GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2021.06.30

焼肉ジャンボはなれ|焼肉戦国時代の先頭を走る、本郷三丁目のレジェンド店

秋元 康、小山薫堂、中田英寿、見城 徹の美食を探求する4兄弟の偏愛レストランを大公開するゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」が今年も開催に! ガツンと肉を喰らいたい時がある。だから旨い肉があると聞けば、どこへでも行く。なぜなら、肉力こそが圧倒的な仕事の源だから。産地、肉質、焼き方、仕上がりのすべてにこだわった究極の肉レストランを紹介する。

焼肉ジャンボはなれ

「牛ごはん(小)」¥10,000。ブイヨンで炊いたご飯ににんにくと赤ワインなどを合わせたソース、風味づけのバターを絡めて。レア焼きのヒレ肉とフライドオニオンもたっぷり。

中田英寿「ここでしか食べられない味があるのが最大の強み」

肉も好きだが、〆の炭水化物にとにかく目がないという人が「最高のラインナップ」と称賛する『焼肉ジャンボはなれ』。焼肉戦国時代の先頭を走るレジェンド店へ、いざ出陣!

 行くたびに、やっぱり旨いと心底思う焼肉店といえば『焼肉ジャンボはなれ』。

和牛のにぎり

「和牛のにぎり」(¥18,000~のおまかせコースの一例)。

 本郷のですよね。僕もすごい好きです。大人気だから、なかなか予約が取れないけど。

 秋元とヒデなら取れるでしょう(笑)。しかし、本郷もなかなか遠いよね。

 それでも通いたいと思わせる魅力。いや、むしろこちらのお店に関しては魔力(笑)。

 名物の「野原焼き」にはじまり、「牛ごはん」もすごい。

オムライス

オムライス¥1,350。カレーライスも人気。

 「牛ごはん」、素晴らしいね。ヒレ肉の旨味とバターの風味がふわっと合わさって。本能レベルで旨いと感じるよね。

 秋元はよく行くの?

 最初に連れていってもらって、めくるめく焼肉ワールドを体験して以来、もう何度も。「腹八分目はジャンボじゃ禁句」というのが一緒に行くメンバーとの合言葉で、必ず胃袋のチューニングをして行きます。お肉も素晴らしく美味しいのですが、忘れちゃいけないのが、「和牛のにぎり」とオムライス。

 ご実家が昔、喫茶店をやっていらして、その名残でオムライスを出されているんですよね。

オーナーの南原範充氏

オーナーの南原範充氏。名物の「野原焼き」は大判サーロインを濃厚な卵にからめて食す。

 今のオーナーがそれをブラッシュアップして出しているというのがいいよね。トマトベースのビーフシチューを合わせたお米を卵でくるんと巻いたオムライスが大好きで、毎回必ずお願いしています。

 聞いているだけでお腹いっぱいになってきたよ(笑)。

ーー今年のゲーテレストラン大賞「ゲーテイスト」は「秘密のレストラン」「陶酔のフレンチ&イタリアン」「美しき芸術の鮨」「職人の技に酔いしれる料理」「百花繚乱の超絶中華」「知る人ぞ知る隠れ家&穴場」「究極の肉を喰らう」がラインナップ! 完全保存版です。

 

Yakiniku Jambo Hanare
住所:東京都文京区本郷3-27-9 アンリツビル1F、B1F
TEL:03-5689-8705
営業時間:17:00~24:00
休業日:無休
座席数:カウンター6席、個室3室(2~6名用)
料金:コース¥18,000~
詳細はこちら

TEXT=小寺慶子

PHOTOGRAPH=長谷川 潤

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

ゲーテ9月号COVER

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が7月26日に発売。総力特集は、「エグゼクティブは椅子にこだわる! 最高の仕事を生む椅子」。表紙の本田圭佑をはじめ、各界で活躍するトップランナー20人が愛でる一脚と、そのストーリーに迫る。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる