MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.12.28

“手土産慣れ”の相手も喜ぶ、凄腕フードライターのとっておき手土産3選

接待で訪れるレストランと同様に、ここぞというときの手土産リストを常にアップデートしてこそ、デキるビジネスパーソン。とはいえ、相手の趣味趣向よりも安心感を優先して、ついつい定番モノに頼りがちという人も多いのでは?『ゲーテ』毎年恒例のレストラン特集「ゲーテイスト」では秋元康氏が推薦するレストランの取材を担当する凄腕フードライターの小寺慶子に手土産のセレクトのポイントを聞いてみた。

フードライター小寺慶子の手土産

ストーリーがあり、心が弾むものを

手土産もレストランと同じようにTPOが大切だと思います。ホームパーティであれば自分が持参をするので、多少かさばったり重くてもいいのですが、もし会食のときに相手に渡す場合は、できるだけ持ち帰りの負担にならないように。そして、多忙な方の心が少しでもやわらぐような華やかさであったり、特別感も大切。見た目はもちろん、東京でも限られた場所でしか買えなかったり、並ばないと手に入らないなど、そうした手土産は喜ばれることが多いです。“手土産慣れ”をされている方にはありきたりだとつまらないし、なによりも日頃の感謝の気持ちが伝わるような、とっておきを選びたい。

私がいただいて嬉しかったのは、吉祥寺『小ざさ』の羊羹。先着50名、1人3本までしか購入できないという“幻”の羊羹で、早朝から整理券を求めるひとで行列ができる店です。味が上品でとても美味しいのはもちろんですが、その特別感に心を掴まれました。

今回はホリデーシーズンにぴったりなものをテーマに、ストーリーがあり、贈る側ももらう側も心が弾むような商品を厳選してセレクト。ぜひ、参考にしていただけたら嬉しいです。
 

フードライター・小寺慶子とっておきの手土産3選

1.いまの時期の気分の高揚感が増す
フルーツ専門店ベルガモットの「苺のバスケット」

ベルガモットの「苺のバスケット」

写真の「苺のバスケット」は¥8,800。時期や仕入れの状況によって価格は変わる。(フルーツ専門店 ベルガモットTEL:03-5751-7770)

フルーツコンシェルジュが選んだ旬の果物をシーンや予算に応じてアレンジ。カットフルーツやバスケットボックスはホームパーティの手土産にも人気。「果物好きの方は多いので、手土産に選ぶこともしばしば。こちらの苺のバスケットはお洒落さや既視感のなさも重視したいというときにおすすめ。こぼれんばかりの旬の苺を盛りつけたバスケットのハッピー感に目も心も釘付けになります。プチサイズのフルーツをボックスに詰めた“プチフル”も華やかで、女性にとても喜ばれます
 

2.ミシュランの3つ星の日本料理店がつくる和スイーツ
いったつみとらどうの「椰子の白わらび餅」

2021年にリニューアルをした帝国ホテル 東京内のホテルショップ「ガルガンチュワ」で販売。ミシュラン3つ星店として海外にもその名を馳せる「神楽坂 石かわ」と「虎白」が監修しており、わらび粉とココナッツミルクで練り上げたもちもちした食感にファン多数。パッケージに高級感があり、開けた時はもちろん食べた時のインパクトも大きいです。目上の方への手土産としても重宝する、特別感のある逸品です。ちなみにガルガンチュワではイートインもできます。
 

3.国内外で高い評価を集めるレストランの、遊び心があって可愛らしい焼き菓子
TAKAZAWAの「necocookie」

TAKAZAWAの「necocookie」

necocookie(ねこクッキー)¥5,400 (TAKAZAWA https://www.takazawa-y.co.jp/)※2023年1月15日までの期間限定販売(2022年12月31日~2023年1月5日までは販売休止)。

海外からも多くのゲストを迎えるレストラン「TAKAZAWA」。オーナーシェフの高澤さんの猫好きが高じて生まれたクッキーは長野県白馬産の玄米粉と米粉のみを使用。抹茶、ほうじ茶、紅茶、コーヒー、ココアの5種のフレーバーがひと缶に入っている。猫ちゃんのポージングもさまざまで、あまりの愛らしさに缶を開けた瞬間、歓声があがること間違いなし。猫好きにとってたまらニャい、特別な焼き菓子です。
 

小寺慶子/Keiko Kodera
肉を糧に生きる肉食系ライター。趣味は肉旅(ミートリップ)と食べ物回文を考えること。「なんだと! 茄子出すな!」と旦那(怒り心頭)。Instagram:@koderin1224

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=舛田豊明

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる