MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2022.09.16

プロ野球の裏側が丸見え!? 「デーブ大久保チャンネル」に豪華OBが集まる理由とは

プロ野球選手、球団監督、そして現在は解説者として活躍の幅を広げる”デーブ大久保”こと大久保博元さん。2020年に開設したYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」では、経営する居酒屋「肉蔵でーぶ」を舞台に、球界の豪華OB陣を迎えたトーク動画が投稿されている。大久保さんのもとに大物たちが集う秘密とは。【特集 仕事に効くYouTube】

「僕は結局野球好きなんです」

新橋にある居酒屋「肉蔵でーぶ」。選手時代は西武ライオンズや読売ジャイアンツで活躍、楽天イーグルスの監督も務めた大久保博元さんは、自身が経営するこの居酒屋を舞台に日々YouTube「デーブ大久保チャンネル」の配信を行っている。

「テレビではできない話ってあるじゃないですか。たとえば、ベンチからピッチャーに『(打者に)ぶつけろ! 』って指示をするのかといえば、実はしているんです(笑)。でもそれは、本当にぶつけろ、怪我をさせろということではなくて、バッターをのけぞらせるくらいの気持ちで内角を攻めろという意味。実際、狙ってぶつけるのって難しいんですよ。それだけの技術やメンタルを持っているピッチャーはほとんどいないですからね。こういう話ってテレビだと問題になる可能性があるけど、YouTubeなら遠慮なくできるでしょ。そういうのがやっぱり楽しいですね」

元プロ野球選手のYouTubeチャンネルは数多くあるが、そのなかでも登録者数33万人と屈指の人気を誇る理由は、とにかく豪華で多彩なプロ野球OBのゲスト陣。清原和博、江夏豊、中畑清、秋山幸二、谷繁元信など名球会クラスの元選手から、パンチ佐藤、愛甲猛、羽生田忠克など”記憶に残る”元選手まで。ときには、コーチやスコアラー、プロ野球の中継担当者など、裏方まで登場。昭和から平成、現在に至るまで野球に関するさまざまな話題で毎回盛り上がっている。

「肉蔵でーぶ」店内に飾られている、チャンネル登録者数10万人を記念して贈呈される「銀の再生ボタン」。2022年9月現在には、登録者数33万人を突破している。

「キヨ(清原)がゲストに来たときは、150万再生を超えたのかな。もちろん彼のような人気選手、有名選手が出てくれれば数字は上がるんでしょうけど、そこにはこだわっていないんです。まずは自分が楽しむこと。そして観てくれる人が喜んでくれること。あまり活躍できず二軍生活が長かったような選手とか、若い人はまったく知らない昔の選手とか、そういう人たちにもどんどん来てもらう。それを観て、たったひとりでもいいから、その選手のファンだったって人が喜んでくれたら、それでいいかなと。結局僕は野球が好きなんですよ。その魅力、楽しさを少しでも多くの人に伝えたい。だから数字も気にしないし、再生回数がいくつで、それによってどのくらいの収入があるのかもまったく知らないです」

大久保氏

「デーブ大久保チャンネル」屈指の人気回。元巨人・清原和博さんをゲストに招き、球界の裏話を赤裸々に語った。再生回数は168万回を超えている(2022年9月現在)。

「デーブ大久保チャンネル」がスタートしたのは、2020年6月。コロナ禍で居酒屋は休業を余儀なくされ、’10年に開講した野球塾「デーブ・ベースボール・アカデミー」も休講状態が続いていた。

「暇はたっぷりあるのに稼ぎがない状態。なんとかしなきゃなと思っていたときに、事務所の社長である息子(泰成さん)から『YouTubeをやってみないか』と言われたんです。それまで僕にとってYouTubeは観るもの。大食いのチャンネルとかが好きでよく観ていました(笑)。他のプロ野球OBがやっているチャンネルにゲストで出たりしたこともあったけど、自分がやるという発想はなかった。でも時間は余っていたし、家でゴロゴロしている野球ファンの暇つぶしになればいいかなというくらいの気持ちで始めました」

“居酒屋トーク”で語られる赤裸々なエピソード

当初は、自分の現役時代、楽天イーグルス監督時代の思い出話などのひとり語りがメインだったが、長嶋一茂をゲストに迎えたことを皮切りにプロ野球OBのゲスト出演が増えていくことになる。

「YouTubeのルールもなんにも知らない状態で始めましたから、最初は試行錯誤ばかり。それでもキヨみたいに自分から『デーブさんのYouTubeに出たい』と言ってくれる人たちもいて、徐々にいまの形ができあがっていった。居酒屋の経営もそうでしたけど、やっぱり“カタチ”ができるのには2年くらいかかりましたね」

ゲストと交わされるのは、まさに“居酒屋トーク”。若き日のやんちゃなエピソードやロッカールームでの出来事、レジェンドプレイヤーの裏の顔など、テレビでは語られないようなコンプライアンスぎりぎりの話は、いつまで聞いていても飽きることがない。収録は毎回100分以上。2時間を超えることも珍しくないという。

「愛甲さんのときは、午後1時から始まって終わったのが7時(笑)。お客さんが入ってきても話が止まらなかった。プロ野球選手って話し好きの人が多いんですよ。しかも昔の話になると延々喋り続ける。話を引き出すのにコツはいらないですよ。だって僕が好きで、話を聞きたい人しか呼んでないから。誰を呼ぶかは、毎回スマホの電話帳を見て決めています」

デーブさんのスマホの登録者数は、1871件。そのうち3分の1以上が選手も含めたプロ野球関係者だという。

「スマホを眺めながら、『あ、久しぶりにこの人に会いたいな、話したいな』と思ったらすぐ電話します。基準はありません。有名とか無名とかまったく気にせず、そのときの思いつき。有名なOBのほうがいいのかもしれないけど、事務所の社長は息子なので、そんなことはまったく気にしない。息子もなにか言おうものなら、文句あるなら自分で呼べよって言われるのが分かってるんでしょうね(笑)」

■【デーブ大久保】やんちゃな野球仲間たちの”非常口”になりたい(9/17公開予定)

Hiromoto Okubo
1967年茨城県生まれ。’84年にドラフト1位で西武ライオンズに入団。’92年に読売ジャイアンツにトレード移籍。’95年のプロ野球引退後、2008年に西武ライオンズでコーチとしてチームの日本一に貢献。’12年からは東北楽天ゴールデンイーグルスの打撃コーチ、二軍監督を経て’15年に一軍監督に就任。同年限りで辞任後、’16年からは野球解説者として活躍する一方、東京都新橋に居酒屋「肉蔵でーぶ」を経営。’20年から開設したYouTube「デーブ大久保チャンネル」では、居酒屋「肉蔵でーぶ」店内で、幅広いプロ野球関係者のゲストを招くトーク動画を配信している。

【特集 仕事に効くYouTube】

TEXT=川上康介

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

ゲーテ1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

ゲーテ1月号表紙は松田翔太。エグゼクティブを刺激するスノーリゾート&時計の2大特集。

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]1月号が2022年11月25日に発売となる。本格的なウィンターシーズンの到来に向け、今月号はスキーリゾートを大特集。さらに、新作タイムピースをピックアップした時計特集ほか、新ビジネスを始めた松山ケンイチ、松田翔太のインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる