GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2019.07.14

【安藤忠雄】建築家は図面で語る! 世界のANDOの手描き設計図面が公開中!!

東京・湯島で注目すべき展覧会が開催中だ。文化庁国立近現代建築資料館での「安藤忠雄 初期建築原図展−個の自立と対話」は、世界のANDOの1990年ごろまでの手描きの設計原図を展示。建築好き必見の展覧会だ!

安藤図面

「安藤忠雄 初期建築原図展−個の自立と対話」開催

世界的建築家の安藤忠雄さんが、1969年に自身の建築事務所を開いてから90年代前半へ至るまでの時期に、国内で実現した建築作品の手描き設計図面やスケッチを、一堂に並べた展覧会を開催している。

「住吉の長屋」「小篠邸」「六甲の集合住宅Ⅰ」「TIME’S Ⅰ」「城戸崎邸」「水の教会」「光の教会」……。初期の代表作の原図を目の前にすると、「この図面から、あの名建築が立ち上がっていったのか」と、深い感慨が押し寄せる。

安藤図面

「住吉の長屋」の原図

CAD(Computer Aided Design)の略で、コンピューターを使って設計するためのソフトやシステムのこと)導入以前の時代であり、図面がすべて手描きであることも、味わい深さをいっそう際立たせている。

「当時は事務所も小さくて、スタッフ総出で図面を描きました。自分も含めて皆、若くて元気があったから、夜も寝ずに夢中で描き続けた。こうして会場を眺め渡すと、よく描いて、よくつくったなと改めて思います」

そう語るのは、開催を前に会場を訪れた安藤忠雄さんご本人の弁。

安藤原図

レセプションで挨拶をする安藤忠雄さん。

会場の国立近現代建築資料館は、日本の建築資料の保存と公開を担うために設けられたもので、安藤さん自身も設立に尽力した。

「日本の建築は、総合的にみて大変レベルが高い。基礎的な資料を伝え残すことは、重要な仕事だと常々思っていましたから」

と、同施設の意義を教えてくれた。このたび展示されている建築図面はまさに、実務上欠かせぬものであるとともに、後世へ残すべき貴重な資料の実例だ。

くわえて図面とは、端的に美しい。線を引いた人の思いがダイレクトに伝わってくる優れた「作品」でもある。会場に身を置いていると、そんな実感も沸いてきた。

安藤さんも今展に寄せて、ちょうどこんな言葉を残している。

「1枚の図面の中に設計者の意思を凝縮させたい。図面は設計者の言葉だ」

なるほど深く納得させられる。建築に全身全霊を傾けてきた建築家のみが話せる「美しき言葉」に、ぜひ耳を傾けてみたい。

安藤原図

安藤忠雄 初期建築原図展−個の自立と対話
会場:文化庁国立近現代建築資料館(東京都文京区湯島4-6-15 湯島合同庁舎内)
会期:2019年6月8日(土)~9月23日(月)
開館時間:10:00~16:30
休み:なし
料金:無料
※土・日・祝日は隣接する都立旧岩崎庭園(一般400円)からのみ入場可能。

TEXT=山内宏泰

PICK UP

STORY

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

2021年1月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

1月号 Now on sale

キーワードは隠れ家!? 新しい時代の邸宅特集/表紙 近藤真彦

11月25日発売の「ゲーテ1月号」は新しい時代の邸宅特集! そのほか「仕事に効く”個性派”高級ウォッチ」や「賢者8人が選ぶ!秘蔵ワインリスト」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる