MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.06.30

【西野亮廣】資金繰りの手段として、なぜ「手数料の安いECサイト」でなく、「手数料の高いクラウドファンディング」を選んだか?―『夢と金』20万部突破の説得力

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話ししたことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ

今日は「届けたいもの」と「届け方」の相性ってあるよねというテーマでお話ししたいと思います。

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

第100回 応援ベースの商品を販売するなら、手数料が掛かっても「クラウドファンディング」、機能ベースの商品を販売するなら手数料の安い「ECサイト」

西野亮廣

『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』3000個の提灯をクラウドファンディングで集めています

今日はかなりフワッとした話です。

2023年10月28日(土)に幕張メッセで『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』という盆踊りイベントを企画しているんですけど、その盆踊り会場の天井を飾る3000個の提灯(三千提灯)を今、クラウドファンディングで集めています。

「提灯を支援してください」という企画です。

【幕張メッセで開催する『ハロウィン盆踊り』を大量の提灯で彩りたい】

支援者さんにお返しするのは、「お礼メール」だとか、「お礼動画」だとか、あとは、『名入り提灯』を支援してくださった方には、僕がその『名入り提灯(あなたの名前が入った提灯)』を持っているところの画像をお送りしたり。。

クラウドファンディングは「予約販売サイト」として使われることもあったりしますが、今回に関しては、支援者さんの元に特にモノが届くわけじゃないので、正真正銘「支援」のクラウドファンディングです。

その「提灯支援」のクラウドファンディングですが、スタートから約10日が経過して、6月27日現在、支援者数が「1251名」で、支援金額が「2008万7700円」となっております。
本当にたくさんのご支援ありがとうございます。

そして、腹を割って喋りますが、今回の盆踊りイベントのブッ飛ばし方からすると、まだまだ予算が全然ショートしているので、引き続き、応援宜しくお願いします。

「PICTURE BOOK」で検索してみてください。

クラウドファンディングを選んだ理由「なんでだっけな?」と考えてみたんですけど...

さて。
こうしてたくさんのご支援をいただきながら、こんなことを考えるのもアレなんですけども…「資金繰りの手段として、なんでクラウドファンディングを選んだのかな?」と思ったりします。

というのも、「手数料」のことを考えると、クラウドファンディングで集めるよりも、ECサイトで集めた方が、手数料は安くつく(手元に残るお金は増える)んです。

ECサイトをクラウドファンディングっぽく使って、『あなたの名前が入った提灯を持った西野亮廣の画像をプレゼント』という商品を販売すればいいじゃないですか?

だけど僕はその手段を選ばずに、今回は「クラウドファンディング」を選んだんですね。

「これ、なんでだっけな?」と考えてみたんですけど、結論、「雰囲気」なんです。
クラウドファンディング向きの企画か否かって、経営コンサルタントめいた人達がアレコレ言いますが、結局は「似合う/似合わない」というレベルの話だと思っていて、今回の場合だと「祭」じゃないですか?

皆さんの地元の祭りって、大昔からそれこそクラウドファンディングで成り立っていたと思うんです。

「協賛」という名で、名前が入った提灯がズラ〜と並んでいるじゃないですか?
あれって、「オンライン」でやりとりしていないだけで、やってることはクラウドファンディングですよね。

今回は、その延長なので、だから「届けたいもの」と「届け方」がすごく馴染んでいる。
「え? そんなことをクラウドファンディングでやっちゃうの?」というネガティブな違和感が全く無い。

「似合う/似合わない」というのは、最優先事項

明確なデータを元に言っているわけじゃなくて、僕の肌感を頼りに言っているので、どうしたってフワッとした話になっちゃうんですけども、だけど、日本で一番クラウドファンディングで結果を出している西野に言わせると、この「似合う/似合わない」というのは、最優先事項だと思います。

つまり、「手数料が高いから〜」とか「手数料が安いから〜」で販売方法を選ぶのではなくて、「手数料が高くても似合う方」を選んだ方がいい。

というのはやっぱり、お客さんとの付き合いって、その一回じゃないので。
長いお付き合いになるので、たとえその一回分の利益が減ったとしても、気持ち良く買ってもらうことの方が重要だと思います。

それこそ、今回の「提灯支援」をクラウドファンディングでやらずに、ECサイトでやっていたら、ここまで盛り上がっていたかどうかは怪しいところだし、今回、支援者さんから「自分にも、お祭りを作る機会を作ってくださってありがとうございます」と何故か感謝されたんですけども、その雰囲気もECサイトじゃなかなか生まれないと思うんです。

ていうか、確実に生まれない。

クラウドファンディングって、たぶん、僕らが思っている以上に、よくできてるんだと思います。
画面のビジュアルだとか、操作感・手触り感のイチイチが、ユーザーが応援したくなるように凄く考え抜かれているんだと思います。

まだ、この「似合う/似合わない」がピンとこない人に向けて、一つ例を出すと、たとえば初詣に行った時に「お賽銭」を投げるじゃないですか?
あれって「オンライン決済」だったら、どれだけ便利であろうが、やらなくないですか?
小銭を投げる感じとか、投げた後に聞こえてくる「音」だとか、あれ込みで「お賽銭」でしょ?

そんな感じで、ECサイトには「応援」がデザインされてないんです。

なので、話が振り出しに戻っちゃいますが、応援ベースの商品(寄せ書きのような商品)を販売するなら、手数料が掛かってもクラウドファンディングの方がいいし、機能ベースの商品を販売するなら手数料の安いECサイトでいい気がします。
応援ベースの商品(寄せ書きのような商品)を販売しようとしているのに、「手数料が安いから」という理由でECサイトで販売してしまうと、熱が上がりきらない…というイメージです。

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で20万部突破! ビジネス書累計が100万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」

撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【NORA SAURUS】
バンドザウルスの“最初で最後の個展”、スタート!
※会場はコチラ

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 2023年10月28日に、幕張メッセで『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』!

幕張メッセのド真ん中に巨大な櫓(やぐら)を建てて、“盆踊り大会”を開催することに! 今回仕掛けるのは“えんとつ町の盆踊り大会”、イベントタイトルは『えんとつ町の踊るハロウィンナイト』です。
現在、クラウドファンディング【幕張メッセで開催する『ハロウィン盆踊り』を大量の提灯で彩りたい】実施中。

 

お知らせ! 舞台『テイラーバートン』は2日間だけの限定上演です。

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

※これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
7月02日(日)に東京、
7月05日(水)に福井、
7月06日(木)に大阪、
7月07日(金)に広島、
7月10日(月)に愛知、
7月12日(水)に広島、
7月31日(月)に群馬、
8月02日(水)に静岡、
8月05日(土)に大阪、
8月07日(月)に福岡、
8月09日(水)に東京、
8月10日(木)に愛知、
8月13日(日)に愛知、
8月16日(水)に北海道、
8月21日(月)に京都、
8月23日(水)に秋田、
8月31日(木)に広島、
9月04日(月)に兵庫、
9月11日(月)に福井、
9月13日(水)に島根、
9月25日(月)に青森、
9月27日(水)に神奈川、
9月28日(木)に鹿児島、
10月02日(月)に神奈川、
10月22日(日)にオーストラリアでそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる