MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.05.17

“時計界のピカソ”が蘇る! IWCの話題作「インヂュニア・オートマティック 40」

連載「意欲的新作ウォッチ」の第152回は、IWC「インヂュニア・オートマティック 40」を取り上げる。

インヂュニア・オートマティック 40

ジェラルド・ジェンタのデザインが蘇る! ラグジュアリースポーツウォッチ

世界最大の時計見本市「ウォッチズ & ワンダーズ ジュネーブ 2023」で発表されたラグジュアリースポーツウォッチの王道を行く話題作がある。

1970年代、後に“時計界のピカソ”と呼ばれるジェラルド・ジェンタは、オーデマ ピゲ「ロイヤル オーク」、パテック フィリップ「ノーチラス」など、かつてないステンレススチール製スポーツウォッチをデザインすることで新たなジャンルを切り開いた。

ジェラルド・ジェンタ

時計デザイナーの草分け的な存在として知られる、鬼才ジェラルド・ジェンタ。

IWC「インヂュニア SL(Ref.1832)」は、ジェラルド・ジェンタがこの時代に手がけた代表作のひとつに数えられる傑作である。このモデルはIWC初の民生用耐磁性腕時計「インヂュニア」の第3世代にあたり、開発プロジェクトは1969年から始まった。1970~1971年頃にはプロトタイプが製作されたが、 厳格なテストの基準を満たすレベルには至らず、IWCの首脳陣はジェラルド・ジェンタに白羽の矢を立てた。

1976年に発表されたブレスレット一体型の自動巻き式スポーツウォッチ「インヂュニア SL(Ref.1832)」は、2000スイスフランという当時のステンレススチール製の腕時計としては非常に高価であったことも話題になり、40mm径のケースサイズから“ジャンボ”というニックネームで呼ばれた。IWCならではの技術力が光る優れた耐衝撃構造と耐磁性能を備えていたことも特筆すべき点に挙がる。

インヂュニア SL(Ref.1832)

ジェラルド・ジェンタが手がけた「インヂュニア SL(Ref.1832)」。

この記念碑的なモデルを再解釈することによって生まれた「インヂュニア・オートマティック 40」は、「インヂュニア SL(Ref.1832)」の特徴的なプロポーションを受け継いだ現代的なタイムピースである。ステンレススチールとチタンの2つの素材があり、計4型で展開される。

インヂュニア・オートマティック 40

インヂュニア・オートマティック 40
自動巻き、SSケース、径40mm。¥1,567,500

インヂュニア・オートマティック 40

インヂュニア・オートマティック 40
自動巻き、SSケース、径40mm。¥1,567,500

インヂュニア・オートマティック 40

インヂュニア・オートマティック 40
自動巻き、SSケース、径40mm。¥1,567,500

インヂュニア・オートマティック 40

インヂュニア・オートマティック 40
自動巻き、Tiケース、径40mm。¥1,958,000

復刻モデルと明らかに異なる「インヂュニア・オートマティック 40」のウォッチメインキングは、人間工学による快適な装着感、ベゼルに採用した機能的な多角形のネジ、独特のグリッド構造を持つ文字盤、驚くほど高度なディテールと仕上げなどによって、「インヂュニア SL(Ref.1832)」にはなかった魅力を加えている。このほかにも、耐磁性を持つ自動巻きムーブメントCal.32111による約120時間のロングパワーリザーブ、スポーツウォッチに適した100mの防水性能などを優れた機能を備えている。

ラグジュアリースポーツウォッチの正統な系譜にその名を連ねる「インヂュニア・オートマティック 40」が持つポテンシャルは極めて高い。それこそ利便性の高いSUVさながらの活躍が期待できるはずだ。

問い合わせ
IWC TEL:0120-05-1868

■連載「意欲的新作ウォッチ」とは……
2022年も高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる“活きのいい”モデルを厳選! 時代を超えて輝き続ける、腕時計のパワーを改めて感じて欲しい。

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
意欲的新作ウォッチ

高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる特別なモデルを厳選! 時代を超えて輝き続ける、腕時計のパワーを感じろ!

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる