GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.04.13

新感覚ゲーム「ファンタシー・スポーツ」でドリームチームを結成できる快感を

Neo Sports

リアルスポーツの成績で競う!

1960年代にアメリカで生まれた「ファンタシー・スポーツ」。参加するユーザーそれぞれが、実在するプロ選手を好きに選んで架空のチームを結成し、その選手たちの実際の試合成績をポイント化して集計。その合計点を競い合うというゲームだ。

チーム結成以外に、1対1の対決結果を予想する「ネメシス・タイプ」や規定のミッションを連続でクリアする「ストリーク・タイプ」など、さまざまなスタイルがあり、チームスポーツだけでなく個人競技でも行われている。ネットの普及で愛好家は世界に広がり、アメリカでの市場規模は2兆円を超える一大産業へと成長した。

その劇的な面白さにいち早く魅了され、日本で普及すべく、Neo Sportsを立ち上げたのが、代表取締役社長を務める島田佳和氏である。

「ファンタシー・スポーツを知ったのは今から20年ほど前。NBAやNFL、MLBを観戦するのが好きでアメリカのスポーツ専門サイトをよくチェックしていたのですが、そこで目にしたのがファンタシー・スポーツのバナーでした。試しにやってみたら、とにかく面白い! たちまちハマりました」

ファンタシー・スポーツ専門誌

本場アメリカでは、ファンタシー・スポーツ専門誌が発売され、数多くの運営会社が存在するなど、巨大市場に。「なかには賞金100万ドルを掲げる運営会社もあります」(島田氏)

魅了された理由のひとつは、自分だけのドリームチームを結成できるという点。例えばMLBなら、投手はエンゼルスの大谷翔平選手で、外野手にシンシナティ・レッズの秋山翔吾選手をセレクトといった具合いだ。

「勝てるチームをつくるために前シーズンのデータや評判を自分なりに分析するのですが、それ自体すごく楽しいんですよ。選んだ選手が活躍したり、ポイントが貯まって賞品が得られるのも嬉しいですね。選手のケガなど運も関係するなど、データだけでなく、自分の直感が試されるのも魅力だと思います」

シーズンオフに選手の情報を収集して分析し、シーズン中は試合観戦はもちろん、試合終了後に“自分だけのドリームチーム”所属選手の成績をチェックするなど、「一年中そのスポーツを楽しめるようになった」とも。島田氏はこうした自らの体験から、「ファンタシー・スポーツが日本で広まれば、日本のスポーツ界がもっと活性化するのでは」と考え、そのサービスを提供する会社を起業したのだ。

“スポーツ好き”以外をファンに取りこむ手段に

「ファンタシー・スポーツは、知識や情報を収集し、分析し、推理するという知的なゲーム。なので、それまでスポーツと無縁だった方々にも関心を持ってもらえると思います。実際アメリカでは、ファンタシー・スポーツを通じてスマホ世代の若者たちがゴルフに興味を持つようになったと言われているんですよ。従来のファンにしても、好きなチームや選手以外の情報を入手すべく、各チームの公式サイトや試合をまめに見るなど、業界自体が盛り上がるのではないかと期待しています」

独自の予想ゲームを企画

’19年開催の「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19 FANTASY ONEonONE」や「PGA CHAMPIONSHIP Fantasy NEMESIS」では、二者択一の設問を用意し、成績に応じて賞品を提供。前年に次いで行われた「RIZIN.20」では、全出場選手から勝者5名を予測してドリームチームを結成し、獲得ポイントに応じて賞品を得られるなど、より本格化した。読売新聞社と共催の「INNING KING」は、巨人戦の勝敗や各イニングの得点などを予想。本場に近いスタイルで実施される。

そんな島田氏の想いが伝わったのだろう。会社設立翌年の2019年には、Bリーグ、日本プロゴルフ選手権、RIZINを舞台にファンタシー・スポーツのシステムを開発。’20年に、読売新聞社との共催で立ち上げた巨人戦リアル予想ゲームは、今シーズン、さらに内容を充実させて展開するなど、順調に進んでいる。

「クリアすべき法律は多々ありますが、いずれは参加費を募って大きな賞金が得られるようにし、集めた参加費をチームや選手に直接還元できる仕組みをつくりたいと考えています。ファンタシー・スポーツを普及させることで、自分を楽しませてくれたスポーツに少しでも貢献できれば嬉しいですね」

 

Policy of Shimada

01. 変化を起こしながらビジネスチャンスをつくる
02. 経歴などだけでなく直感を信じてチームづくりを
03. 利益追求よりも社会のためになる仕事を志す

 

Yoshikazu Shimada

Yoshikazu Shimada
Neo Sports 代表取締役社長。1970年神奈川県生まれ。アメリカ・ユタ州立大学に留学し、帰国後ワーナー・ミュージックやレッドブル・ジャパン等に勤務。2012年~’17年衆議院議員を二期務め、’18年から現職。

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=筒井義昭

PICK UP

STORY

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

ゲーテ9月号COVER

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

9月号 Now on sale

ゲーテ9月号の表紙は本田圭佑、総力特集は「最高の仕事を生む椅子」。トップランナー20人が愛でる一脚とは?

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]9月号が7月26日に発売。総力特集は、「エグゼクティブは椅子にこだわる! 最高の仕事を生む椅子」。表紙の本田圭佑をはじめ、各界で活躍するトップランナー20人が愛でる一脚と、そのストーリーに迫る。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる