MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.06.16

【西野亮廣】宣伝することで嫌われたくない? 「宣伝・集客」には必ず痛みが伴うものだ!――『夢と金』20万部突破した本人が語る

毎度お騒がせしております。キングコング西野です。今回の記事は、毎朝voicyという音声メディアで配信している「#西野さんの朝礼」でお話ししたことから、編集して紹介させていただきます。(※今回の記事を音声で楽しみたい方はコチラ)

今日は『「宣伝」は必ず痛みがともなう』というテーマでお話したいと思います。

【連載  『革命のファンファーレ』から『夢と金』】

第98回 この痛みを背負わないと商品・サービスが届けられないから、煙たがられながらも、宣伝を続ける

西野亮廣

痛みを背負わないと商品・サービスは届けられない

今日は少し耳の痛い話をしたいと思います。

先日、渋谷にある「CHIMNEY COFFEE」というコーヒー屋さんでアルバイトをしたんです。
僕は、ここのコーヒー(カフェオレベース)を毎月購入しているのですが、とにかくCHIMNEY COFFEEのコーヒーがもうベラボーに美味しくて、そのことを一人でも多くの方に知って欲しくて、お店(2号店)の前に立って、「カフェオレベースの手渡し会」なるイベントを開催してみました。
本当にたくさんの方に来ていただいて感謝感謝でございます。
CHIMNEY COFFEEのオンラインストアはコチラ

そんな中、昨日は「カフェオレベースの手渡し会」の後に、CHIMNEY COFFEEのスタッフさんとゆっくりお話しする時間がありまして、いろいろと聞かせていただきました。
その中で、特に面白かったのが彼らの「宣伝・広告」の捉え方です。

「CHIMNEY COFFEEの宣伝は、どんな手を打っているのですか?」と聞くと、「渋谷の1号店に来てくださったお客様に案内を出しています」や「お店の前に出している看板の位置を少し道路から見えやすい位置に移動しました」という答えが返ってきたんです。
「集客活動は、それだけ?」と聞くと、「それだけです」と。

まともに商売をやられている方からすると「ナメんな」という話だと思うのですが、彼らの話から透けて見えたのは、「(宣伝をすることで)嫌われたくない」です。
あるいは「(宣伝をすることで)傷つきたくない」。

打ち手の全てが、「すでに自分達に興味を持ってくれているお客さんへのアプローチ」でしかなくて、外に向けては1ミリも発信していない。

せっかく膝を突き合わせてお話しさせていただいているので、キチンと本音で喋った方がいいと思ったので、そのスタッフさんには「このお店で働くことはもう辞めた方がいいかもしれないし、そして、辞めたとしても、今のあなたはどこに行っても成功しないと思います」とお伝えしました。

というのも、「宣伝・集客」って必ず痛みが伴うんですね。

僕のvoicyにしても「本題に入る前にお知らせです」と言って、リスナーさんにとってみれば「なるべくなら、飛ばしたい時間」があります。
僕としても、この時間をカットできるのならカットしたいですが、だけど僕は作品やイベントのお知らせをしないと食っていけないので、リスナーの皆様にそれなりのストレスを与えながら、「面倒くせえな」と思われながら、宣言の時間を設けています。

テレビのCMにしたってそうですよね。
番組の視聴者には「邪魔者」として扱われてしまう。
だけど、この痛みを背負わないと商品・サービスが届けられないから、そこそこ煙たがられながらも、宣伝を続けているわけです。

自分の職場(仕事)に対して、そういった痛みを背負う覚悟が無いのであれば、とっとと辞めた方がいいし、転職先でも「そういう痛みは背負いたく無いっす」というスタンスでいたら、結局は同じこと。

「価値創造の為の痛み」から逃げるスタッフはチームに要らない

思い出すのは、日本に「クラウドファンディング」という選択肢を作ろうと奔走した日々のこと。

今から12年前ですかね?
当時は、もうビックリするぐらい散々で、「クラウドファンディングという方法があるよ」と言えば、とにかく詐欺師扱いされたんです。
「怪しい」「金の亡者だ」といった感じで。

今と違って当時は、自分がやっているクラウドファンディングのプロジェクトをオンラインで宣伝したところで、誰も見てくれなくて(※「クラウドファンディング」という言葉を知らないから検索しようもなかった)…
その結果、どうしたかというと、路上(屋外)で宣伝したんです。
「今、クラウドファンディングに挑戦中で…」と道ゆく人に声をかけていたんです。

その時は散々な目に遭ったのですが…あれは忘れもしない「原宿駅前」です。
当時、僕の後輩のホームレス小谷という男がクラウドファンディングに挑戦していて、僕と、連続起業家の家入一真さんと二人で、そのクラウドファンディングのプロジェクトを応援していました。

プロジェクトの内容よりも先に、とにもかくにも「クラウドファンディング」という選択肢を持ってもらわないことには始まらないので、道ゆく人に声をかけて、「クラウドファンディング」の説明をしたところ、「怪しい!」「自分で稼げ!」と罵倒され、ついには、顔に唾を吐かれたんです。
何かの比喩じゃなくて、本当に「ペッ!」と顔に唾を吐かれたんです。

あの夜、メチャクチャ悔しくて、唾を吐かれた当人であるホームレス小谷は笑ってましたけど、僕と家入さんは「悔しいな。なんでだよ。絶対に皆の選択肢になるのに、なんでだよ!」と叫んでいました。

自分が所属しているコミュニティー外の人達に、何かを広めようと思ったり、何かを売ろうと思ったり、あるいは、集客をしようと思ったら、こういった痛みは必ず発生するんですね。
ここは避けて通れない。
そして、この痛みから逃げた人から順に、いなくなっていく。

というのも、仕事の本質は「スタッフによる価値創造」であって、くれぐれも、「スタッフの介護」じゃないので。

手厳しいことを言うと、「価値創造の為の痛みから逃げてしまうスタッフ」って、チームには要らないんです。

この記事を読んでいる方には、ビジネスマンがたくさんいると思います。
今日の話は全ての仕事に通ずる話で、ザックリとまとめると「宣伝というものは、痛みを伴うものであり、痛みを伴わない宣伝は宣伝とは呼ばないよ」といったところでございます。

 

お知らせ! 西野さんが頑張ります! 『夢と金』大ヒット記念サイン会

日時:2023年6月24日(土)10:30~12:30
場所:芳林堂書店高田馬場店3F階段前特設スペース
詳細はコチラ

 

お知らせ! 西野亮廣のビジネス書最新刊『夢と金』が大好評で20万部突破! ビジネス書累計が100万部突破!

※Amazonランキング書籍総合1位にも! コチラから

西野亮廣「夢と金」

撮影:鞍留清隆

 

お知らせ! バンドザウルスについて

【NORA SAURUS】
バンドザウルスの“最初で最後の個展”、スタート!
※会場はコチラ

【バンドザウルスのインタビュー 第1回】
全てが謎に包まれた絶滅系アイドル『バンドザウルス』。ラストシングル『隕石、ダメ、ゼッタイ!』に込めた想いとは?
【バンドザウルスのインタビュー 第2回】
デビュー前に販売した5000円のライブタオルが即完! 未だ楽曲を発表しない絶滅系アイドル『バンドザウルス』の葛藤とは!?
【毎日更新! バンドザウルスのインスタグラム】
【バンドザウルスのNFTの購入サイト】
【バンドザウルスのアパレル『Plus Sustaina』のインスタグラム】

 

お知らせ! 舞台『テイラーバートン』は2日間だけの限定上演です。

 

お知らせ! こどもたちに絵本を贈るプロジェクト「『CHIMNEY TOWN GIFT』のNFT」が話題に!

※これは「子供施設に絵本を支援したことを証明してくれるNFT」で、NFTの売り上げで絵本を購入して子供施設にプレゼントします。

 

お知らせ!『西野亮廣講演会』全国各地で続々開催決定!

『西野亮廣講演会』のお知らせです。
下記の都道府県で開催が決まっています。
6月18日(日)に京都、
6月21日(水)に愛知、
6月24日(土)に東京、
6月25日(日)に愛知、
7月02日(日)に東京、
7月05日(水)に福井、
7月06日(木)に大阪、
7月07日(金)に広島、
7月10日(月)に愛知、
7月12日(水)に広島、
8月02日(水)に静岡、
8月05日(土)に大阪、
8月07日(月)に福岡、
8月09日(水)に東京、
8月10日(木)に愛知、
8月13日(日)に愛知、
8月16日(水)に北海道、
8月23日(水)に秋田、
8月31日(木)に広島、
9月11日(月)に福井、
9月13日(水)に島根、
9月27日(水)に神奈川、
9月28日(木)に鹿児島、
10月02日(月)に神奈川でそれぞれ『西野亮廣講演会』がございます。
私、西野亮廣がマイク一本で1時間半ほど喋る変なイベントです。
チケットをお求めの方は、『西野亮廣全国講演会』で検索してみてください。
サロンメンバーさんが作ってくださったイイ感じのホームページに飛びますので、そちらから。
会場によっては、まだ、チケットを発売してなかったりしますが、そのへんはご容赦ください。
講演会開催情報

よろしくお願いします。

西野亮廣氏ポートレイト

西野亮廣/Akihiro Nishino
1980年生まれ。芸人・絵本作家。モノクロのペン1本で描いた絵本に『Dr.インクの星空キネマ』『ジップ&キャンディ ロボットたちのクリスマス』『オルゴールワールド』。完全分業制によるオールカラーの絵本に『えんとつ町のプペル』『ほんやのポンチョ』『チックタック~約束の時計台~』。小説に『グッド・コマーシャル』。ビジネス書に『魔法のコンパス』『革命のファンファーレ』『新世界』。共著として『バカとつき合うな』。製作総指揮を務めた「映画 えんとつ町のプペル」は、映画デビュー作にして動員196万人、興行収入27億円突破、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞受賞という異例の快挙を果たす。そのほか「アヌシー国際アニメーション映画祭2021」の長編映画コンペティション部門にノミネート、ロッテルダム国際映画祭クロージング作品として上映、第24回上海国際映画祭インターナショナル・パノラマ部門へ正式招待されるなど、海外でも注目を集めている。また「えんとつ町のプペル」は、ミュージカルや歌舞伎にもなっている。

●国内最大となる、約4万人の会員数を誇る有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」はこちら
●70万部の絵本『えんとつ町のプペル』のご購入はこちら
●最新絵本『みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~』のご購入はこちら

過去連載記事

この連載をもっと読む

連載
『革命のファンファーレ』から『夢と金』

猛烈な勢いで仮説・検証・実行・改善を繰り返し、多彩なプロジェクトを成功させてきた西野亮廣さん。ベストセラー『夢と金』の著者でもあり、現代の日本において、ビジネスパーソンがベンチマークすべき人物の筆頭といえる西野さんの“今”をお届けする連載。

TEXT=西野亮廣

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

ゲーテ5月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年5月号

身体を整えるゴッドハンド

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ5月号』が3月25日に発売となる。成功者たちを支える“神の一手”を総力取材。すべてのパフォーマンスを上げるために必要な究極の技がここに。ファッション特集は、“刺激のある服”にフォーカス。トレンドに左右されない、アートのようなアイテムが登場。表紙は、俳優・山下智久。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる