MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2022.04.21

旅に出る最高の相棒! 「マセラティ」「キャデラック」「ジャガー」──連載「NAVIGOETHE」

春爛漫の季節を思う存分満喫する方法としてドライブは最適だ。そんなドライブをともにしたいクルマを本誌連載「NAVIGOETHE」より紹介する。※GOETHE2021年12月号、2022年2月号、4月号掲載記事を再編

ボローニャの“軌跡”が紡ぐハイブリッド第1弾

Maserati Ghibli Hybrid GranSport

モデル名に「ハイブリッド」を冠するけれど、このクルマは単なるエコカーではない。システム全体で330psの最高出力を発揮、最高速度は255km/hに達し、高性能車の指標である0→100km/h加速は5.7秒で駆け抜ける。前後重量配分を限りなく50:50に近づけることで、ワインディングロードでは俊敏で安定した身のこなしを見せる。安全・運転支援装置も最先端のものだ。Maserati Ghibli Hybrid GranSport。¥9,560,000~[税込]

マセラティ初のハイブリッド車、ギブリ ハイブリッドに乗る興奮は、ただ速くて格好のいい高級車に乗ることだけではない。このクルマに乗ることは、“マセラティ物語”の登場人物のひとりになるということ。実際、マセラティオーナーの人生は、波瀾万丈、紆余曲折、「降る日もあれば照る日もあるさ」という、このブランドのヘリテージやイタリアの文化と親和性の高い風流な方が多い。

起業家やエグゼクティブの多くは、これまでのマセラティ物語を知れば、まるで自分自身の人生であるかのように感情移入するのではないかと想像する。もしイタリアの国営放送に大河ドラマがあったらマセラティを題材にするはずだ。タイトルは『ボローニャの軌跡』でどうだろうか。ちょっとダサいか……。

ドラマの最初の山場は第二次大戦直前だ。マセラティ家の3兄弟が始めた家族経営のレーシングチームは、イタリアの国威発揚のために国家がサポートするドイツ勢と戦う。このあたりは、『下町ロケット』的な展開だ。

続きはこちら

ラグジュアリーの頂点を極めるキャデラック エスカレード

CADILLAC ESCALADE

従来モデルよりもさらに押しだしの増した体躯。ボディサイズは2065mmの全幅はそのままに、全長で205mm、全高20mm、ホイールベースでは180mm拡大された。心臓部には余裕を感じさせる6.2ℓの大排気量V8エンジンを搭載。大トルクをしっかりと受け止めるエアサスにより、荒れた路面を走る時の衝撃を上手にいなす懐の深さが最大の売りだ。CADILLAC ESCALADE。¥15,500,000~

クルマについてよく使う表現に、「このクルマは長距離を乗っても疲れない」というものがある。けれども、キャデラックの新型エスカレードは違う。長距離でも長時間でも、乗れば乗るほど身も心も癒やされるのだ。言ってみれば、“走る温泉”だ。いや、キャデラックのフラッグシップということは、アメリカの最高級車だから、“走るジャグジー”のほうがふさわしいかもしれない。いずれにせよ、左ハンドルを握ってクルマを走らせていると、日々の雑事を忘れ、心が潤(うるお)うように感じる。

“心が潤う要因”その1は、インテリアの設(しつら)えのよさだ。今も昔もキャデラックのポリシーは、本物の素材しか使わないということ。天然の木材と繊細な手触りのセミアニリンレザーを組み合わせたエスカレードの内装に囲まれていると、満ち足りた気分になる。

面白いのはレザーやウッドが、最新のインターフェイスと融合していること。中央のメーターパネルの両脇にはタッチスクリーンが配置され、運転支援装置やスマホとの連携、夜間に歩行者を発見するナイトビジョンなど、先進的な機能を直感で操作できる。例えばPCのキーボードを打ちながらタブレットでLINEの返事をするような、イマっぽい構成だ。

続きはこちら

偉大なEタイプの血脈を継ぐ、ジャガー最後のガソリンスポーツカー「JAGUAR F-TYPE R COUPÉ」

JAGUAR F-TYPE R COUPÉ

2020年のマイナーチェンジのタイミングで“お色直し”を敢行。ヘッドランプが現代風のスリムなLEDランプに変更になったほか、フロントグリルがブラックのメッシュ仕上げに変更。テールランプも円形状だったものが直線基調となり、全体に精悍でシュッとした印象になった。JAGUAR F-TYPE R COUPÉ ¥16,190,000~(ジャガーコール TEL:0120-050-689)

英国紳士とはどんな人か? 優雅な身のこなしの穏かな人物を想像しがちだけれど、ジェントリーの祖先の多くは中世の騎士だったという。つまり相手に一杯食わせて溜飲を下げるファイターの末裔が英国紳士で、日本だったら公家よりも武士に近いイメージ。そして、決闘はよくありません、節度をわきまえて闘いましょうという時代になり、ケンブリッジやオックスフォードの学生とOBが中心となって、ラグビーやボクシング、ボートなどのスポーツを今の形に整えたのだった。

だから紳士はスポーツ! スポーツは紳士の嗜みと言われる。仕事を激しくこなすビジネスパーソンほどトライアスロンとか柔術とかキックボクシングとか、自分を追いこんで闘っている人は多い。

クルマも同じだ。平日はショーファーカーの後ろの席でTeamsの会議に耳を傾けていても、ガレージにはギラリと光るナイフのようなスポーツカーが鎮座している。とりわけ、このジャガーFタイプRクーペみたいなクルマだったら最高である。

続きはこちら

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

2022年ゲーテ9月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号はハワイ特集。最強のハワイガイドが完成!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が2022年7月25日に発売。総力特集は「涙するハワイ」。誰しもの心の故郷ともいえるハワイをどこよりも早く、アップデートしたハワイ情報を一挙に紹介する。そのほか、二宮和也のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる