MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

WATCH

2022.04.24

超一流の実力が垣間見えるジャガー・ルクルトの角型時計──連載「ヴィンテージウォッチ再考」Vol.3

インターネットやSNSの普及からあらゆる時代の時計が簡単に入手できるようになった。そうはいったところで、パーツの整合性や真贋の問題が問われるヴィンテージウォッチの品定めは一筋縄ではいかない。この連載では、ヴィンテージの魅力を再考しながら、さまざまな角度から評価すべきポイントを解説していく。連載第3回は、ジャガー・ルクルトの18Kイエロゴールド製の角型時計を紹介する。連載「ヴィンテージウォッチ再考」

連載「ヴィンテージウォッチ再考」

価格以上の価値を持つ18Kゴールド製の角型時計

腕時計のデザインは機能はもとより、その時代の流行が色濃く反映されるものだ。ヴィンテージウォッチを年代別に見渡していくと必ず突き当たるのが角型時計である。隆盛を極めたのは1930~1950年代頃でアールデコの影響を受けた優雅なケースフォルムが多く見受けられるが、ムーブメントの精度や防水性能を高めることが難しかったこともあり、ラウンド型の防水時計が流行り出すと衰退の一路を辿る。

1931年に発表されたジャガー・ルクルト(1937年からこの社名に変更)の「レベルソ」はまさに時代の申し子とも言うべき角型時計の代表作であり、時計の歴史にその名を刻む傑作中の傑作だ。前代未聞の反転ケースという発想を実現させたことはもちろん(初代レベルソはケースとムーブメントともに外注による製作)、錚々たる一流ブランドにムーブメントを供給していたことからもジャガー・ルクルトの時計製造に対する創造性や技術力がずば抜けて高いことが分かる。

この時代にジャガー・ルクルトは「レベルソ」以外にも角型時計を手掛けており、極稀に店頭で発見することができる。こちらで紹介する1本は、1940年代頃に製造された18Kイエローゴールド製レクタンギュラーケースの希少モデルである。

ジャガー・ルクルト レクタンギュラーケース

ジャガー・ルクルト デイデイト レクタンギュラーケース
1940年代製造、手巻き(Cal.59)、18KYGケース、24mm☓31mm。¥1,650,000

「レベルソ」のファーストモデルと見比べると、複雑なカレンダー表示機能を備えていること以外にも、ケースやリュウズの形状にも違いがあることが確認できる。ややくすんだイエローゴールドの色味もヴィンテージならではの味わいだ。

同じレクタンギュラーケースの「レベルソ」との違いを比較

複雑機構を搭載するゴールドウォッチであることも含め、同じレクタンギュラーケースの「レベルソ」との違いを比較してみるのも面白い。

角型時計用のムーブメト

ただでさえ設計が難しい角型時計用のムーブメトを開発・製造できたことは、当時のジャガー・ルクルトにとって大きなアドバンテージであった。

新旧問わず一部の腕時計のプレミア化が進む最中、セカンダリーマーケットには価格以上の価値やクオリティを持つプロダクトが数多く眠っている。とりわけ以前よりも価格が落ち着いているヴィンテージウォッチは買い時だとも捉えられる。とはいえ、チャンスはどこにでも転がっているわけではないので、一期一会の出合いを大切にしたい。

 

問い合わせ
ケアーズ森下本店 TEL:03-3635-7667

TEXT=戸叶庸之

PHOTOGRAPH=江藤義典

PICK UP

STORY

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

8月号 Now on sale

ゲーテ8月号はビジネス魂に火をつける高級腕時計を一挙ご紹介!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]8月号が6月23日に発売となる。総力特集は、ビジネス魂に火をつける高級腕時計。そのほか、海を愛するエグゼクティブたちのための海特集も必見だ!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる