MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.11.19

【長友佑都】ワールドカップが「人生を変える」と思える3つの理由

日本サッカー史上初めて4大会連続ワールドカップ出場を目指す、長友佑都。数々の批判を受けながらも重圧に負けず、それをエネルギーに変換していく、彼のメンタルタフネスの極意とは。2022年11月に上梓した『[メンタルモンスター]になる』より一部抜粋してお届けする。第1回。

長友佑都

写真:JFA/アフロ

激白! 長友佑都にとってワールドカップとは何なのか

僕が感じる幸せを、人生を変えるような経験を多くの人にも感じてもらいたい。

それは偽らざる僕の本心だ。でも、あまりにそれを熱弁するものだから、(堂安)律や(久保)建英といった若い選手たちには「佑都くん、ピュアすぎます」とイジられる。

お前たちもピュアであれよ! と思うけど、彼らにもいずれわかるときが来るはずだ。本当に「人生が変わる」と感じる瞬間があることが。

ただ、FIFAワールドカップを経験できるのはサッカー選手だけだ。

例えばこの本(『[メンタルモンスター]になる』)を手に取ってくれたみなさんに、ワールドカップを目指せば成長できるし、幸せですよ、と言ってもピンとこないかもしれない。

だから多くの人には、僕にとってのワールドカップのような存在を、それぞれの人生の中で見つけてもらいたい。

じゃあ、それってどんなものなのか。僕がワールドカップを「人生を変える」ほどのものだと思える理由は、主に3つある。

ひとつ目は、当たり前ではあるけれど、世界中から注目を浴びる大会であること。

ヨーロッパでプレーをしているとよくわかるけれど、ワールドカップは別格の存在だ。それくらい、ヨーロッパでプレーする選手やスタッフ、サポーター……誰もが楽しみにしていることを肌で感じた。

インテル時代、チームメイトだったコロンビア代表のグアリンが、日本と同組になったことを知って、僕にこう言ってきた。

「8点取るから」

彼とは「相撲」を模したゴールパフォーマンスを一緒にするなど、本当にいい仲だったけど、その冗談の中に本気が混じっていた。チームメイトでも負けないよ、という選手たちがかける思いがそこにある。

実際、その視聴者数はオリンピックをしのぐと言われている。ロシア大会の決勝は、世界で11億2000万人が視聴したそうだ。あまりにすごすぎて、ピンとこない数字だけど、多くの人に注目される偉大な大会であることは、僕を惹きつけてやまない理由のひとつだ。

もうひとつがそのプレッシャーが想像できること。

そんなものを感じて何が楽しいのか、と言われそうだけれど、実際、「楽ラク」なものではない。苦しみやつらさが伴う経験になる。ただ、それを乗り越えた先にある自分は、まったく違う姿をしているだろう、というワクワクが勝る。

三つ目が、その大きな大会で僕が輝けば、多くの仲間に恩返しができること。

仲間とは、自分が苦しいときに支えてくれた存在だ。これまでの僕を支えてきてくれた人たち、家族はもちろん、トレーナーや所属チームのスタッフ、友人、仕事仲間。

僕がいいプレーをすることで、その仲間たちにスポットライトが当たる。いや、僕が輝くことができれば「当てる」ことができる。そして、仲間が喜んでくれる姿を見るときほど、幸せを感じる瞬間はない。

「仲間」の幸せは、自分の喜びや達成感に勝る最大の僕の幸せなのだ。

注目されること、プレッシャーがあること、そしてそこで自身が活躍することで人に光を当てられること。この三つが揃っていたのが、「ワールドカップ」で、僕の「人生を変える経験」となった。

【長友佑都 関連記事】
■ネガティブをポジティブに変換する術(2回目、11/20公開予定)
■困難に陥った時は、「シーン」と「ストーリー」で自分の人生を捉える(3回目、11/21公開予定)
■「固い」メンタルは折れやすい。持つべきは「しなやかで柔らかい心」(4回目、11/22公開予定)

Yuto Nagatomo
1986年9月12日生まれ。明治大学在学中の2006年に選出された全日本大学選抜にて注目を集め、プロ1年目となる’08年にはFC東京でJリーグ優秀選手賞と優秀新人賞をダブル受賞。’10年6月南アフリカで開催されたFIFAワールドカップ大会後、7月からイタリア1部リーグ(セリエA)のチェゼーナに移籍。その後’11年1月、ミラノに本拠地を置くインテル・ミラノへの移籍が決まり、日本だけでなく世界のサッカーファンに衝撃を与える。’18年にロシアで開催されたワールドカップでは、3大会連続となる日本代表メンバーに選出され、全4試合にフル出場し、チームの決勝トーナメント進出に貢献。その後、ガラタサライやオリンピック・マルセイユといった世界的名門クラブを渡り歩いた後、’21年、FC東京に復帰。

長友佑都 新刊・「メンタルモンスター」になる。

「メンタルモンスター」になる。
¥1,650/幻冬舎
予選・本戦を含めた苦闘の歴史と舞台裏。さらに、35歳でトップレベルを維持し続けている秘訣、批判を肥やしにしてエネルギーに変えるメンタルコントロール術など、激動のサッカー人生を振り返る、集大成の一冊!

TEXT=長友佑都

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる