MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.10.24

神楽坂の3つ星「虎白」店主が出合った! 冷やして美味しいほうじ茶

日本茶を世界へ。その実現に向けて中田英寿が試飲を依頼したのは、世界一の美食都市・東京のレストランシーンを率いる料理人たちだった。果たして、HANAAHU TEA(ハナアウ ティー)が世界と戦える勝算はあるのだろうか。東京・神楽坂の3つ星日本料理「虎白」の店主・小泉瑚佑慈氏に訊いた。

小泉瑚佑慈

Koji Koizumi
1979年神奈川県生まれ。専門学校卒業後に勤めた八重洲の割烹で、石川秀樹氏に師事。2003年に石川氏が開業した「神楽坂 石かわ」では右腕として活躍。現在は’08年に開業した「虎白」の店主を務める。2016年版『ミシュランガイド東京』より3つ星を保持し続ける。

中田英寿が手がけたほうじ茶は、吸地や炭の香りに合う逸品

2008年に創業した「虎白」は、厳選食材を自由なスタイルで活かした、現代的な日本料理が人気の3つ星レストラン。コロナ以降に始めたお昼の営業ではノンアルコールを希望するゲストが多く、店主の小泉瑚佑慈氏は以前から出していた京番茶に加え、水出し烏龍茶も提供するようになった。

「食事中に飲むお茶は旨味が強いと疲れてしまうので、旨味は強くないことが大切だと思う。その点、京番茶と水出し烏龍茶は旨味が強すぎなくていい」

そう語る小泉氏は、ほうじ茶も同様にノンアルコールのラインナップに加えたいと考えていたが、冷やしても美味しいものはなかなか見つけられなかった。そんな時に、中田氏から紹介されたのが「HANAAHU TEA」だった。

「試飲した時、まず値段に見合った品格があると感じました。味わいがきれいで旨味が強すぎず、料理を邪魔しない。和食だけでなく、あらゆるジャンルに合うと思います」

「虎白」の料理では出汁や炭焼き、揚物と相性がいいのだとか。

「お椀の吸地には鰹の燻した香りがありますので、ほうじ茶は合うと思います。焼物などの炭を使った料理も、味わいの相乗効果が楽しめそうですね。冷たいほうじ茶のすっきりした味わいは口の中をリセットしてくれるので、油との相性もよさそうです。お客様にも、いろいろな料理とともに楽しんでいただけると思います」

Kohaku
住所:東京都新宿区神楽坂3-4
TEL:050-3138-5225
営業時間:12:00~、17:00〜
定休日:日曜・月曜・祝日
席数:カウンター6席、テーブル18席

【おすすめの関連記事】
日本茶を世界に! 中田英寿が見据える、そのポテンシャルとは
中田英寿がプロデュース! 食事に寄り添う日本茶「HANAAHU TEA」
中田英寿が協力を依頼した、日本茶のスペシャリストとは

TEXT=小松めぐみ

PHOTOGRAPH=太田隆生

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は山﨑賢人。家づくりは究極の大人の遊び、“多拠点邸宅”特集

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ3月号』が1月25日に発売となる。今回の特集は“多拠点邸宅”。人生を楽しみ尽くすための、こだわりの邸宅をご紹介。表紙を飾るのは俳優・山﨑賢人。その他にも伊勢谷友介の器コレクションや俳優・川口春奈へのインタビューなど必読だ。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる