GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

AND MORE

2021.03.14

内館牧子流! 残りの人生の生き方

『 今度生まれたら』

「何かを始めるのに年齢は関係ない!」

内館牧子さんといえば、人気テレビドラマの脚本や旺盛な執筆活動に加え、女性初の横綱審議委員を務めるなど、精力的に生きる女性のお手本となるような方。ですが、主人公の夏江が発するのは「今度生まれたら、この人とは結婚しない」という、なんとも後ろ向きな言葉なのです。

エリート会社員だった男性と結婚して寿退社。専業主婦として、ふたりの息子を育て上げる。

傍から見れば不自由のない人生を送ってきた夏江ですが、70歳を迎え、「この人と結婚しなければ、別の人生があったのではないか」と呟きます。

なんだか自分の人生の責任を夫のせいにしているようで、正直、自立思考の私とは真逆の価値観を持った女性だなと思い、楽しく読めるかどうか不安にもなりました。

でも、「このまま終わりたくない」と強い危機感を持ち、己のやりたいことを貫いていく周囲の人たち(最低な選択をする人も)と触れ合いながら葛藤し、自分自身と対峙し続ける夏江の姿に、どんどんと引きこまれていきました。

人生に迷い、モヤモヤと悩んでいる人に「やりたいように勝負しろ!」と背中を押してくれる1冊です。

『今度生まれたら』
内館牧子 著
講談社¥1,600

Mayuko Saeki
ヴィエリス代表取締役。全身脱毛サロン「メンズキレイモ」等を60店舗以上展開。1600人の従業員とともに、SDGsの実現にも積極的に取り組む。移動時間はすべて読書に費やす読書家。

TEXT=佐伯真唯子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

ゲーテ9月号COVER

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が7月26日に発売。総力特集は、「エグゼクティブは椅子にこだわる! 最高の仕事を生む椅子」。表紙の本田圭佑をはじめ、各界で活躍するトップランナー20人が愛でる一脚と、そのストーリーに迫る。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる