GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2020.05.04

【アイヴァン】熊谷正寿「身近な習慣こそ人生の質を向上させる鍵」 男を起動させる眼鏡#14

1972年の設立以来、一貫して日本(福井県・鯖江)製の高品質なアイウエアを生み出し続ける「EYEVAN」。その眼鏡をかけた熱き男たちを写真家・操上和美が撮り下ろす連載。

PERSON 14
GMOインターネットグループ代表/熊谷正寿

熊谷氏が装着する眼鏡は、EYEVAN「Lautner」¥43,000

眼鏡を所持するものの、常用するほどではないという熊谷正寿氏。プライベートにおいて飛行機や船舶を操縦する際、リスク回避のため使用することがあるのだそう。

「夕暮れなど薄暗い時などは、特に視界を確実にする必要があるのです。それ以外はほとんど使用していません。そもそも帽子などを含め、頭や顔にアイテムを着けることに馴れていないんです。とはいえサングラスに頼ることはあります。どちらかというと変装の意味合いが強く、映画『メン・イン・ブラック』的な黒縁の大振りタイプを使用しています(笑)」

そのようなギアとしてではなく、お気に入りの服を選ぶように眼鏡をチョイスしたのは今回が初めてだと熊谷氏。

「この軽妙なトーンのゴールドカラーが気に入りました。非常に美しく顔なじみも抜群。実はこのシャンパン系のゴールドは“グリージョ・イングリッド”を想起させる僕の大好きなカラー。自家用のヘリコプターやクルマもこのゴールドに塗り替えているほど」

聞けば“グリージョ・イングリッド”とは、かの女優、イングリッド・バーグマンと結婚した映画監督のロベルト・ロッセリーニが、彼女にプレゼントするフェラーリをバーグマンの瞳のカラーにしたいとオーダーしたことで生まれたカラー。

「ネット時代と呼ばれる昨今は、まさに“共感”の時代。それゆえ『カッコいい』『素敵』という感情が非常に重要になってきます。僕も自ら積極的に『美しい』『カッコいい』と感じる事物を日頃から突き詰めるようにしています。そしてそれは、アインシュタインの『人類最大の発明は複利だ』という言葉に繋がります。人間の行動の約9割は日々の習慣の繰り返し。つまり良い習慣を身に着けておくだけで、二次曲線的に人生の質は向上させられると僕は考えているのです。ゆえに良い習慣を生むベースとして、心から『美しい』『カッコいい』と思える環境作りは欠かせません。それらの要素で満たされた生活は、穏やかかつ余計な雑念の入り込む余地がないからです。結果的に仕事に集中できるはずだと僕は信じているのです」

Masatoshi Kumagai
1963年長野県生まれ。東証一部上場企業である、GMOインターネットグループを率いる。上場企業9社を含む、グループ114社、従業員5,995名。ヘリコプターのパイロット免許に続き、飛行機のパイロット免許の取得を目指している。

問い合わせ
EYEVAN PR TEL:03・6450・5300
http://eyevaneyewear.com

TEXT=長谷川 剛

PHOTOGRAPH=操上和美

HAIR&MAKE-UP=三輪昌子

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる