MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOLF

2022.09.10

距離感が合わない、再現性が低い人が試すべきパッティンググリップ

今回は、右足を高く跳ね上げるチェ・ホソンに学ぶ、飛距離を伸ばすテクニックについて。連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……

右手の使い過ぎを抑え、目線も矯正できるクロスハンドのパッティング

【右手の使い過ぎを抑え、目線も矯正できるクロスハンド】

プロゴルフトーナメントを見ていて、選手のパターの握り方に注目したことはあるだろうか。パターの握り方は千差万別で、オーソドックスな左手人差し指を右手の指の上に乗せて握る「逆オーバーラッピンググリップ」や、右手のグリップを指だけでつまむように握る「クローグリップ」など、パッティンググリップには多くの種類がある。プロゴルファーも手の位置や指のかけ方などパターの握り方に腐心し、日々試行錯誤している。

アマチュアゴルファーの場合、試行錯誤するといっても選択肢がなければ迷走するばかりで正解にたどりつくことは難しいと思う。

そこで、今回はパッティングに悩んでいる人たちにクロスハンドグリップを紹介したい。特に右手に力が入ってストロークが不安定になる人や、ストローク中に左手首が折れてしまってショートやオーバーが頻発して距離感を合わせるのが苦手という人にはお勧めの握り方だ。

クロスハンドグリップは簡単に言うと、左右の手の位置を逆にする「逆手グリップ」だ。右利きであれば、左手が下になってシャフト側を握り、右手がグリップエンドのある上部に位置する。今まで左手が上で右手が下になる順手グリップで構えていた人にとっては違和感があるだろう。

クロスハンドの第一の目的は、利き手である右手の使い過ぎを抑えることにある。器用な右手が使いづらくなることで、ストローク中に右手が余計な動きができなくなるので安定したパッティングができるようになる。そして、右手が使えないため、代わりの動力源として体の回転を使うことができるようになる。その結果、手先に頼らない再現性の高いストロークを行うことができるようになるのだ。

【左腕とパターを一体化】

クロスハンドグリップを行う際の注意点は、パターと左腕が一体化するように構えることだ。左腕とパターが一直線になるように、左わきを締め、左手甲を伸ばして左サイドを一体化するイメージを持って構える。その構えができたら、上半身と腕の動きを連動させるために、両わきを締めながら、胸郭を中心に体を回転させてストロークを行う。ストローク中は利き手の右手や右手首を使わないことを意識し、右手は軽く添える程度にしておくといいだろう。このようなアドレスとストロークをすることで、パターの入射角度が安定し、適切なボールの転がりになることでカップインの確率が高まり、距離感も合うようになる。

クロスハンドグリップは、右手の動きを抑えることが第一の目的だが、肩の高さを調整することでアドレスの向きを改善することが期待できる。左手を下にすることで、左肩が下がり、肩の高さを水平に保ちやすい。右手を下にする構えだと、右わき腹が縮んで体の軸が右に傾きやすく、アライメントが狂う原因になるためストロークにも問題が出やすい。一方、左手を下にすると、肩を水平に保ちやすいので右を向くミスを解消できる。更に左サイドが低くなるので、フォロースルーを低く出しやすくなり再現性の高いストロークが可能になる。

肩の高さを調整することで、目線も改善することができる。右肩が下がると頭が右に傾きやすくなるため、目線が右を向いてしまう。右を向いた状態で構えると、ストローク中に無意識にズレている向きを補正する「修正動作」を行ってしまうため、ヒッカケやプッシュなどさまざまなミスが出る。しかし、肩を水平にすることで頭の傾きが改善し、それに伴って目線も適切になることでストローク中の動きも改善することが可能になる。

パッティングイップスになった選手がクロスハンドグリップにしてからパッティングが改善するケースがあるが、右手の使い過ぎが抑制されるだけではなく、目線が補正されることでアドレスの向きが改善し、その結果パッティングストロークに好影響を与えることが考えられる。

パッティングの距離感が合わない、ストロークの再現性が低いという人はクロスハンドグリップを試してみてほしい。最初は不自然に感じるかもしれないが、慣れてくれば再現性の高いストロークができるようになるだろう。

【動画レッスン】右手の使い過ぎを抑え、目線も矯正できるクロスハンド

過去連載記事

連載【吉田洋一郎の最新ゴルフレッスン】とは……
世界No.1のゴルフコーチ、デビッド・レッドベターの愛弟子によるゴルフレッスン。多くのアマチュアゴルファーを指導する吉田洋一郎コーチが、スコアも所作も洗練させるための技術と知識を伝授する。

↑ページTOPへ戻る

TEXT=吉田洋一郎

PHOTOGRAPH=小林 司

COOPERATION=取手桜が丘ゴルフクラブ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

月刊誌「ゲーテ」2022年11月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

11月号 Now on sale

ゲーテ11月号表紙は相葉雅紀。エグゼクティブの服選び&秘められし京都の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]11月号が2022年9月24日に発売となる。今号は秋のファッションと京都の2大特集。さらに、くりぃむしちゅー有田哲平に密着し、普段は見せないビジネス脳を丸裸にする企画ほか、相葉雅紀のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる