GOETHE

MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

PERSON

2018.06.07

AFURI 中村比呂人 波乗りに投影される人生の縮図

一生ものの趣味として、サーフィンを選んだ中村氏。 楽しみ方の変化には、彼の人生が投影されていた。

afuri-nakamura

「自分に関わるすべての人をリスペクトできているか、それを再確認する場です」

サーフィンに魅せられる理由を、そう語るらーめん店グループ、AFURI代表の中村比呂人氏。始めたばかりの頃は、どれだけ大きい波に、格好よく乗れるかを意識していたという。いわば、自分や自然との戦いの場でもあった。

それが、がむしゃらに働いていた創業時は、ストレス発散と同時に癒やしの時間に変化し、20 代後半以降は、自分が好きなスタイルに徹するように。そして今は、波に合わせて板や乗り方を変える、余裕のある遊び方となった。

サーフィンとの向き合い方は、その時々の中村氏の生き方を反映しているかのようだ。

「自然はもちろん、人のこともリスペクトするのがサーフィン。僕が、AFURIに関わるすべての人にニュートラルに接することを心掛けているのは、サーフィンでその大切さを学んだことが大きいです。今は、サーフィンが自分の軸がぶれていないかを再確認する場になっているのかもしれません」

afuri-nakamura

友人に誘われ、ハワイにサーフトリップ。

Hiroto Nakamura
1975年神奈川県生まれ。2001年、神奈川県阿夫利山の麓に「ZUND-BAR」をオープン。’03年「AFURI恵比寿」を開業し、現在国内10店、アメリカ・ポートランドに2 店展開し、今夏、ポルトガルにも進出。

TEXT=村上早苗

PHOTOGRAPH=石丸智仁

PICK UP

STORY

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

ゲーテ4月号表紙

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

4月号 Now on sale

創刊15周年特別号! 人生の決戦にチカラを与える、仕事人の勝負アイテムを大特集/表紙 宮本浩次

2月25日発売の「ゲーテ4月号」は創刊15周年特別号! 表紙を飾るのは、エレファントカシマシのボーカリストであり、現在ソロ活動中の宮本浩次。総力特集は「勝負」にフォーカス! アグレッシブに仕事に打ち込む者たちの傍らには、活力を与え続けてきた勝負アイテムがある。闘う仕事人たちの相棒と、その勝負論に迫る! そのほか「勝負下着特集」や「時計特集」、新連載「JRA競走馬の成長秘話 走れ! ゲーテ号」も必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

Salon Memberになる