GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2021.11.30

ボローニャの“軌跡”が紡ぐハイブリッド第1弾

1914年創業の名門、マセラティが初めて送りだすハイブリッドモデル車、それがギブリ ハイブリッド。自動車の黎明期から名声をほしいままにしてきたこのブランドは、スーパースポーツのMC20やギブリ ハイブリッドをきっかけに、電動化の時代も先頭で駆け抜ける意気込みなのだ。連載【NAVIGOETHE】Vol.62

Maserati Ghibli Hybrid GranSport

モデル名に「ハイブリッド」を冠するけれど、このクルマは単なるエコカーではない。システム全体で330psの最高出力を発揮、最高速度は255km/hに達し、高性能車の指標である0→100km/h加速は5.7秒で駆け抜ける。前後重量配分を限りなく50:50に近づけることで、ワインディングロードでは俊敏で安定した身のこなしを見せる。安全・運転支援装置も最先端のものだ。Maserati Ghibli Hybrid GranSport。¥9,560,000~[税込]

電動化時代への過渡期でも“らしさ”を忘れないマセラティ

マセラティ初のハイブリッド車、ギブリ ハイブリッドに乗る興奮は、ただ速くて格好のいい高級車に乗ることだけではない。このクルマに乗ることは、“マセラティ物語”の登場人物のひとりになるということ。実際、マセラティオーナーの人生は、波瀾万丈、紆余曲折、「降る日もあれば照る日もあるさ」という、このブランドのヘリテージやイタリアの文化と親和性の高い風流な方が多い。

起業家やエグゼクティブの多くは、これまでのマセラティ物語を知れば、まるで自分自身の人生であるかのように感情移入するのではないかと想像する。もしイタリアの国営放送に大河ドラマがあったらマセラティを題材にするはずだ。タイトルは『ボローニャの軌跡』でどうだろうか。ちょっとダサいか……。

2ℓ直列4気筒ターボ

2ℓ直列4気筒ターボを軸とした48Vのハイブリッドシステム。eブースターと呼ばれる電動スーパーチャージャーも備わる。

ドラマの最初の山場は第二次大戦直前だ。マセラティ家の3兄弟が始めた家族経営のレーシングチームは、イタリアの国威発揚のために国家がサポートするドイツ勢と戦う。このあたりは、『下町ロケット』的な展開だ。

クライマックスは、大戦後の1950年代。アルゼンチン人の名レーサー、ファン・マヌエル・ファンジオを擁して、F1を制するのだ。ファンファーレが鳴り響き、紙吹雪が舞い散る。

2種類のインテリア・トリム・オプション

ギブリには、ラグジュアリーな「グランルッソ」とスポーティな「グランスポーツ」という、2種類のインテリア・トリム・オプションが用意される。撮影車両は後者。

ただし、ここでハッピーエンドとならないのがマセラティというブランドの奥深い所だ。技術開発とレースには糸目をつけずに金を突っこむ体質で、ついやりすぎてしまうのだ。だから浮き沈みがある。

無数の勝利、名車の数々といった栄華を誇りながら沈んで行った’70年代のマセラティは、『華麗なるギャツビー』のような儚い美しさがあった。そして21世紀に入ると、マセラティはかつての輝きを完全に取り戻す。いつの時代もマセラティの神髄は、モータースポーツへの情熱、命を懸けた極限の戦いから生まれる先進技術、そしてこの技術力を活かして限られた顧客にエクスクルーシブなモデルを届けることだ。

メーターパネル

メーターパネルには、電池残量などシステム全体の作動状況が表示される。

21世紀のマセラティは、このパッション、テクノロジー、ラグジュアリーの3本柱がきっちりと噛み合っている。ギブリ ハイブリッドはこうした流れの最新版。実際にハンドルを握れば、レースの血統を引くキレキレのパフォーマンスと、プレタポルテの伝統を引き継ぐ仕立てのよさに、うっとりとする。加えて、ハイブリッドで次の時代を切り拓こうという意志も感じられる。

つまりマセラティ ギブリ ハイブリッドは、“アガリ”のプレミアムカーではない。これまで栄枯盛衰を経験してきたけれど、まだまだこの物語をつないでいこう、広げていこうという健全な野心を持つ人のための高級車なのだ。

名車へのオマージュ

ギブリは2021年モデルよりテールランプのデザインが変更された。カーデザイナーのジョルジェット・ジウジアーロが手がけた名車マセラティ3200GTのテールランプ“ブーメランシェイプ”と呼ばれる意匠がモチーフとなっている。ハイブリッドのエンブレムはなく、代わりにCピラーのエンブレムに青い挿し色をあしらう。

2020年、マセラティはMC20というスーパースポーツを発表した。このクルマは、レースで戦うことこそ自分たちの根っこであるという、原点回帰を意味するモデルだ。同時に、EV化も見据えたMC20は、電動化の時代もトップで駆け抜けるぜ、という意思表明でもある。

クルマの背後にあるドラマやストーリーまで理解して愛でる人。成功しても現状に甘んじずにチャレンジを続ける人。そんな方に、ギブリ ハイブリッドはフィットするのだ。

 

ギブリ ハイブリッド グランスポーツ

マセラティ
ギブリ ハイブリッド グランスポーツ
ボディサイズ:全長 4971×全幅1945×全高1461mm
ホイールベース:2998mm
エンジン:直列4気筒48V BSGマイルドハイブリッド+ターボ
排気量:1998cc
最高出力:330ps/5750rpm
最大トルク:450Nm/4000rpm
駆動方式:FR
変速機:8AT
乗車定員:5名
車両価格:¥9,560,000~

 

問い合わせ
マセラティ コールセンター TEL:0120-965-120

TEXT=サトータケシ

PHOTOGRAPH=デレック槇島(StudioMAKISHIMA)

PICK UP

STORY

MAGAZINE

2月号 Now on sale

エグゼクティブの寵愛する場所、特別な人! ゲーテ2月号の表紙はウルフルズ30周年を迎えたトータス松本

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

2月号 Now on sale

エグゼクティブの寵愛する場所、特別な人! ゲーテ2月号の表紙はウルフルズ30周年を迎えたトータス松本

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]2月号が12月24日に発売! 総力特集は、経営者の寵愛する場所・特別な人。その他、データ活用で己を知れる、最先端の測定器カタログや、30周年を迎える、ウルフルズ・トータス松本のソウルフルインタビューもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる