ血について。連載第5回『最上級の環境で育つ”良血馬”ゲーテ号の値段とはいかに?』

走れ! ゲーテ号

馬における賢さとは

社台ファームで育成担当を務める長浜卓也氏は、今夏デビューを迎えるゲーテ号の潜在能力についてこう評する。

長浜氏:「ゲーテ君は賢いですね。非常に優秀だと思います」

滋賀県・栗東トレーニングセンター

社台ファームで担当スタッフに連れられて馬房を歩くゲーテ号。取材時も常に落ち着いた雰囲気を醸しだしていた。先月、滋賀県・栗東(りっとう)トレーニングセンターの武幸四郎廐舎へ輸送され、無事、試験に合格した(詳細は次回)。

では、馬における賢さとは、どういうことなのだろう?

長浜氏:「大前提として、常に一緒に過ごす人間の指示が理解できるかどうかが、その後の成長に大きく関わってきます」

競走馬とはいえ、「いつがレースなのか?」「もしかすると、自分が競走馬?」「そもそも何のために走っているの?」なる感覚が、最初からは備わっていない。生まれて数ヵ月で、母馬から離れ、馴致(じゅんち) (馬具の装着や人が乗ることに慣れる)期間があり、その後、現在のゲーテ号のように育成トレーニングに進んでいく。2歳になると、ようやく調教師の元に預けられ、生まれ故郷からトレーニングセンターへ移動する。そして本格的にレースに出るためのトレーニングをこなし、いざデビューを迎える。こうした過程において、人が求める状況を理解できる力こそが、能力を開花させるカギとなる。「賢い馬が競走馬として成長しやすい」と言われるゆえんだ。

「併せ馬」

1周1,000mの周回コースで「併せ馬」(並列に2頭並んで走るトレーニング)を行うゲーテ号(右)。

長浜氏:「ここまでゲーテ君は、初期馴致もすべて1回でクリアしてますし、人間でいうところの物覚えが早いと言いますか、理解する能力が高いと感じています。競走馬にとっての賢さとは、例えば、重賞レースに出るとしますよね、そうすると午後3時以降がレースで、でも、朝から競馬場の雰囲気でテンションが上がったりすると、本番まで持ちません。状況を理解する能力こそが、馬の賢さですね」

武豊ジョッキーが、かつてディープインパクトに騎乗していた際に、面白い言葉を聞かせてくれたことがある。

武豊:「菊花賞の時かな。ディープは賢いから、ゴール(板)がもうわかっていて、まだ一周目なんだけど、最後の直線に入ったら、一気に加速し始めちゃって(笑)。オイオイ! まだゴールじゃないぞ、って焦って抑えたのを覚えてます。でも、ゴール板を過ぎて、まだ他の馬が走ってるから、ディープも『あれっ』って思ったのか、またちゃんと言うことを聞いてくれて……。あの時は焦りましたね。三冠がかかってたからなぁ(笑)」

社台ファームの玄関

北海道千歳市東丘に拠点がある社台ファームの玄関。290ヘクタール(東京ドーム62個分)という広大な敷地に、坂路コース、3種類の周回コース、ウォーキングマシン20基などさまざまな最新設備が備えられている。

ディープインパクトを父に持つゲーテ号は血筋なのか、“お坊ちゃん”と評される。父の賢い遺伝子が受け継がれているのである。長浜氏によると、ディープインパクトの仔の特徴として、(1)軽い(2)品がよい(3)皮膚が薄い、と3つを紹介してくれたが、もちろん、競走馬である以上、血筋に加えて調教で養われるスピード、基礎体力なども強さの要素となる。

「無事是名馬」という格言があるように、まずはケガなく丈夫な身体をつくってほしい。賢く育って、走れ、ゲーテ号!

<次号>
『武幸四郎厩舎に入ったゲーテ号。ゲート試験を1発合格!』に続く。

連載第5回『最上級の環境で育つ”良血馬”ゲーテ号の値段とはいかに?』

TEXT=小林克己

PHOTOGRAPH=池田直俊

PICK UP

STORY

MAGAZINE

8月号 Now on sale

なぜリーダーは身体を鍛え、美を追求するのか。ゲーテ8月号「死ぬまで筋肉、死ぬまで美容」特集に答えがある!

cover8月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

8月号 Now on sale

なぜリーダーは身体を鍛え、美を追求するのか。ゲーテ8月号「死ぬまで筋肉、死ぬまで美容」特集に答えがある!

ディーン・フジオカ、香川真司、宮根誠司、ミルクボーイ駒場孝、武田信治、EXITりんたろー。、青木源太をはじめ、各界のトップランナーたちはなぜ肉体を鍛えるのか、見た目を整えるのかを徹底取材。加えて最先端のトレーニング哲学と、ボディリカバリー術を紹介する。死ぬまで役立つ筋肉と美容のすべてがわかる、GOETHE[ゲーテ]8月号完全保存版は6月24日に発売!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる