MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2022.06.10

串揚げ あもん|中田英寿が絶賛する、麻布十番の穴場串揚げ店

食に対して尋常ではない情熱を傾ける、秋元康小山薫堂中田英寿見城徹が厳選したとっておきの店を紹介する、最強のレストランガイド「ゲーテイスト2022」。身体が肉を求めるのは、生命力のバロメーター。精力的に仕事と向き合うために欠かせない“肉食レストラン”の最新版! 【Part6:肉の魔力】

あもん

松阪牛のシャトーブリアン。

中田英寿「カラッと揚げられた串揚げに圧倒的な技術の高さを感じます」

串揚げといえば、関西のイメージが強いが、東京にも穴場店が。麻布十番『あもん』は松阪牛をはじめ、全国からとびきりの食材を仕入れ、素材力を引きだす揚げ技で食べ手を魅了する。

 東京の串揚げ店のなかでもぜひ、行っていただきたいのが麻布十番の『あもん』です。

あもん

揚げ油は上質なオランダ産ラードを使用。食材によって揚げる温度帯を微調整するのもポイント(料理はすべて¥15,000の季節のコースの一例)。

あもん

その日に提供する食材を美しく盛りつけてゲストに見せる演出も。

 僕もだけれど、ヒデは意外と串揚げが好きなんだよな。東京で美味しい店って、関西から出店しているところが多い感じがするけれど、ここはどう?

 こちらは東京発です。店主がすごく勉強熱心な方で、芦屋の『串かつ あーぼん』に定期的に研修に行っているそうです。

あもん

茶そば。ややかために茹で、自然薯(じねんじょ)のすり流しをのせた蕎麦は喉越しがよく、コース中盤のリフレッシュに最適。

 『あーぼん』いいよね。全然、胃もたれしないし、雰囲気もとてもいい。串揚げは日本が誇る食文化のひとつだと思う。

 串揚げは、食材の持ち味を生かす揚げ技が美味しさを左右すると思うんですが、衣のきめ細かさといい、油使いといい、細部にまで職人の技が感じられて。素材とのバランスが緻密に計算されている。コースで12本くらいなので量的にも丁度いい。親しい方との会食はもちろんですが、デートにも向いているんじゃないかなと。すごく混まないことを祈りつつ(笑)、お薦めさせていただきたいです。

あもん

臨場感溢れるカウンター席。揚げたてを熱々のうちに。会食には半個室も人気がある。

Kushiage Amon
住所:東京都港区麻布十番2-5-14 マイコーナービル3F
TEL:03-5770-5688
営業時間:17:30~L.O.22:30
定休日:火曜
席数:21席、個室1室(~6名)
料金:コース¥6,800~

【ゲーテイスト2022】※6月24日までに全公開!
「秘密の店」
「和の神髄」
「洋の絢爛」
「名人の店」
「弩級な鮨」
「肉の魔力」

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=大谷次郎

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

shota matsuda

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる