MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2023.11.19

レクサスの最高級ミニバン「LM」が、エグゼクティブに最適な理由

新たな選択肢としてレクサスが提案するフラッグシップモデル“ラグジュアリー・ムーバー”こと「LM」。先代は中国を中心としたアジア諸国向けのモデルだったが、新型は日本へも導入される。前席とはパーテーションで完全に仕切られた広大な空間に置かれたシートで、身体を休めるか仕事をこなすかは自分しだいだ。連載「NAVIGOETHE」とは……

レクサス LM
巨大なスピンドル形状のフロントグリルによって、ひと目でレクサスとわかる。

まさに“陸のファーストクラス”なクルマ

自分でステアリングを握らないエグゼクティブにとって、クルマがスポーティかどうか、ハイパワーかどうかは重要ではない。重要なのは快適かどうかに尽きる。ある地点から別の地点まで、どれだけ快適に過ごせて仕事がはかどるか、である。航空機のファーストクラスやビジネスクラス、新幹線のグランクラスやグリーン車はまさにそのためにある。

かつてエグゼクティブが乗るクルマはセダンと相場が決まっていた。そうでないと快適な乗り心地を実現できなかったからだ。だがシャシー性能が飛躍的に進化し、背の高いミニバンやSUVでも上質な乗り心地を実現できるようになった。今や高い位置に座っていても、カーブでぐらりと身体が揺さぶられるようなことはない。

ならば広い空間を確保できるミニバンやSUVのほうが、快適な環境を整えやすいのは明らか。トヨタ「センチュリー」がSUV化する時代だ。高級車=セダンの時代は完全に過去のものとなった。

レクサス「LM」もそういう背景から生まれた。これまでホイールベースを延長したリムジンにのみ設定されてきた前席と後席の間のパーテーションが設定され、その上部に調光機能つきの開閉可能なウィンドウ、中部に48インチモニター、下部にストレージがレイアウトされる。

通常のミニバンの2列目と3列目の中間あたりに左右独立の大型レザーシートが置かれ、フルフラットに近い状態までリクライニングが可能。従来の高級車が走行中の快適性を最優先してきたのに対し、LMは走行中と同様に停車中の快適性も重視する。LMはクルマを移動のツールから、移動に加え、仕事をしたり寛いだりするための空間へと昇華したのだ。

無事に仕事を終えたらワインバーへ直行……の必要はない。後席足元にはワインボトルが楽々入る冷蔵庫がある。仕事をまとめたその場で乾杯できる、万能な存在なのだ。

LEXUS LM500h

レクサス LMの後ろ姿
<SPEC(プロトタイプ値)>
ボディサイズ:全長5125×全幅1890×全高1955㎜
エンジン:2.4ℓ直列4気筒ターボハイブリッドシステム(第1弾日本導入予定仕様)
燃料:ガソリン
価格:未定

問い合わせ
レクサスインフォメーションデスク TEL:0800-500-5577

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
NAVIGOETHE

魂を刺激する、見て・乗って・操る楽しさのあるクルマ。所有欲をくすぐるステータスシンボルから、クルマと対話できる生粋のスポーツカー、ヘリテイジのある一台まで、連載NAVIGOETHEでは、大人の我儘をかなえる、心躍るクルマを紹介する!

TEXT=塩見智

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

バックナンバー一覧

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

バックナンバー一覧

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる