MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.10.17

JRA競走馬ゲーテ号、ほろ苦デビュー。これからの成長に期待!

競走馬の「馬名」は、誰が、どのようにして決めているのか? ディープインパクトは”強い衝撃”と直訳できるが、まさに、その活躍は世界中に衝撃を与え、後の競馬界に深く影響を及ぼしている。2020年秋。突然の出会い、会話から生まれた「ゲーテ号」の馬名申請に立ち会った編集部。そこから夢を追いかける連載「走れ!ゲーテ号」が始まり、1年の時を経て、ついに10月16日(土)デビュー。サラブレッドとしての記念すべき初お目見えの舞台は、ほろ苦い内容となった。

闘争心を見せることなく、15頭中15着惨敗

2021年10月16日12時25分の阪神競馬場。「ガシャン!」。武豊ジョッキーが手綱を握るゲーテ号は、ゲートを開いた瞬間、反応よくスタートを切り、初めてのレースを走りだしだ。

他の馬が闘争心むき出しで先行争いをうかがうなか、ゼッケン13番のゲーテ号はずるずると後退……。武豊ジョッキーが必死に手綱を動かして追いかけるも、それに応えることなく、そのまま最後尾へ。そのまま、闘う心を出すことのないまま、ゲーテ号は、涼しい顔をしたまま1800メートル先のゴール板まで駆け抜けた。

父は偉大なるディープインパクト。母のプラスヴァンドームも、2番仔がフランスG1を勝利するなど繁殖牝馬としての実績を持つ。そして、鞍上は誰もが知る武豊ジョッキー。そうした期待もあったのか、4番人気という評価を得たが、結果は15頭中15着。ほろ苦いデビュー戦となってしまった。かねてから武幸四郎調教師が「いつもヒンヒン鳴いていて、おぼこく感じている」と話していたように、競走馬としての幼さがまともな形でレースに出てしまった。

今夏を過ごした社台ファームでは、週4回は坂路に入り、2歳馬としては上位レベルとなる12秒台後半〜13秒台前半のタイムを連発。育成担当者の長浜卓也氏も「こういった記録をコンスタントに出しており、順調です。調教本数に比例して四肢の可動域が広がってきて、フォームに伸びやかさが出てきています」とその成長ぶりを評価。しかし、その一方で、同氏も「もう少し自ら出ていくような積極性が欲しいところ」と精神面の弱さを指摘していた。

長浜氏は、「坂路では、どんな強い相手と併せても遅れることはないので、脚力自体は高いレベルにあると感じています。すべてが我々の理想どおりに噛み合った時に実戦でどこまで突き抜けてくれるのか、楽しみは尽きません」と話しており、今後、競走馬としての闘争本能が芽生えさえすれば、その才能を発揮してくれる日が来る可能性は残されている。

デビュー戦は、レース中に”走って競う”という心を失ってしまったゲーテ号。レース後、競馬関係者から編集部にこんな声が届けられた。「まだ競走馬として精神面が追いついてない段階。レースを経験できたのはよかったのではないか」「ゲーテ号は、まだまだこれからの馬だと思う」。

結果は気持ちいいほどの惨敗だったが、サラブレッドとして確かな第一歩を踏んだゲーテ号。ここまで育ててくれた人々や応援してくれたファンの思いを乗せて、走れ、ゲーテ号!

TEXT=鈴木 悟(ゲーテ編集部)

PHOTOGRAPH=東京スポーツ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる