MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2024.03.20

レアなヴィンテージが狙い目。ロレックス「デイトジャスト Ref.16030」

連載「ヴィンテージウォッチ再考」の第24回は、ロレックスの「デイトジャスト Ref.16030」を取り上げる。

ロレックス「デイトジャスト」

ユニークな個体が見つかるロレックス屈指のロングセラー

1945年にロレックスが瞬時に日付送りができるデイトジャスト機構を発表してから、80年近くが経過した。

この機構と同時に発売されたモデル「デイトジャスト」は、高い防水性能を持つオイスターケースに、独自の自動巻き機構であるパーチュアル、そしてデイトジャスト機構を持つロレックス屈指のロングセラーである。

実は「デイトジャスト」にはデザインのユニークなモデルが多いのだが、ヴィンテージに関して言えば、金無垢モデルは市場に出回っている数が少なく、黒文字盤もオリジナルのものはほとんどない(当時の持ち主によって交換されたものが大半)。

お目当ての個体がなかなか見つからないのが、ヴィンテージロレックスにおける「デイトジャスト」収集の難しさであり、醍醐味とも言えるだろう。

今回の「デイトジャスト Ref.16030」も、そんな時計のひとつ。「デイトジャスト Ref.1603」から受け継がれたステンレススチール製のベゼル(「デイトジャスト」の多くは18Kゴールドのフルーテッドベゼル)に特徴がある。

この他にも、トリチウムの夜光塗料、光沢のあるつやつやとしたダイヤル、プラスチック製の風坊など、4桁のリファレンス(識別番号)に近いニュアンスが楽しめる。

現在はプロフェショナルモデルの価格がかなり値上がりしているが、このような面白い時計がまだ見つかるのも、ヴィンテージロレックスの懐の深さなのだろう。

問い合わせ
エンツォショップ www.enzo-shop.com/

■連載「ヴィンテージウォッチ再考」とは
インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

↑ページTOPへ戻る

この連載をもっと読む

連載
ヴィンテージウォッチ再考

インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる