MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

ART

2023.02.28

日本初! 気鋭のアーティスト、マベル ポブレットの個展「WHERE OCEANS MEET」が開催

シャネル・ネクサス・ホールにて、2023年3月1日(水)〜4月2日(日)の期間限定で新進気鋭のキューバ人アーティスト、マベル ポブレットによる国内初の個展「WHERE OCEANS MEET」が開催される。同展は、2023年4月15日からスタートする「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2023」に巡回予定だ。

マベル・ポブレットの個展「WHERE OCEANS MEET」

《WANDERING》(左)と《PRAYERS 3》(右)
<My Autumn>シリーズの作品。このシリーズは無数のピラミッド型の折り紙で構成されている。

日本初の個展のテーマは“水”と“海”

芸術を愛し、支援したガブリエル シャネルの精神を受け継ぎ、若手音楽家によるコンサートや展覧会など、シャネルならではのユニークな企画を開催してきた東京・銀座にあるシャネル・ネクサス・ホール。

そのシャネル・ネクサス・ホールにて2023年3月1日から新進気鋭のキューバ人アーティスト、マベル ポブレットによる個展「WHERE OCEANS MEET」が開催される。

マベル ポブレットは、2017年第57回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展で展示された《SCALE OF VALUES》が注目を集め、キューバの現代アートシーンで活躍する若手アーティストの一人だ。写真、ミクストメディア、ビデオアート、キネティックアート、パフォーマンスアートなど、多彩な技法・手段を用いて創作。フィデル カストロ政権下のキューバで育った若い女性としてのアイデンティティや体験を作品で表現している。

そんなマベル ポブレットによる日本初の個展「WHERE OCEANS MEET」のテーマは、マベル ポブレット本人が心に抱き続けてきた“水”と“海”。多種多様な手法で表現し、キューバと日本の共通点でもある島国ならではの文化的独自性を示している。私たちを隔てると同時に、結びつけ、より親密にしてくれる要素でもある海。時には救い、時には災いをもたらす存在でもある。また、その海を渡り国境を越える移民は現代のキューバ社会において身近な現象だ。そういった海の本質的な役割について、マベル ポブレットは良し悪しを判断することなく観察し、作品をとおして語り、問いかけている。

シャネル・ネクサス・ホールの展覧会では、<My Autumn><Homeland><Travel Diary>のシリーズから本展のために新たに制作された作品に加え、ビデオインスタレーション《SUBLIMATION》(<Buoyancy>シリーズ)を紹介。

37歳にしてすでに世界の主要な芸術祭に参加し、各国で開催した個展は20以上を数え、また150以上のグループ展に出品してきたマベル ポブレット。世界から注目されるマベル ポブレットの世界観をこの機会に体感したい。

マベル・ポブレットの個展「WHERE OCEANS MEET」

《NON-DUALITY》
移民をテーマにした<Homeland>シリーズの作品。海の多義性を反映しており、青いキャンバスにピン留めされた何百もの小さな花は、海に捧げる無数の供物のようであり、航海半ばで命を落とした者たちを追悼する花輪のようでもある。

マベル・ポブレットの個展「WHERE OCEANS MEET」

《ISLAS》
<Homeland>シリーズのインスタレーション作品。鏡と写真の断片をつなげて吊るされた糸の中を歩くことで心癒される没入体験の場として制作されている。

マベル・ポブレットの個展「WHERE OCEANS MEET」

《CITY MAZE》
旅をテーマにした<Travel Diary>シリーズの作品。このシリーズはアーティスト自身の旅の写真を用いて制作されたサイズの異なる7つの円形作品で構成される。

マベル・ポブレット

マベル ポブレット/Mabel Poblet ©Eduardo Rodriguez
現代アーティスト。1986年キューバ・シエンフエゴス生まれ。キューバの現代アートシーンにおける新星の一人として高く評価される彼女は、ミクストメディアおよび、写真やビデオ、キネティックアート、パフォーマンス、パブリックアートなど、多彩な技法・手段を用いて創作。フィデル カストロ政権下のキューバで育った若い女性としてのアイデンティティや体験を作品で表現している。37歳にしてすでに世界の主要な芸術祭に参加、各国で開催した個展は20以上を数え、また150以上のグループ展に出品。2017年には、第57回ヴェネチア・ビエンナーレのキューバ館でインスタレーション作品《Scale of Values》(<Homeland>シリーズ)を展示し、世界からの注目を集める。彼女の作品は、タンパ美術館やフォンタナルス=シスネロス美術財団(CIFO)、ラテンアメリカ美術館(MOLA)、およびクライスラー美術館等に収蔵されているほか、最近ではパブリックアート作品《Genesis》が米国ノースカロライナ州のスティーブンタンガー舞台芸術センターに落成した。

■「WHERE OCEANS MEET」マベル ポブレット展
会期:2023年3月1日(水)〜4月2日(日)※会期中無休・入場無料・予約不要
開館時間:11:00〜19:00(最終入場18:30)
会場:シャネル・ネクサス・ホール(東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F)
主催:シャネル合同会社
※本展は「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2023」に巡回予定。

問い合わせ
シャネル・ネクサス・ホール事務局 TEL:03-6386-3071

TEXT=ゲーテ編集部

PHOTOGRAPH=Alejandro Gonzales

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

4月号 Now on sale

【ゲーテ4月号】特集は価値観を覆す過激なエクストリーム旅。表紙にはプロスケーター・高橋大輔が登場

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ4月号』が2月24日に発売となる。簡単には経験できない、人生を変える過激な旅を総力取材。さらに旅のエキスパートたちの相棒アイテムも紹介。プロスケーター高橋大輔の貴重な撮り下ろしカットを多数掲載収録。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる