GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

GOURMET

2020.10.15

心おどる演出! 大阪・福島の路地裏にある新感覚の鶏料理

JR東西線「新福島駅」から南方面の裏路地には、古民家をリノベーションした隠れ家風の飲食店やバーが立ち並ぶ。オシャレで落ち着ける、そんな美食の名店を厳選!

【画像】Sumibiyakitori Coqulet

心おどる演出の数々で新感覚の鶏料理を

昔懐かしい赤提灯を目印に、暖簾をくぐると、そこにはコンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュな店内が広がる。

「炭火焼き鳥コクレ」は焼き鳥と洋食というジャンルの異なる世界で修業した二人が一緒に始めた鶏料理店。使用するのはすべて朝挽きの新鮮な若鶏のみ。柔らかくクセが少ないのが特徴で、焼き鳥は部位に合わせて、炭火で丁寧に焼いてくれる。

【画像】Sumibiyakitori Coqulet

冷めないように1本ずつ提供してくれる焼き鳥。人気のねぎまには、最後の仕上げに、燻製したパルミジャーノを削る。

せせり、肩肉、ねぎまなど15種類ほどあり、アンチョビパウダーやパルミジャーノなど洋のエッセンスを取り入れた仕上げが斬新だ。そのほかにも、木箱を開けると燻製の煙に包まれながら姿を現す「うずら玉子のしょうゆ漬け」のように、食べる前から心がおどる、新感覚の鶏料理と出会える。

【画像】Sumibiyakitori Coqulet

「インカのめざめ(じゃがいも)」に、鶏そぼろやタケノコ、椎茸などをミックスしたポテトサラダ ¥580。表面には揚げたじゃがいもの皮がトッピングされていて楽しい食感。

【画像】Sumibiyakitori Coqulet

フタを開けると、燻製スモークがふわっと香る。しょうゆ漬けにしたうずら玉子は、その柔らかさがやみつきになりそう。

【画像】Sumibiyakitori Coqulet

テーブル席とカウンター席の両方を完備。一人でも複数人でも食事を楽しめる。

さらに、そんな料理に合うお酒も豊富。ワインはオーガニックにこだわり、20種類ほどの品揃え。グラス500円から、ボトルは4000円から選べる。日本酒はすべて生原酒。

カウンター席もあり、ワインと鶏のマリアージュを楽しみながら、ひとりでゆっくり過ごすのもよし、仲間と、目にも楽しい料理に舌鼓を打ちながら、にぎやかに過ごすのにも最適だ。

【画像】Sumibiyakitori Coqulet

Sumibiyakitori Coqulet
住所:大阪市福島区福島3-11-13
TEL:06-6346-2090
営業時間:17:00 ~ L.O.23:00
休業日:水曜
アクセス:JR東西線「新福島駅」より徒歩2分

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる