GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2021.03.25

【アイヴァン】羽鳥慎一「眼鏡=道具ではなく、生活にプラスを与えるモノ」

1972年の設立以来、一貫して日本(福井県・鯖江)製の高品質なアイウエアを生み出し続ける「EYEVAN」。その眼鏡をかけた熱き男たちを写真家・操上和美が撮り下ろす連載「男を起動させる眼鏡#28」。

PERSON 28
フリーアナウンサー/羽鳥慎一

羽鳥慎一氏

羽鳥氏が装着する眼鏡は、EYEVAN「Colon」¥34,000

「私がお洒落な眼鏡に興味を持つなんて……」

「こんなにお洒落な眼鏡をかけたのは初めてですよ」と苦笑する羽鳥慎一氏。といっても眼鏡経験が乏しいのではない。むしろ逆で、眼鏡は生活必需品として長年使用してきた。実は多くの人々がテレビなどで見る姿は、コンタクトレンズを装着した、いうなれば“よそゆき仕様”の羽鳥氏であり、帰宅して眼鏡をかけた状態が“プライベート仕様”の羽鳥氏なのである。

「テレビ局でメイクをする前に、コンタクトレンズを装着することで仕事モードに切り替えます。そして帰宅して眼鏡に変えると、『ハイ、仕事は終わり』という気持ちになれる。それくらい私のなかでは、眼鏡がスイッチになっています」

そのためこれまでは、見栄えよりも機能性を重視してきた。過去に数回、目の調子が悪く、眼鏡をかけてテレビに登場したことがあったが、その時は準備が整う前に本番が始まってしまったような妙な感覚があったそう。

「眼鏡をとらないと、どうしても気持ちがオンにならないんです」と話すが、今回の眼鏡選びでは、これまで手に取ったことがない、ボストンシェイプのColonというモデルを選んだ。

「私にとって眼鏡は道具なので、フレームは黒で、視界が広いスクエアタイプばかりをかけていました。けれど、今回はプロが見立ててくれたこともあって、今まで選んだことがない眼鏡に出合うことができました。デザインや色、肌なじみなどの視点から眼鏡を選ぶなんて、初めての経験でしたね」

羽鳥氏は基本的にモノには頓着がないタイプである。しかしこれまで100%道具だった眼鏡を、“楽しむモノ”として認知したのだ。

「こういう眼鏡なら、コンタクトレンズ+伊達眼鏡でファッション的に楽しめそうですし、テレビに出てもいいかもしれません。こんな私がお洒落な眼鏡に興味を持つなんて……、古くからの友人や知人が聞いたら驚くでしょうね。しかし今までなかった新しい興味が湧いてきたのは事実です。眼鏡=道具じゃない。普段とは違った一面を見せられる大人のアクセサリーであり、生活にプラスを与えられるモノなのだと、恥ずかしながら初めて気付かされました」

あまりにも身近な存在であったがゆえに見落としていた“眼鏡を楽しむこと”に、羽鳥氏はついに出合ったのだ。

Shinichi Hatori
1971年埼玉県生まれ。大学卒業後、日本テレビにアナウンサーとして入社。2011年に退社しフリーに転向。現在、情報番組「羽鳥慎一 モーニングショー」(テレビ朝日系)で司会を務めるほか、バラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」「人生が変わる1分間の深イイ話」(ともに日本テレビ系)に出演している。

問い合わせ
EYEVAN PR TEL:03-6450-5300
http://eyevaneyewear.com

TEXT=篠田哲生

PHOTOGRAPH=操上和美

HAIR&MAKE-UP=坂本志穂

PICK UP

STORY

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

表紙5月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

5月号 Now on sale

最強の相棒とともにアドレナリン全開! ゲーテ5月号はタフな服&クルマ特集

3月25日(木)発売『ゲーテ5月号』の表紙は武井壮。総力特集では、タフをテーマに服・モノ・クルマを大特集。ほか、スポーツビジネス最前線や長嶋一茂の新連載エッセイもお見逃しなく!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる