GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

FASHION

2021.11.25

落札金額140万円!実体のない世界でひとつだけのスニーカー

過熱し続けるスニーカーブームのなか、従来の概念を覆すような画期的なビジネスが次々と生まれている。そんなスニーカービジネスの最前線に迫った。

1sec

バーチャルスニーカー、エア スモーク1。ワンセックが運営するデジタルファッションレーベル「1Block」から発売された。靴底から煙が出たり、靴の表面が七色に変化するなどデジタルならではの自由な発想で作られている。また、エア スモーク1はARアプリでリアルの世界と融合させることもできる。SNSにアップされた写真に写るスニーカーが、リアルかバーチャルか見分けがつかなくなる日も近い!?

ハイプな人を虜にするバーチャルスニーカー

今年の4月22日、実体のない世界でひとつだけのバーチャルスニーカー、エア スモーク1がオークションにかけられ、開始からわずか9分、約140万円にて落札。大きな話題を呼んだ。

エア スモーク1はブロックチェーン技術を使ったNFTと呼ばれるデジタルデータとしてのみ存在し、リアルの世界では履くことのできないスニーカーだ。これを手がけたのが、東京とロサンゼルスにオフィスを構えるテック企業、ワンセック。代表を務める宮地洋州(ひろくに)氏は、バーチャルだからこそできる表現にこだわったと話す。実際、このスニーカーは表面が虹色に変化し、ソールからは煙が出るなど、デジタルならではの仕かけが施されている。

北米では現在、流行の先端をいくハイプな若者たちを中心にバーチャルスニーカーへの注目度が高まってきているという。

1sec

ワンセック代表の宮地洋州氏は、200足以上を所有する大のスニーカー好き。エア スモーク1は自分が欲しいスニーカーを具現化した。

「彼らは、フィジカルなものは劣化するけれどもデジタルデータは劣化しないので価値が高いと、考えるようになってきています。また、『FORTNITE』などのゲームの世界では、自分のアバターにリッチな服を着せて楽しむことはもはや普通。バーチャルスニーカーもゲーム内での重要なファッションアイテムとして認識されているんです」

バーチャルスニーカーの楽しみ方は人それぞれ。観賞することで満足感を味わうもよし、ゲームのアバターに着せるもよし。ARアプリを使って自分が履いているような写真を撮り、SNS上にアップすることもできる。もちろん、投機目的で購入する人も出てくるだろう。

バーチャルスニーカー市場はまだ始まったばかり。デジタルネイチャー世代の台頭により、スニーカーの新しい世界が幕を開けたのだ。

※ワンセックについて詳しくはこちら

TEXT=石川博也

PHOTOGRAPH=中庭愉生

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゴルフをもっと探究すべきだ!ゲーテ1月号は完全保存版のゴルフライフ特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が11月25日に発売となる。エグゼクティブが知っておくべきゴルフ場やギアなど、ゴルフライフが一層楽しくなる大特集。そのほか、最新ゴルフウェアを大胆に纏った鷲見玲奈のグラビアや、秘蔵の腕時計特集も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる