MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2023.09.05

会員権3800万円! 噂のラグジュアリー会員制ゴルフ場「ザ セイントナイン 東京」に潜入

会員制とは、仕事場と家庭以外の“拠点”であり“サードプレイス”、そして、そこは人生を間違いなく豊かにしてくれる。いい大人たるもの持っておきたい、それが現代における最新のメンバーシップだ。今回は、「THE SAINTNINE TOKYO(ザ セイントナイン 東京)」。を紹介する。【特集 会員制という愉悦】

「THE SAINTNINE TOKYO」の外観
洒落たクラブハウスが景観になじむ。アプローチ、バンカー、パッティングの練習場も完備。

ゴルフをハブとしたラグジュアリーコミュニティ

公式HPやSNSはなく、広告も打たない。コースの情報はおろか、会員募集要項さえも明らかにされていない。2023年6月9日にオープンした完全招待制による究極の会員制ゴルフ場「ザ セイントナイン 東京」の実態は、今なお謎のベールに包まれている。

会員の募集は完全クローズド。だが、富裕層の反応は早い。450枠ある会員権のうち、先行販売された350枠は瞬く間に完売。会員には日本を代表する経営者や資産家、著名人など錚々(そうそう)たるメンバーが名を連ねており、2023年10月1日から残り枠の追加募集が行われるが、1枠になんと約3800万円もの値がついているというから驚く。

「ザ セイントナイン 東京」とは、単なる“いいゴルフ場”ではない。ここ自体が新たなゴルフカルチャーを体現しているのであり、ゴルフをハブとしたまったく新しいカタチのラグジュアリーコミュニティなのだ。

「THE SAINTNINE TOKYO」のエントランス
現代アーティスト名和晃平氏の作品が設置されたエントランス。

場所は都心からクルマで約50分。某有名ゴルフ場の27ホールの跡地に新設されたのは、300ヤードの広大な練習場と、日本でも屈指の戦略性の高さを誇る18ホール。ゴルフ場設計の雄・佐藤謙太郎氏による設計ということもあり、まるで絵画のように美しいコースがゴルファーたちを出迎えてくれる。

上空から見た「THE SAINTNINE TOKYO」
上空から見たクラブハウス。施設名にちなみ、全体が9の形にデザインされている。

クラブハウス到着後は専用アプリでチェックイン手続きをし、ロッカーを兼ねた個室へと案内される。個室はテラスやキッチンも備えられており、大人数でガーデンバーベキューを楽しんだり、シェフを呼びプライベートパーティを開いてゲストをもてなしたりと、ゴルフ以外にも多様な楽しみ方を堪能できる。

「THE SAINTNINE TOKYO」のクラブハウス
クラブハウスには個室18室を用意。広々とした空間を贅沢に使うことができる。

さらにクラブハウス内には、広々としたレストランやワインカーブ、最新のフィンランド式サウナも完備。コースを回らず練習場だけ利用し、サウナに入り食事して帰るメンバーも多いという。また、アートギャラリーとしての一面もあり、いたるところに名和晃平やKAWSといった気鋭の現代アーティストの作品が飾られていて、その場で購入も可能だ。

働くスタッフも一流ホテルや航空会社などで経験を有する者が多く、ゴルフ場でありながら、ゲストを出迎えるホスピタリティの基準も極めて高い。

プレイだけを楽しむゴルフ場は、もう古い。「ザ セイントナイン 東京」は唯一無二の会員制組織であり、ゴルフを含めたあらゆる時間を楽しめる極上の空間が用意されている。

▶︎ Become a Member
費用や会員資格の基準などは非公開。メンバーとなるには会員からの推薦および、厳しい審査を通過する必要がある。

THE SAINTNINE TOKYO/ザ セイントナイン 東京
個室は全18室(57㎡のスイートルームが16室、101㎡のパノラマスイートが1室、456㎡のペントハウスが1室)。

住・TELほか非公開

【特集 会員制という愉悦】

この記事はGOETHE2023年10月号「総力特集:会員制という愉悦」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=川岸徹

PHOTOGRAPH=太田隆生

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる