MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2023.01.25

超レア! ヴェルメイユケースのカルティエ「タンク ルイ カルティエ」を知っている?

連載「ヴィンテージウォッチ再考」の第14回は、カルティエの「タンク ルイ カルティエLM」を紹介する。

タンク ルイ カルティエLM

「タンク マスト ドゥ カルティエ」の誕生前に僅かに製造されたレアモデル

1977年に発表された「タンク マスト ドゥ カルティエ」は、カルティエのヴィンテージウォッチにおける入門モデルとして多くのファンに親しまれている。

「タンク マスト ドゥ カルティエ」とは、ファッションの世界で例えるならプレタポルテ(高級既製服)に位置付けられるコレクションであり、より多くの人々に「タンク」ウォッチの魅力を届けるために展開が始まった。プレタポルテを世に広めた第一人者である偉大なファッションデザイナー、イブ・サン=ローランが愛用していたことでも知られている。

第一に挙げられる特徴は、これまでの「タンク」がケース素材にゴールドやプラチナなどの貴金属を用いていたことに対して、ヴェルメイユケースを採用した点にある。ヴェルメイユとは、スターリングシルバーにゴールドを貼り付ける加工で、これによってコストダウンを図っている。「タンク マスト ドゥ カルティエ」からクォーツの導入が始まったことも「タンク」の歴史におけるターニングポイントである。

タンク ルイ カルティエLM

タンク ルイ カルティエLM
Ref.4(1970年代製造)、手巻き(Cal.78)、GFケース、縦30mm×横23mm。¥547,800

今回紹介するのは、「タンク マスト ドゥ カルティエ」が発表される前に登場したヴェルメイユケースを用いたレアな「タンク ルイ カルティエ」。通常の「タンク ルイ カルティエ」と異なる書体のブランドロゴと12字位置に「SWISS」の表記が入ったダイヤル、先端が尖っている砲弾型サファイアカボジョンのリュウズなど、端境期ならではの特徴的なディテールが見られる。なおかつ玉数が少ないため、いざ探してみるとなかなか見つからない。

タンク ルイ カルティエLM

ダイヤル上のブランドロゴは、従来の「タンク ルイ カルティエ」で見られる「CARTIER」ではなく、「Cartier」とプリントされている。

タンク ルイ カルティエLM

カルティエのシグネチャーであるサファイアカボジョンのリュウズは、先端が尖っていることが特徴に挙がる。

タンク ルイ カルティエLM

ケースはスナップバックではなく、両サイドをビス止めする設計を採用している。

コレクターに珍重される謎めいたヴェルメイユケースの「タンク ルイ カルティエ」。一歩差がつく逸品のヴィンテージウォッチとして覚えておいて損はない。

問い合わせ
江口洋品店・江口時計店 TEL:0422-27-2900

【関連記事】
■タンクetc.価格高騰が著しい、カルティエの18Kイエローゴールド製ヴィンテージウォッチ
■価格以上の価値がある! 今狙い目のヴァシュロン・コンスタンタンのドレスウォッチ
■ まぼろし級のレア時計。通説を覆す1990年製造のロレックス「エクスプローラー」

 

■連載「ヴィンテージウォッチ再考」とは……
インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
ヴィンテージウォッチ再考

インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。本連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=江藤義典

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる