MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2023.05.09

日本維新の会・吉村洋文「日本は失敗を恐れている場合ではない」

アスリート、文化人、経営者ら各界のトップランナーによる新感覚オンラインライブイベント「Climbers(クライマーズ)」。その第6弾が、2023年4月26日から3日間にわたって開催され、ビジネスパーソンを大いに熱狂させた。今回、日本維新の会共同代表・吉村洋文さんによる特別講義を一部抜粋して掲載。すべての講義を聴くことができるアーカイブ配信はこちら。※2023年5月2日〜5月15日18時までの無料限定公開。申し込みは画面内右上もしくは下の「視聴登録はこちら」より

吉村洋文

リーダーの条件は「勇気」

リーダーにとって必要なものは何か? まずは結論から言います。必要なのは決断力、判断力、実行力。そしてその上にあるのが「勇気」です。日本人、とくに政治の世界は勇気がないから、前へ進めません。勇気がないから判断に時間がかかるのです。

大阪のIR整備計画は昨年4月に国へ申請し、今年4月に認定されました。認定するだけのことに、なんで1年もかかるのか? そんな状況で、ビジネスなんてできません。“失われた30年”といわれるように、なんの前進もなく時間だけが過ぎてしまいます。

コロナ禍にあたって、僕が大切にしたのは「勇気」のワンワードです。知識や経験は優秀なスタッフが補ってくれるもの。だから僕は勇気をもって判断することに注力したのです。

大阪でコロナ禍が流行し始めた頃、毎日が判断の連続でした。100人の感染者が1週間後に500人になり、2週間後に3000人になった。その状況を受けて、僕は「大阪と兵庫の往来を止めること」を決断しました。府民の命を守るためには往来を減らしたほうがいい。ただ、大阪と兵庫間は1日100万人もの往来があり、これを止めることになれば、多くの府民が影響を受ける。仕事ができずに生活を失ってしまう人が出てくることも予想されます。

でも、僕は往来を止めることに決めました。批判も受けましたし、判断が正解だったかどうかは今もわかりません。

失敗を恐れずチャレンジャーになる

2021年には大阪に野戦病院をつくりました。若い人たちに感染が広まり、自宅で亡くなってしまうというケースが増えてきたためです。若い人が肺炎による酸素不足で亡くなるなんて、あってはならないこと。だから、1000床をもつ野戦病院をつくろうと判断したわけです。

病院が完成した2021年秋にはデルタ株が減り、オミクロン株が主流になったため、若い人が亡くなるという事態はなくなりました。結果として60億円をかけて完成させた病院は7%しか利用されませんでした。高齢者の利用を見込んで介護に対応していたわけでもないので、使えない施設になってしまったのです。

病院づくりは失敗と判断され、僕自身、相当叩かれました。でも、挑戦には成功も失敗もある。だからこそリーダーは、勇気をもって判断していくしかないのです。

日本は「沈んでいく国」と言われています。実際にそう感じている人も少なくないでしょう。でも、日本は「強みがいっぱいある国」だとも思っています。真面目で、人を思いやる心があり、輪をもって行動することが得意で、道徳観や倫理観も高い。日本人は本当に優秀です。

優秀じゃないのが、経営者と政治家。日本が停滞している原因はここにあると思います。経営者も政治家も、責任追及されるのが嫌でチャレンジしなくなっている。

リーダーは勇気をもってチャレンジャーにならなくてはいけない。1回目、2回目がダメでも3回目がある。日本は失敗を恐れている場合ではないのです。

▶︎▶︎吉村洋文さんの講義全文を動画でチェック。
2023年5月2日〜5月15日18時までの無料限定公開。申し込みは画面内右上もしくは下の「視聴登録はこちら」より。※アーカイブ視聴申し込みは5月14日18時まで

 

吉村洋文/Hirofumi Yoshimura
1975年大阪府生まれ。九州大学法学部卒業。2000年に弁護士登録。東京、大阪の法律事務所で勤務。2011年に大阪維新の会から大阪市議会議員選挙に出馬し、当選。2014年に衆議院議員選挙に出馬し、当選。2015年11月、橋下市長の後継として大阪市長選挙に立候補し、当選。2019年に大阪府知事選挙に立候補し、当選。大阪維新の会代表、日本維新の会共同代表を務める。

TEXT=川岸徹

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる