MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2023.08.09

岸博幸「お得で“世界最高水準の食”は地方にあり」鉄板お取り寄せ3選

「美味しいものは地方にあり」。仕事で地方に行く機会も多い岸博幸氏イチオシのお取り寄せ品とは⁉【特集 最上級のお取り寄せ】

岸博幸の鉄板お取り寄せ3選

自分のペースで注文できるかどうかも重視

「日本の食文化は世界最高水準。都心の名店と呼ばれるところだけでなく、地方にもおいしいものがたくさんあります。というか、コスパを考えたら地方の方が上。お取り寄せは、それを実感できる絶好の機会ですね。コロナ禍でお取り寄せを始める店が増えたので、以前より頻繁に利用していますよ」と、大学院教授のほか、一般企業や自治体、総合格闘技団体の役員を務め、テレビや雑誌でも活躍する岸博幸氏。

お取り寄せにおける岸氏の信条は、「情報はネットの口コミに頼らず、信頼できる友人知人から」と「自分のペースで注文できる」こと。

「どんなにおいしくても、注文できる日や曜日が決まっていたり、届くまでものすごく待たされたりと、店側の都合に合わせないといけないものは選びません。だって、手に入った時にはもう『食べたい!』という気持ちが失せているかもしれないから」

場所や時間に制約されることなく、自分の心が赴くままに美味を堪能する。それこそが、お取り寄せの真髄なのかもしれない。

岸博幸のとっておきのお取り寄せ3選

1.  他の柚子こしょうには戻れない!
MIFUKUAN「黄金のなま柚子こしょう」

「なま柚子こしょう(青)」はわさび代わりに、刺身やカルパッチョ、パスタなどに、「なま柚子こしょう(赤)」はからし代わりに、おでんや餃子、エビチリに、「黄金のなま柚子こしょう」は、和食から洋食、そしてスイーツにもと、多彩な楽しみ方ができるのも魅力。「なま柚子こしょう彩り3本セットGift Box」 ペーストタイプの青・赤・黄金のなま柚子こしょう各45gをセットに。¥3,240(MIFUKUAN

「仕事仲間から、『佐賀県にすごい柚子こしょうがある』と教えてもらい、取り寄せたところ衝撃的を受けました。この味を知ったら、もう他の柚子こしょうには戻れません」と、岸氏が絶賛するのが、MIFUKUANの「なま柚子こしょう」シリーズ。

ベースとなるのは、自社農園で自然栽培した実生の柚子と、契約農家から取り寄せる在来種の唐辛子。「なま柚子こしょう(青)」は熟す前の青い柚子果皮と青い唐辛子を、「なま柚子こしょう(赤)」は完熟した黄色い柚子果皮と熟した赤い唐辛子を合わせ、「黄金のなま柚子こしょう」は、黄色く熟した柚子の皮をたっぷり用い、黄色い唐辛子で仕上げることで、華やかな黄金色と香りを実現。

「とくに気に入っているのが『黄金のなま柚子こしょう』。有名レストランや国際線のファーストクラスでも使われていたそうですが、それも頷けるほどのおいしさ。生タイプだから冷凍で届くのだけど、辛過ぎず、フレッシュ感があって、どんな料理にでも合うんです。刺身はもっぱらワサビの代わりにこの柚子こしょうをつけて食べていますが、本当にうまい! パッケージが洒落ているから、手土産やプレゼントにも活用しています」

2.  郷愁を誘うバタークリームの虜に!
まるたや洋菓子店「スイスロール」

ふんわりした生地にナッツ入りの自家製マカロンを砕いてトッピング。 希少なカルピス製バターを原料に使った特製バタークリームは、香り豊かで後味がさわやか。¥2,160(まるたや洋菓子店

幼少期からロールケーキ、それも昔ながらなバタークリームを使ったものが大好きだという岸氏が、「発作的に食べたくなって定期的に注文する」のが、静岡県浜松市の老舗、まるたや洋菓子店の「スイスロール」。バタークリーム系の店が年々減少し、寂しさを感じていた時に、知人に教えてもらったという。

「バタークリームが濃厚なのに重過ぎず、すごくおいしい! 一口食べて虜になりました。家族みんな好きだけど、一番ハマっているのは僕。いつもひとりで半分は食べちゃいますね。1本8切れ分だそうですが(笑)。郷愁を誘うのか、同世代に贈るとすごく喜ばれる。昭和生まれへの鉄板手土産としても重宝しています」

3. 知る人ぞ知る銘酒に出会える!
天洋酒店の秋田の地酒

左から:「春霞」ならではの柔らかな甘みに、新酒らしい若々しさとほろ苦さがグッド・バランス。「春霞 緑ラベル 生[四合瓶]」¥1,650(春霞)、改良信交を原料米に生元木桶仕込みで仕込んだ甘味と酸味が効いた限定酒。「新政 コスモスラベル 純米酒」¥2,680(新政)、山田錦の母となる山田穂を用い、爽やかですっきりした味わいの「一白水成 純米吟醸 山田穂」¥2,420(一白水成)、柑橘を思わせるジューシーな酸味と刀のようなキレ味が特徴の「山本 ピュアブラック」¥1,790(山本)、改良信交の精米歩合を従来の55%から50%にしたことで、すっきりした飲み口を実現。「ゆきの美人 純吟 改良信交[四合瓶]」¥1,980(ゆきの美人)、年1回のみ出荷される限定酒は、華やかな吟醸香と山田錦らしいまろやかな旨味が楽しめる。「美酒の設計 2023 生[四合瓶]」¥1,925(雪の茅舎/以上すべて天洋酒造asano@shirakami.or.jp) ※「ゆきの美人」は、先日の大雨被害のため入荷は未定。

「銘柄ではなく店推しですが」と、岸氏が教えてくれたのが、秋田県能代市に店を構える天洋酒店。扱うのは地酒のみ、秋田の蔵元とも親交が深い店主が家族と共に営む小さな店だ。

「新政を筆頭に、日本酒で今最も勢いがあるのが秋田県。ただ、個人経営の蔵元は大量生産ができないので、秋田県内でしか出回らない銘柄も少なくないんです。そんな貴重な日本酒をお取り寄せできるのが、この天洋酒店。東京ではお目にかかれないようなレアものも多く、酒好きへのギフトにすると間違いなく感激されます。店主は、あの『NEXT 5』の名づけ親で、チャレンジングな蔵元たちと一緒になって秋田の日本酒や酒蔵を発展させようと奮闘している人物なんですよ」

「NEXT 5」とは、秋田県内の5つの酒蔵の跡取りたちが、次世代を見据え、秋田の酒造りをけん引する存在を目指し、2010年に結成したユニット。メンバーには、「白瀑」や「山本」で知られる山本酒造、「ゆきの美人」の秋田醸造、「春霞」の栗林酒造、「一白水成」の福禄寿酒造、そして、「新政」の新政酒造の跡取りたちが名を連ね、酒造技術と品質向上を目指して勉強会などを開催。日本酒業界では珍しく、共同醸造にも取り組んでいる。天洋酒店の店主は、このグループ結成に当初から携わり、イベント開催のサポートなども務めているという。

「そうした関係性からか、限定酒など珍しいお酒を扱っているのも魅力なんですが、何より店主の日本酒愛がすばらしい。SNSやメルマガで発信する秋田の地酒情報はどれも愛がこもっていて、興味深くて、そそられるんですよ。で、ついポチッとしてしまう(笑)。自分ひとりでは辿り着けないような情報を得られ、日本酒の楽しみ方が広がりました」

自身の子育てについて語る岸博幸氏

岸博幸/Hiroyuki Kishi
1962年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授のほか、一般企業や自治体の顧問、総合格闘技団体のアドバイザーなどを務め、メディアでも活躍。

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=舛田豊明

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

1月号 Now on sale

【ゲーテ1月号】表紙はOMI。「ニッポンのSAKE」特集&究極のゴールドウォッチカタログ

2023年1月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

1月号 Now on sale

【ゲーテ1月号】表紙はOMI。「ニッポンのSAKE」特集&究極のゴールドウォッチカタログ

仕事や遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2023年11月25日に発売となる。総力特集は、ニッポンのSAKE。日本だから楽しめる、日本人でよかったと心底思えるお酒を探っていく。そのほか、エグゼクティブのための究極のゴールドウォッチを紹介! ゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」で発売された新たなNMNサプリメントもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる