MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.12.08

「この人と仕事をしたい! と思わせたいんです」リーマントラベラー・東松寛文の鉄板手土産3選

広告代理店に勤務しながら、週末を利用して世界各地を旅してきたリーマントラベラー・東松寛文氏。世界中の“おいしい”を知る東松氏が、仕事を円滑に運ぶための潤滑油になる手土産3品を紹介!

リーマントラベラー

誰にでも愛される定番ながら”ひと捻り”あるものを

「手土産の鉄則は、相手に寄り添うこと。週末を利用して海外旅行を始めたばかりの頃、フィリピンの離島で買った雑貨を同僚のお土産にしたことがあるんですが、全然喜んでもらえなくて(苦笑)。今振り返ると、異国の地でテンションが上がった僕が『いい!』と思ったものを、日本で日常を過ごしている人に受け入れてもらうのは難しいですよね」

以来、手土産をはじめ、誰かに何かを贈るは、独りよがりにならないよう相手の好みや状況を考えて選ぶようにしているそうだ。

「ベースは、奇をてらったものではなく誰もが好きそうな定番。それでいて、パッケージが洒落ているとか限定品といったプラスαがあるものをセレクトしています」

クライアントや仕事仲間に手土産を渡す機会も多い東松寛文氏にとって、手土産は、仕事をスムーズに進めるためのサポートアイテムにもなっている。

「これは僕自身の経験ですが、嬉しいと思える手土産を贈ってくれる人は、仕事もできるんですよ。どんなに美味しくても、ひとり暮らしの人に賞味期限が短い生菓子を8個も10個も贈ったら、かえって迷惑。そんなセンスも配慮もない人とは、仕事をするのが不安になりますよね。逆に、相手の期待値を超えてくるような手土産を選べば、評価も上がるはず。手土産は、『この人と仕事をしたい』と思わせるファクトのひとつだと思います」

リーマントラベラー・東松寛文のとっておきの手土産3選

1.
「世界でここだけ」な究極の限定品
木挽町よしや 「リーマントラベラー特製どら焼き」

木挽町よしや 「リーマントラベラー特製どら焼き」

オリジナル焼印は、3~4cm四方に収まるサイズで、製作期間2~3週間、費用¥16,000~20,000前後。オリジナル焼印入りは5個からオーダー可能。どら焼き[1個]¥140(木挽町よしや https://kobikichoyoshiya.com/index.html

日頃お世話になっている相手に最上級の感謝を示すなど、「ここぞ!」という場面で選ぶことが多いのが、1922年創業の老舗和菓子店のどら焼き。それも、「リーマントラベラー」という焼印を入れた、東松氏だけのオリジナルだ。

「『他の人には真似できない究極の限定品を』と探しまくり、見つけたのがこれ。歌舞伎座の裏にあり、歌舞伎役者や芸能人も御用達なだけあって、味そのものも抜群においしいんです。店には、役者さんや企業などいろいろな焼印が飾ってありますが、派手な色を使っているのは『リーマントラベラー』くらいですね(笑)」

2.
5つ星ホテル発というスペシャル感を届ける
マンダリン オリエンタル 東京「ブレンドティー」

マンダリン オリエンタル東京「ブレンドティー」

ホテル内のショップとLUPICIAオンラインショップのみの限定販売。マンダリン オリエンタル 東京「ブレンドティー」[缶入り50g]¥1,944、[ティーバッグ10個入箱]¥1,620(ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ https://www.mandarinoriental.com/

世界中の産地から選りすぐった茶葉が並ぶ「LUPICIA」と、5つ星ホテル、「マンダリン オリエンタル 東京」のコラボから生まれたブレンドティー。中国福建省産の烏龍茶をベースに、ベルガモットで柑橘系の香りをプラスしている。

「ホテルで初めて飲んだ時、ラグジュアリーな香りと味に感動し、以来、鉄板の手土産のひとつになっています。烏龍茶という日常使いできるお茶で、値段もお手頃なので、相手に負担になりません。しかも、世界を代表する一流ホテルのオリジナルティーという特別感もありますからね。仕事でもプライベートでも活躍するアイテムです」

3.
老若男女に愛される定番アイテム
近江屋洋菓子店「フルーツポンチ」

近江屋洋菓子店「フルーツポンチ」

丸い容器に旬のフルーツがぎっしりと詰まっていて、ビジュアルも秀逸。当日販売もあるものの、確実に手に入れるなら予約がおすすめ。フルーツポンチ[箱入り]¥3,402(近江屋洋菓子店 http://ohmiyayougashiten.co.jp/

「その時期やタイミングにしか手に入らないものを渡すと、なお喜ばれます。このフルーツポンチは、毎朝市場で仕入れるその季節ならではの厳選したフルーツを使っていて、季節ごとに違う味が楽しめます。老若男女に好まれますし、大人数で分けられるので、ホームパーティーに持参することが多いですね」

フレッシュフルーツを用いているものの、シロップにつけているため賞味期限が5日と長めなのも手土産向き。1884年創業の老舗らしい、レトロなパッケージにもテンションが上がる。

「実はここ、自宅の近所なんです。思い立った時にすぐに買いに行ける店をいくつか持っておくと便利ですよ」

リーマントラベラー東松

東松寛文/Hirohumi Tomatsu
1987年岐阜県生まれ。神戸大学卒業後、大手広告代理店に入社。社会人3年目に旅に目覚め、10年間で70ヵ国159都市に渡航。2016年、3ヵ月で5大陸18ヵ国の世界一周を達成。週末海外のスペシャリストとしてメディアでも活躍し、『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』『自分の時間の作り方』などの著書がある。

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=舛田豊明

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる