MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2024.03.21

必食の人気夜市「饒河街夜市」――台北24時間食いだおれ旅④

充実した人生を送るには、時にはノリと勢いも必要。財布とパスポートと旺盛な食欲(と屈強な胃袋)だけ持っていざ、ディープ感満載の美食のアジア弾丸ツアーへ。今回は台北往復24時間食いだおれ旅ラスト、4エリア目の「饒河街夜市(ラオハージェイェスー)」を紹介。【特集 エクストリーム旅】

饒河街夜市
“台北最大”の士林の次に大きい夜市。

一度食べたらハマる胡椒餅を求めて

そしてラストは南機場夜市から10kmほど離れた饒河街観光夜市へ。生活雑貨や衣料品店、ゲームセンターまで密集する大人気の夜市だ。

道が大渋滞していたため、到着したのは22時近かったが、ゲート近くの「福州世祖胡椒餅(フージョースーズーフージャオピン)」は長蛇の列。オレンジ色の揃いのユニフォームを着たスタッフがみな忙しそうに、胡椒餅の皮を練ったり、餡を包んだり、銅鍋に貼りつけて焼いたりしている。

胡椒餅といえば、基隆(台北からクルマで30〜40分)の夜市で食べたのが夢に出てくる美味しさだったのを思いだす。ミシュランも推す、こちらの味はいかに!? 手渡された熱々の胡椒餅を頬張ると、パリパリと香ばしい生地の中から肉の旨みと胡椒の香りがじゅわーっと溢れだす。

なぜか脳内に、もしもし君たち帰りなさいとペッパー警部。そうしたいのは山々だが、最後はこの夜市でもっとも有名な「陳董薬燉排骨(チェンドンヤオドゥンパイグー)」へ。

台湾産のスペアリブをかじりながら「ミシュラン店はないですけれど、ウォン・カーウァイの映画に出てくる遼寧街夜市もなかなかローカルな雰囲気でいいですよ」と案内人。いやいや、それは次回の楽しみに。

食べに食べた台北の夜市、謝謝(シェイシェイ)! そして再見(ツァイチェン)!!

【番外編】台湾みやげはコレ!

寧夏夜市からも徒歩圏内。メイド・イン・台湾の雑貨やフードを扱う「神農生活」でおみやげを。

台湾土産
左:汁なし麺290元 右:馬告180元(ともに神農生活/住所:台北市中山區南京西路14號4棲)

【4エリア目】21:50|饒河街夜市

住所:台北市松山區饒河街
営業時間・定休日:17:00~24:00頃(店によって異なる)

旅人・小寺慶子
肉と酒を糧に生きる肉食系ライター。強靭な胃袋とフットワークの軽さを武器に国内外を食べ歩く。旅先では「郷に入れば郷に従う」のがモットー。

【特集 エクストリーム旅】

この記事はGOETHE 2024年4月号「総力特集:エクストリーム旅」に掲載。▶︎▶︎購入はこちら

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=榊原有一 COORDINATION=榊原有一

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる