MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.10.26

パテック フィリップ「ノーチラス」からホワイトゴールド製の3針モデルが登場!

連載「意欲的新作ウォッチ」の第132回は、パテック フィリップ「ノーチラス」を取り上げる。

「ノーチラス」

ファーストモデルへのトリビュートとなる「ノーチラス」の話題作

2022年10月、パテック フィリップは8本の新作を発表。その中でも話題を集めているのが、2021年に廃盤になった「ノーチラス」のステンレススチール製の3針モデルRef.5711/1Aの後続機となるRef.5811/1である。

「ノーチラス」

「ノーチラス」自動巻き、18KWGケース、径41mm(10-4時位置)。¥9,383,000

1976年、ファーストモデルRef.3700の誕生以来、「ノーチラス」は様々な派生モデルとともに人気を博してきた。40mm径のRef.5711/1Aは、2006年から2021年まで製造されたシリーズ屈指のロングセラーであり、今日のラグジュアリースポーツウォッチのブームを築き上げたモデルのひとつだと言っても過言ではない。

この度発表された18Kホワイトゴールド製のRef.5811/1は、Ref.3700の代から受け継がれているブラック・グラデーションやソレイユ仕上げを施し、ブルー文字盤を採用しつつ、ケース径を41mmにサイズアップする新しい提案を披露した。

「ノーチラス」

「ノーチラス」の伝統であるブルー文字盤を継承。

このほかに挙がるRef.5711/1Aとの仕様の大きな違いは、Ref.3700へのトリビュートとなる120mの防水性能を備えた2ピース構造のケース設計にある。従来の継手巻真に代わるリュウズの2つの機能を切り替えるオシドリとカンヌキの新しいシステム(特許出願中)は、ムーブメントの裏側にアクセスせずに、文字盤側から巻真(リュウズの軸)を取り出すことができる。搭載する自動巻きムーブメントは、Cal.324 S CからCal.26‑330 S Cに変更されている。

「ノーチラス」

2ピース構造とCal.26‑330 S Cの採用によって、Ref.5811/1のケース厚はRef.5711/1Aよりも0.1mm薄い8.2mmに収まっている。

「ノーチラス」

厚さ3.3mmの自動巻きムーブメントCal.26‑330 S Cは、最大45時間のパワーリザーブを備える。

パテック フィリップが提唱する“カジュアル・エレガンス”と呼ばれるスタイルを、最も忠実に表現する「ノーチラス」。数々の歴代モデルに勝るとも劣らない完成度を披露した最新作の登場は、高級時計の市場に多大な影響を与えるに違いない。

問い合わせ
パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター TEL:03-3255-8109

■連載「意欲的新作ウォッチ」とは……
2022年も高級ウォッチブランドから続々と届く新作情報。その中から、新鮮な驚きや価格以上の満足感が味わえる“活きのいい”モデルを厳選! 時代を超えて輝き続ける、腕時計のパワーを改めて感じて欲しい。

↑ページTOPへ戻る

過去連載記事

TEXT=戸叶庸之

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる