MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

CAR

2023.05.16

フェラーリ初の4ドア4シーター「プロサングエ」<試乗>

フェラーリ初の4ドア4シーター「プロサングエ」の国際試乗会がイタリアで開催され、本誌前編集長の二本柳陵介が参加した。以下、二本柳がリポートする。連載「NAVIGOETHE」とは……

走るフェラーリ「プロサングエ」

PTUと名づけられた独自の4WDシステムや高い地上高、モーターで駆動する世界初のフェラーリ・アクティブ・サスペンションなどにより、積雪路でもフェラーリならではのパフォーマンスを発揮する。

ベストセラーの条件を備えた、最新の4ドアフェラーリに驚嘆

今回、試乗の舞台となったのは、イタリア北東部の世界的なウィンターリゾートとして名高いドロミーティ。3000メートル級の山々が連なり、絶景のワインディングロードが続く、フェラーリをドライブするには絶好の場所だ。

拠点となるリゾートホテルで対面したプロサングエは、特にフロントのデザインが印象的だった。品格が漂う一方で、王者感というか、人を惹きつける存在感があって、フェラーリのDNAを引き継いでいると感じたのだ。

走り始めてまず印象的だったのは、快適性の高さ。街中を流している状況では、ミッドフロントのV12エンジンを忘れるほど静かで、道路も荒れていたのだが、乗り心地もよく、高級サルーンのように快適なのだ。

フェラーリ「プロサングエ」の観音開きのボディ

プロサングエの特徴のひとつが、後部ドアがフロントと逆方向に電動で開閉する、いわゆる観音開きのボディ。ラウンジのような空間を目指したというインテリアにはリサイクルポリエステルを68%用いたアルカンターラを世界初採用。リアシートは個別にリクライニング可能で、後席でも快適な姿勢で過ごせる。

多面性を備えたフェラーリ初のオールラウンドスーパーカー!

プロサングエにはドイツのハイエンドオーディオ、ブルメスターの3Dサラウンド・サウンドシステムが備わるが、これにもいい意味で予想を裏切られた。

フェラーリはエンジン音を楽しむクルマだからオーディオには正直期待していなかったのだが、素晴らしい音質なのだ。低音が心地よく、奥行きの深いサウンドで、ボーカル曲では、シンガーの息づかいまで感じられる。4ドア車だから、ドライバー以外の人も心地よく過ごせる車内に仕上げられているのだろう。

試乗の舞台が市街地からアウトストラーダ、そして山岳路へ移る頃には、プロサングエでのドライブにも慣れ、少しずつペースを上げていった。0-100㎞/h加速が3.3秒、最高速度が310㎞/hと、途方もないパフォーマンスを誇る同車だが、アクセルペダルを深めに踏みこんでも加速がなめらかで、V12の甲高いサウンドも心地いいボリューム感なのが印象的だ。

「SPORT」「COMFORT」「WET」などのドライブモードをセレクトすることで、新開発のフェラーリ・アクティブ・サスペンションをはじめ、さまざまなセッティングを最適化するマネッティーノにも驚いた。ステアリングの赤いスイッチを切り替えると、俊敏なスポーツカーにも快適なサルーンにもガラリと性格が変わる。さまざまなタイプのクルマに1台で接することができるようで、そんな多面性に感嘆させられたのだ。

編集者として、これまで数々の書籍も担当してきた私だが、ベストセラーを出すためには、個性的かつ唯一無二であること、著者自身に他者と違うストーリーがあること、そして、世界観やデザインを含めて清潔感があることの3つが大事だと思っている。当然フェラーリにもそれが当てはまるわけだが、その意味で今回の4ドア4シーターも紛れもなく“跳ね馬”の一員であり、多くの支持と憧れを集めるのだと確信した。

Ferrari×SUV

フェラーリ「プロサングエ」のハンドル

SF90や296GTBなどと同様にインストルメントクラスターは完全にデジタル化され、高い視認性を誇る。

フェラーリ「プロサングエ」の車内

後ヒンジ式のウェルカムドアを開くと、大人2人がしっかり座れる十分な後部座席が広がる。

フェラーリ「プロサングエ」のエンジン

伝統の赤いヘッドカバーが印象的なV12エンジンをミッドフロントに搭載し、理想的な前後重量配分を実現。

フェラーリ「プロサングエ」の後ろ姿

フェラーリとしては大きいサイズながら、無駄をそぎ落とした造型により流麗なクーペボディを表現した。

FERRARI PUROSANGUE
フェラーリ史上初となる4ドア4シーターモデル。イタリア語で純血種(=サラブレッド)を意味する車名のとおり、伝統のV12エンジンをミッドフロントに搭載するなどフェラーリのDNAを受け継ぐ。いわゆる観音開きの4ドアに大人4人が快適に過ごせる室内、そして従来モデルより高い地上高が最大の特徴。

<SPEC>
ボディサイズ:全長4,973×全幅2,028×全高1,589mm
ホイールベース:3,018mm
車重:2,033㎏
駆動方式:4WD
最高出力:725cv/7,750rpm
最大トルク:716Nm/6,250rpm
価格:¥47,600,000~

問い合わせ
フェラーリ・ジャパン www.ferrari.com/ja-JP

■連載「NAVIGOETHE」とは……
魂を刺激する、見て・乗って・操る楽しさのあるクルマ。所有欲をくすぐるステータスシンボルから、クルマと対話できる生粋のスポーツカー、ヘリテイジのある一台まで、連載NAVIGOETHEでは、大人の我儘をかなえる、心躍るクルマを紹介する!

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
NAVIGOETHE

魂を刺激する、見て・乗って・操る楽しさのあるクルマ。所有欲をくすぐるステータスシンボルから、クルマと対話できる生粋のスポーツカー、ヘリテイジのある一台まで、連載NAVIGOETHEでは、大人の我儘をかなえる、心躍るクルマを紹介する!

COMPOSITION=山口幸一

PHOTOGRAPH=Ferrari S.p.A.

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる