MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.06.23

【西野亮廣】「“信用を稼ぐ”ために、『借金をして、借金を返す』を繰り返してください」と言われた!?――『夢と金』20万部突破の説得力

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話ししたことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ

今日は『借金と信用の関係』というテーマでお話ししたいと思います。

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

第99回 信用の稼ぎ方の一つに「借りたものを返す」がある。借りないことには信用の創造が始まらない!

西野亮廣

海外で働く時は、とにかく「信用が無い」ということを思い知らされる

ミュージカル『えんとつ町のプペル』の制作でニューヨークに行ってたんですけども、せっかくなので、今日は海外っぽい話(からの皆さんの生活に落とし込める話)をお届けしたいと思います。

『信用』に関するお話しです。

コッチで活動しようと思ったら、(当たり前ですが)イチイチ『外国人』として扱われるんですね。
旅行で海外に行く時も勿論『外国人』として扱われるんですけども、それとは違って、「働く」となった時の外国人扱いというのは、なかなか厄介で、「信用が無い」ということをイチイチ思い知らされます。

入り口でいうと、まずは「VISA」を取らなきゃいけないですよね。
ここでは、「お前はアメリカでお金を生めるのか?」みたいなことを問われる。

僕は「アーティストVISA」というものを取得しているのですが、これは映画の賞(国内外の賞)をいただいていたのが大きかったみたいで…つまり“「クリエイター西野亮廣」としての信用”で取得できたVISAで(※自分で言うの凄く恥ずかしい!)、“「キングコング西野亮廣」としての信用”では取得できなかったと思います。
日本だと「日本の有名人」は、それなりの信用があるのかもしれませんが、海外のお仕事シーンでは「日本の有名人」というのは信用にカウントされないんです。

そこから、アメリカで働こうと思ったら「ソーシャルセキュリティナンバー」(日本でいうところの「マイナンバー」)というのを取らなきゃいけなくて、これが無いと何もできないのですが、これを取るときも、「お前、ホントに大丈夫なの?」的な感じで、メチャクチャ足元を見られます。

そこから銀行の口座を開設しなきゃいけないんですけども……銀行の口座も簡単には開設できないんです。
僕の場合は「お前、大丈夫なの?」的な感じで、「クレジットカードの履歴」とかを出すように言われました。
とにかく信用が無いんです。

「お金を貸して!」と言って、お金を返す人間の方が信用される

その銀行の口座開設の流れで、ついでにアメリカのクレジットカードを作っていただいたんですけども(※クレジットカードって世界共通だと思ってた!)、その時に銀行の方に「信用を稼ぐと、いろいろと活動しやすくなるので、“アメリカの”信用を稼いでください」と言われたんです。

メチャクチャ親切な方で、色々と話をしてくださったんですけども、「『信用を稼ぐ』って、具体的に何をすればいいんですか?」と聞いてみたんです。

その答えが銀行マンっぽくて最高だったんですけど、「『借金をして、借金を返す』を繰り返してください」というアドバイスをいただいたんです。

要するに、「クレジットカードでお買い物をしろ」と。
クレジットカードでのお買い物って、一旦はお金を借りている状態じゃないですか?
そこで「お金を借りて、お金を返す」を繰り返して、「あぁ、コイツ、キチンとお金を返すヤツなんだ」と思ってもらって、信用ポイントをあげろ…と彼は言うわけです。

これ、面白くないですか?
借りたものを返しただけなのに、信用ポイントが上がるんです。
逆に言うと、借りなかったら信用ポイントが上がらないんです。

「お金貸して!」って言わない人の方が信用に足る人間っぽいじゃないですか?
そのイメージですよね?
でも、現実は、「お金を貸して!」と言って、お金を返す人間の方が信用されるんです。

アメリカだと「クレジットスコア(信用スコア)」というものがあって、300点から850点の間で採点されるんですけども、この点数が低いと、ローンを組む時とかのハードルがグンと高くなっちゃうんです。

だから、あの銀行マンは「アメリカでの信用を稼いでください」と言ったわけですが、信用の稼ぎ方の一つに「借りたものを返す」「借りないことには信用の創造が始まらない」というのがあって、これに関しては、どこの世界でもそうだなぁと思いました。

 

お知らせ! 西野さんが頑張ります! 『夢と金』大ヒット記念サイン会

日時:2023年6月24日(土)10:30~12:30
場所:芳林堂書店高田馬場店3F階段前特設スペース
詳細はコチラ

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で20万部突破! ビジネス書累計が100万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」

撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【NORA SAURUS】
バンドザウルスの“最初で最後の個展”、スタート!
※会場はコチラ

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 舞台『テイラーバートン』は2日間だけの限定上演です。

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

※これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
6月24日(土)に東京、
6月25日(日)に愛知、
7月02日(日)に東京、
7月05日(水)に福井、
7月06日(木)に大阪、
7月07日(金)に広島、
7月10日(月)に愛知、
7月12日(水)に広島、
7月31日(月)に群馬、
8月02日(水)に静岡、
8月05日(土)に大阪、
8月07日(月)に福岡、
8月09日(水)に東京、
8月10日(木)に愛知、
8月13日(日)に愛知、
8月16日(水)に北海道、
8月21日(月)に京都、
8月23日(水)に秋田、
8月31日(木)に広島、
9月04日(月)に兵庫、
9月11日(月)に福井、
9月13日(水)に島根、
9月25日(月)に青森、
9月27日(水)に神奈川、
9月28日(木)に鹿児島、
10月02日(月)に神奈川、
10月22日(日)にオーストラリアでそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる