MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.12.04

【小野伸二】ジョホールバルの奇跡をテレビで見ていた、仏W杯の7ヵ月前

44歳、小野伸二が引退を決断。天才と呼ばれ、喝采を浴び続けた男の光と影。知られざる小野伸二を余すところなく書ききった初の自著『GIFTED』より、一部抜粋してお届けする。1回目。

© 日刊スポーツ/アフロ

「伸二はワールドカップを目指せ」

「フランスワールドカップを目指せ」

キヨショウ(サッカー王国・静岡の名門「清水市立商業高校」)のグラウンドで先生がいきなり言った。

チームメイトたちも、日本代表が初めてワールドカップ出場を決めたことで大盛り上がりをしている。

昨日の夜、“野人・岡野”(岡野雅行)が決めたゴールデンゴールは本当に興奮した。

暑そうなマレーシア、ジョホールバルでイランと対戦していた日本代表には僕よりふたつ上の「ヒデ」が異彩を放っていた。中田英寿さんだ。

そういえば、3年前に初めて「日本代表」のユニフォームを着たとき、ひとつ上のカテゴリに「ヒデ」はいた。すでに有名人で、雲の上のような存在。確か、コーチが言っていた。

「ヒデは、外国に遠征に行っても外国の選手たちと英語で話をしている。そういう意識の高い選手なんだ」

ふたつしか変わらないのに、もうフル代表で戦っているなんてすごい……。

試合は2対2のまま延長戦に入っていた。ゴールを決めたほうがワールドカップ出場。その緊迫感はテレビからも伝わってきた。

そして延長118分。「野人」が決めた。

いつか自分もワールドカップでプレーができたらいいなあ……そんなふうに、いちファンのような感覚だったから、まさかその翌日に先生から「伸二はワールドカップを目指せ」と言われてあっけにとられた。

今が11月。高校卒業まであと4カ月ちょっと。

プロになって3カ月後にはフランスワールドカップだ。

いや、んん? さすがに現実的ではない。

決めるのはいつだって自分

まず選手権。そしてそもそもプロになってどこでプレーするかを決めなければいけなかった。

中学を卒業してから3年間、僕はサッカー漬けの日々で、ほとんど実家に帰ることはなかった。今考えればそんなに遠いわけではない。車さえあれば1時間ちょっとで帰れただろう。

高校3年生も終盤に差し掛かり、僕はいよいよプロサッカー選手の門を叩こうとしていた。問題は、どのチームに行くか──。

記憶にあるなかで、最初に会いに来てくれたのがジェフユナイテッド(現・ジェフユナイテッド市原・千葉)だったと思う。そのときは高校1年生。全然、現実味がなくて、あまりプロについて考えることはなかった。

高校2年生のときにはオランダのアヤックスからも声が掛かった。当時は、海外サッカーのことを知らなくて、これもまた現実味がなかった。ただ、もし生まれ変わったら行っていただろうな、と思う。

学年を経て、少しずつ、プロが現実的になっていくと、漠然と「清水エスパルスに行くんだろうな」と思い始めていた。

たまに練習に参加させてもらっていたエスパルスの練習はとても面白かった。監督はアルゼンチン出身のアルディレス。メニューが豊富で、とにかく楽しい。新しい発見がいくつもあった。これまで僕を支えてくれた人たち、特に西川さんや大瀧先生、家族も、地元にある清水エスパルスに行ってほしそうだった。

僕にとっても全然、悪い選択肢ではなかった。

ただ、高校のときの僕は、どこのチームが自分にとっていいのか、という判断基準を持ち合わせていなかった。だから、いよいよ真剣にクラブを決めなければいけない段階になって、「エスパルスでいいのかな」という思いが、頭をかすめ始めていた。

(中略)

これ以降も、僕は何度も移籍の決断をしてきている。オランダ、ドイツといった海外移籍もあれば、レッズへの復帰、初めての清水エスパルス、J2だったコンサドーレ、FC琉球……、オーストラリアのように「出来立てのリーグ」にも行った。

決めるのはいつだって自分だ。

僕はわりと「ひとつのところに長くいる」のが苦手で、新しい環境やチャレンジにワクワクするタイプだ。そういったことはのちのちにわかってくることで、このときばかりはさすがに参ってしまった。ひとつの決断が、その先にどんな影響をもたらすのか。僕のサッカー人生をどうしていくのか。僕を支えてくれた人たちを幸せにできるのか。全然、想像がつかなかった。

高校選手権のPK失敗。あのとき感じたのは、「選手権に出られない悔しさ」ではなかった。自分でできることはやり切った。だけれどそれが足りなくて負けた、という事実。

僕が足りないことによって「人生が変わってしまった仲間がいる」──。そこへの申し訳なさがあった。いくらキヨショウが強豪で、静岡が激戦区だったとしても、全国に出るか出ないかは、大きく違う。

もし、あのとき僕たちが全国大会に出ていれば、チームメイトたちに違った未来があったかもしれない。ある選手はもっといい進学先、プロになれたかもしれない。なのに、連れていってあげられなかった。

申し訳なさは、忘れることがない。

ひとつの結果、ひとつの決断が、何かに影響してしまうんじゃないか……。

僕の性格が、初めてのプロ契約について悩みを深めた。(中略)

1998年の3月。僕は浦和レッズの選手となった。

プロ1年目に不安もあった。ワクワクもあった。何より、まさか本当に大瀧先生の言葉通りワールドカップに出ることになるとは夢にも思わなかった。

TEXT=ゲーテ編集部

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる