GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.05.19

酒屋顔負け! ワインホリックな医師が収集した3000本超の名品とは?

田中克幸氏

ソムリエやインポーターも唸る品揃えのセラー。若い頃は自宅の1室をセラー代わりにしていたことも。

生涯かけて仲間と味わう3000本超のワインストック

「医者というのは、何でも研究してみたくなるもの。書物に書かれているワインの味は、どんなものなのかと"研究対象"として集め始めました」

そう語るのは、外科医であり、桜幸会さくらクリニック理事長の田中克幸医師。6年前に建てた自宅には、酒屋顔負けの巨大セラーがあり、30年にわたって集められた3000本以上の名品が揃えられている。

3000本が眠るセラー

現在3000本が眠るセラーはすでに満杯。ワインのほかにも日本酒やお手製の梅酒なども。

20代で出合った"ワイン研究"は仕事同様に生涯のテーマとなり、ブラインドでも高確率で畑までを言い当てる。その正確な舌と知識、膨大なコレクションを体感したいと、多くの有名シェフやソムリエが、田中氏の自宅を訪れる。フレンチの名店「レストラン キノシタ」の木下和彦氏やミシュランを獲得した「カンテサンス」の岸田周三氏、「ル・ブルギニオン」の菊地美升(よしなる)氏などと豪華な顔ぶれだ。

「ワインは僕にとって、友人をつくってくれた大切なもの。一緒に料理を楽しみ、好きなものを好きな人たちと語り合う。人生のかけがえのない時間です」

ブルゴーニュのワインがずらっと並ぶ

アンリ・ジャイエやエマニュエル・ルジェなどブルゴーニュのワインがずらっと並ぶ。

ワインは一期一会だから買わずにはいられない

田中氏が忘れられない1本として挙げるのは、20年ほど前に飲んだ、ブルゴーニュで最も偉大なドメーヌといわれるアルマン・ルソー、マジ・シャンベルタンの1985年。

「こんなに薫るワインがあるのかと、衝撃的でしたね」

シャンパーニュの棚

シャンパーニュの棚、手前のアラン・ロベール メニル レゼルヴは、今飲むのを楽しみにしている1本。

以降ブルゴーニュにとりつかれ、時間を捻出してはブルゴーニュの地図を眺める日々が始まった。しかし当時は大学病院勤務、当直も多く緊急オペに呼ばれることもあり、ワインを嗜む余裕はなかった。それでも「いつか飲みたい」と思うものを見つけるたび、買い続けていた。

「ワインは一期一会ですからいいものを見つけたら、手に入れたい。当時は1本1万円を超えないものでもいいものに出合えました」

専門誌「ワイナート」は創刊号から

雑誌や書物から、ワインに興味を持ったという田中氏。専門誌「ワイナート」は創刊号から揃えられている。ワインジャーナリストの田中克幸氏とは同姓同名。

アラン・ロベールや、カリュアド・ド・ラフィットをはじめ、当時3000〜5000円で購入していたものが、今もセラーの中で熟成され、現在価格は当時の30倍近くになり、田中氏の舌に触れる日を待っている。

「20年前に自分で買ったワインがこんなに美味しくなるんだと、自分でその歳月ごと味わえるというのはとても嬉しいこと。でもね、私はひとりでは飲みません。自分で熟成させたワインを仲間たちと飲むから、幸せを感じられるんですよ」

思い出のヴィンテージワインボトルやラベル

エントランスには、過去に仲間とともに嗜んだ思い出のヴィンテージワインボトルやラベルが飾られ、訪れた人を迎える。

 

田中克幸のWine Profile

好きなワインの傾向

ブルゴーニュを中心に、世界中のワインを研究中。

ワインの師匠

ザ・ワインギャラリー代表成田忠明氏、エレヴァージュ サードオーナー吉田岳史氏、ボナペティオーナー西澤建氏、銀座おのでらシェフソムリエ市村暢央氏

“ワインホリック”なエピソード

ブルゴーニュへ行ったことはないが、畑の風の抜け具合が頭に入っている。

 

自分へのご褒美

グラン・エシェゾー 1996 ルネ・アンジェル

グラン・エシェゾー 1996 ルネ・アンジェル
約¥210,000
当主の死後売りにだされた畑はロマネ村の畑として最高額で取引。「友人と語らいつつ飲みたい」

ツウな人に振る舞う

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ブード 1986 ジャン・グリヴォ

ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ブード 1986 ジャン・グリヴォ
約¥21,000
ツウと飲みたいのは長期低温浸漬を採用し異端児と言われたギィ・アッカがコンサルした1本。

生涯最後に飲むなら

ヴォーヌ・ロマネ クロ・パラントゥ 2000 アンリ・ジャイエ

ヴォーヌ・ロマネ クロ・パラントゥ 2000 アンリ・ジャイエ
約¥1,600,000
アンリ・ジャイエを通し多くの仲間ができたという田中氏。思い出のワインを生涯最後に。

今注目の1本

ムルソー クロ・デ・ブシェール 2017 ドメーヌ・ルーロ

ムルソー クロ・デ・ブシェール 2017 ドメーヌ・ルーロ
¥46,200
大半が顧客リストで完売するため輸入が少なく希少。「周りにも評判がよく気になっています」

 

Katsuyuki Tanaka

Katsuyuki Tanaka
1959年埼玉県生まれ。韓国の中央大学校医科大学を卒業したのち、大学病院に勤務。‘99年に誠弘会池袋病院外科部長、2003年に至仁会圏央所沢病院副院長をつとめ、’04年桜幸会さくらクリニックを開院。

TEXT=安井桃子

PHOTOGRAPH=古谷利幸

PICK UP

STORY

MAGAZINE

12月号 Now on sale

ゲーテ12月号は三代目 J SOUL BROTHERS特集! 全42ページのフォトストーリー&インタビュー! 挑戦を語る

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

12月号 Now on sale

ゲーテ12月号は三代目 J SOUL BROTHERS特集! 全42ページのフォトストーリー&インタビュー! 挑戦を語る

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]12月号が10月25日に発売。三代目 J SOUL BROTHERS特集のほか、スニーカー特集もお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる