MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2020.07.11

【市川海老蔵】操上和美が撮り下ろした、希代の歌舞伎役者の眼差し

撮影とは魂のぶつかり合い。操上の写真には、写真家と被写体という関係性を超えた特別な想いが写しだされている。

「創造と破壊が混在する表現者」

雑誌『ゲーテ』(2019年)での1枚。「歌舞伎役者ということもありますが、海老蔵さんは目が独特。誰かにコントロールされるのではなく、自分の力で突き進んでいきたいというエネルギーに満ち溢れています。人間としても、とにかく豪快でパワフル。若い時は特にすごかったですね(笑)」(操上)

Message from 市川海老蔵

Ebizo Ichikawa
1977年東京都生まれ。’83年に初お目見得。’85年七代目市川新之助を名乗り初舞台。歌舞伎だけでなく舞台やドラマ、映画などでも人気を博す。2004年に十一代目市川海老蔵を襲名。

PHOTOGRAPH=操上和美

PICK UP

STORY 連載

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

ゲーテ7月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE 最新号

2024年7月号

恍惚レストラン ゲーテイスト2024

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌『ゲーテ7月号』が2024年5月24日に発売。今号は、“美食四兄弟”が愛してやまない恍惚レストラン。 秋元 康・小山薫堂・中田英寿・見城 徹がこの一年の間に通ったベストレストランを紹介する。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER ゲーテサロン

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる