MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ENTERTAINMENT

2023.01.14

ソウルミュージックをロックに歌い上げる! ブルース・スプリングスティーンの新作アルバム

今、チェックしておきたい音楽をゲーテが紹介。今回は、ブルース・スプリングスティーンの『オンリー・ザ・ストロング・サヴァイヴ』。

ブルース・スプリングスティーン

「ただ歌うだけのアルバムを作りたかった」

スプリングスティーンの思いによりレコーディングされた本アルバム。コモドアーズ、テンプテーションズ、アレサ・フランクリン、シュープリームスなど、1960〜70年代のスウィートソウルミュージックを中心にカバーしている。コロナ禍のロックダウンのなか自宅スタジオにこもり、好きなナンバーを歌いまくったことから生まれたそうだ。

小気味よいギターのカッティング、華やかなホーンセクション、ゴスペルのクワイアのようなコーラス……。ところがこのアルバム、それほど“黒っぽさ”を感じない。スプリングスティーンがどんなにソウルミュージックやレジェンドたちをリスペクトしても、この人が歌う限りロックに聴こえてしまう。プロデューサーのロン・アニエッロは、ソウルフルにオケを仕上げる。黒く、黒くサウンドを作ろうとして、最後の歌入れでがらりとロックに塗り替えられる。

ただし、そこがこの『オンリー・ザ・ストロング・サヴァイヴ』の最大の魅力のひとつではないか。何を歌ってもロックにしてしまうスプリングスティーンだからこそのパワー、暑苦しいほど熱量の高い歌いまわしを体験することができる。

ブルース・スプリングスティーンの『オンリー・ザ・ストロング・サヴァイヴ』

ソニー・ミュージック ¥2,400。テンプテーションズの「雨に願いを」、シュープリームスの「またいつの日にか」などソウルの名曲をカバー。15曲収録。サム・ムーアをはじめゲストも豪華。

Kazunori Kodate
音楽ライター。『新書で入門 ジャズの鉄板50枚+α』『音楽ライターが、書けなかった話』(ともに新潮新書)、『25人の偉大なジャズメンが語る名言・名盤・名演奏』(幻冬舎新書)など著書多数。

TEXT=神舘和典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる