MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2024.05.10

NAVIGOETHE マセラティ、最新ラグジュアリーSUV「グレカーレ」の魅力

日本でも扱いやすいサイズ感と、クーペを思わせるエレガントなデザイン、そして手触りや発色のいいレザーを用いたシックなインテリア。ラグジュアリーSUVのなかでも、マセラティ「グレカーレ」はユニークな存在だ。しかもハンドルを握れば、心が浮き立つようなドライブフィールを味わわせてくれる。連載「NAVIGOETHE」とは……

マセラティ「グレカーレ」

ウィットに富んだクルマ

クルマの面白いところは、便利な道具として進化したのではない点にある。20世紀初頭、生まれたばかりのクルマは、貴族や富裕層の遊び道具として、「より速く、より遠くへ」という性能が磨かれた。だから今も、マセラティの2本柱はスポーツカーとGT(グランドツアラー)なのだ。

「グレカーレ」のハンドルを握ると、黎明期のクルマの伝統を継承していることを強く感じる。同社のSUV第1弾だった「レヴァンテ」が、はるか彼方を目指すGT的な使い方が似合ったのに対し、グレカーレはスポーツカー的なキャラが色濃い。アクセルやハンドルを操作すると、打てば響くように、小気味よくレスポンスしてくれるのだ。

レスポンスがいいだけではない。例えばアクセルを踏むと俊敏に加速するのはもちろん、高まる音や伸びやかなエンジンのフィーリングなどで、心を震わせてくれる。「もうちょっと回すと、天国へ連れて行くよ」と誘ってくる。

ハンドル操作に対する反応もしかり。テクノロジーの進化によって、思ったとおりのラインをトレースしてくれるだけでなく、「今、タイヤがテンパっているから、これ以上ハンドルを切らないでね」というようなメッセージも送ってくれるのだ。

運転とは、クルマとの対話だとされる。マセラティ グレカーレは実に饒舌で、ドライバーの語りかけに対して、ウィットに富んだ切り返しをしてくれる。だから、楽しい会話になる。

なぜ、こんなクルマがつくれるのか。ひとつは、やんごとなき人々を楽しませてきたノウハウがあるだろう。もうひとつ、栄枯盛衰を味わってきたことも、クルマに深みを与えている。

F1王者にまで輝いた戦前から戦後にかけての栄光。理想主義的に開発とレースにお金を注ぎこんで財政難に陥った1960年代からの苦難。そして21世紀に入ってからの鮮やかな復活と躍進。酸いも甘いも噛み分けているから、ウィットに富んだ会話ができるのだ。

MASERATI GRECALE

走るマセラティ「グレカーレ」
SPEC(仕様は「グレカーレ GT」)
エンジン:直列4気筒 eBooster+48V BSGマイルドハイブリッド+モノスクロール・ターボチャージャー
ボディサイズ:全長4845×全幅1950×全高1670mm
排気量:1995cc
最大出力:220kW(300ps)/5750rpm
最大トルク:450Nm/2000rpm
価格:¥9,970,000~(税込)

問い合わせ
マセラティ コールセンター TEL:0120-965-120

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
NAVIGOETHE

魂を刺激する、見て・乗って・操る楽しさのあるクルマ。所有欲をくすぐるステータスシンボルから、クルマと対話できる生粋のスポーツカー、ヘリテイジのある一台まで、連載NAVIGOETHEでは、大人の我儘をかなえる、心躍るクルマを紹介する!

TEXT=サトータケシ

PHOTOGRAPH=安井宏光

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる