MAGAZINE &
SALON MEMBERMAGAZINE &
SALON MEMBER
仕事が楽しければ
人生も愉しい

TRAVEL

2022.12.27

ニセコに新規開業! 「雪ニセコ」のスイートルームに泊まってみた

2022年12月1日、北海道・ニセコ町にラグジュアリーホテル「雪(せつ)ニセコ」が、冬のグランドオープンを迎えた。パウダースノーで人気のスキー場「グランヒラフ」へのアクセスがよく、冬のアウトドアアクティビティを楽しむのには絶好の場所。その立地のよさだけでなく、温泉やスパトリートメント、ダイニングも話題だ。今回は「2ベッドルーム・スイート」に滞在し、冬のリゾートホテルステイを存分に味わった。

ヒラフエリアの中心地に建つ雪ニセコ

ヒラフエリアの中心地に建つ「雪ニセコ」。

ニセコの新たなラグジュアリーホテル

北海道・新千歳空港からクルマで約2時間半で到着するスキーリゾート「雪(せつ)ニセコ」。ホテルのエントランスに足を踏み入れると、大きな暖炉が配されたラウンジが迎えてくれ、窓の外には、雄大な羊蹄山。ここで一気にリゾート気分が盛り上がる。

館内の至るところに地元のアーティストを中心とする作品が配され、ロビーから客室へ、レストラン、温泉へと移動するたびにアートを楽しむことができるのも嬉しい。

羊蹄山を窓の外に臨む、雪ニセコのエントランスロビー。

羊蹄山を窓の外に臨む、エントランスロビー。

家族での長期滞在もワーケーションも快適に

館内デザインを手がけたのは、世界の建築家Top100に選ばれている「W-Architects」のマネージングディレクター・モク ウェイウェイ(Mok Wei Wei)⽒。客室は優美な和の意匠と現代的なラグジュアリーを融合させた、快適な居住空間となっている。

全190室ある客室は、カジュアルなスタジオタイプから、1、2、3、4ベッドルーム・スイート、ペントハウスまでと幅広い。今回、滞在したのは「2ベッドルーム・スイート」。海外ゲストの多くが5泊以上するというから、この客室タイプが最も多い88室というのもうなづける。

雪ニセコの「2ベッドルーム・スイート」1泊1室(5名まで)¥64,000~(税、サービス料込み)。

「2ベッドルーム・スイート」1泊1室(5名まで)¥64,000~(税、サービス料込み)。

広いリビングに2つのベッドルーム、バスルーム・洗面も2カ所、それぞれのベッドルーム付近にあり、プライバシーが適度に守られる。2世帯で、あるいは、親しい友人同士での利用に最適な造りだ。

和室スペースもあり、外国人はもとより、日本人ファミリーにも人気だというのにも納得。

雪ニセコのスイートルームの主寝室

シンプルで居心地のいいベッドルーム。眺めのいい窓辺のワークスペースは使い勝手よし。

雪ニセコの「2ベッドルーム・スイート」の和室

思わず寝転がりたくなる和室スペース。布団を敷いて寝ることもできる。

雪ニセコの「2ベッドルーム・スイート」のウェルカムスイーツ

ウェルカムスイーツは地元の女性パティシエによるマカロン。

バスアメニティは、近隣の蘭越町(らんこしちょう)のシラカバ樹液や、ニセコ町のトドマツエキスを使ったオリジナル、「SIRACA FOREST(シラカ フォレスト)」のアイテム。ユニセックスな香りが爽やかだ。

歯ブラシ、シェーバーなどのアメニティ類は客室にはなく、ホテルのフロントや大浴場の受付に用意され、自分で必要なものをピックアップする。

キッチンには大型冷蔵庫、高級家電ブランドのオーブンレンジや炊飯器、基本的な食器・カトラリーが揃うから、好みのワインや食材を持ち込み、料理の腕を振るってディナーを楽しむのもOK。

フルサービスのホテルの快適さとコンドミニアムのような気軽さを兼ね備え、ストレスのない滞在ができる。なお、「雪ニセコ」を手がけるのはシンガポールの大手ラグジュアリーデベロッパーである、SC グローバル・デベロップメント。各客室はオーナーがいて、投資・運用されているのも今どきのニセコだ。

雪ニセコの「2ベッドルーム・スイート」のアメニティ

シャンプーやボディソープはエコフレンドリーなバルクボトル。

雪ニセコの「2ベッドルーム・スイート」のアメニティ

環境への配慮から、歯ブラシやシェーバー、コームには竹素材を使ったものを採用。

雪ニセコの「2ベッドルーム・スイート」のランドリー

キッチン脇にはランドリーも付く。収納式で扉を閉めればすっきり。

充実のウェルネス施設で、至福のお籠り滞在もできる!

まずは思う存分スキーを楽しみ、寒さと疲れで体が凝り固まった!という時には、ウェルネスフロアへ。ワンフロア全体がウェルネスセンター(広さは750平米!)で、大浴場、4つの貸切温泉、サウナ、フィットネスセンター、ヨガスタジオ、そしてスパを備える。

温泉にゆっくりとつかって温まり、24時間利用できるジムで体をほぐす。また、朝や夕方にヨガレッスンを開催しているので、気軽に受けられる。ヨガは初心者から上級者まで、レベルに合わせたレッスンをしてくれるのがありがたい。

温泉の泉質は、ナトリウム塩化物-炭酸水素塩泉。少しとろみがあり、疲労回復にはぴったりの温泉だ。貸切温泉は4つあり、1回45分、予約制。客室のタブレットで大浴場の混雑状況がわかり、貸切温泉の予約も可能だ。

雪ニセコの大浴場

大浴場の利用は6:00~24:00。

雪ニセコの貸切風呂

洗い場もあり、ゆったりとした広さのある貸切温泉。

雪ニセコのヨガレッスン(60分)¥2,600~。予約制。

ヨガレッスン(60分)¥2,600~。予約制。

雪ニセコのジム

24時間利用可能なジム。外の景色を見ながらトレーニングできる。マルチファンクションマシンも用意。

雪ニセコのスキーのレンタルショップも同フロアにある。

スキーのレンタルショップも同フロアにある。

そして外国人にとって、ラグジュアリーホテルにスパは欠かせないということもあり、スパトリートメント激戦区でもあるニセコ。ウェルネスフロアにある「六花(リッカ) スパ」も、予約が取りにくい日もあるという人気ぶりだ。宿泊の予定が決まったら、同時に予約するのをお勧めしたい。

「六花 スパ」は、「ラピデム トウキョウ」が監修したスパで、東洋医学に基づく伝統療法をベースに、ニセコの自然の恵みを取り入れたプログラムが用意されている。男女を問わず人気がある「アンヌプリの大自然の儀式」は、熟練のセラピストによるハンドトリートメントとホットストーンを組み合わせたオリジナルメニューだ。

目的別(疲労回復、リラックス、自律神経を整える、免疫力アップ、デトックス・エイジングケア)に5種類用意されたブレンドオイルの中から、香りを試し、今日のトリートメントに使うものを選ぶことからスタート。疲労回復や免疫力アップといった目的で選んでもいいし、好みの香りでセレクトしても。

雪ニセコのスパ

「 アンヌプリの大自然の儀式(120分)」¥34,000。

雪ニセコのスパ

最初は足浴から。北海道産のハーブと塩、地酒を使う。

「アンヌプリの大自然の儀式」は、背面を米粉でスクラブしてから、オイルトリートメントへと続く。合間に、経絡のツボを刺激するのがなんとも心地いい。ホットストーンはマッサージのほか、背中や足裏に乗せ、体を芯から温めるのにも使われる。

トリートメント後は、コリがほぐれるのとともに、全身がスッキリ。活力もみなぎったように感じた。

北海道の旬の美食とワインでグルメ心を存分に満たす

充実したダイニング&バーもこのホテルの大きな魅力である。夕暮れ時のアペリティフやディナー後の語らいに利用したいのが、ラウンジバー「Park90(パークナインティ)」。ワールドワイドなワインセレクションを誇り、そのラインナップは200種類以上にもなるという。

「Park90」の営業時間は16:00~23:00(22:30LO)。

「Park90」の営業時間は16:00~23:00(L.O 22:30)。

グラスワイン¥2,000~。

グラスワイン¥2,000~。

ホテルのメインダイニングは「méli mélo -Yuki No Koe-」。北海道産の厳選された旬の食材を使ったフレンチイタリアンのコースが味わえ、選び抜かれた国内外、北海道産のワインもあり、ペアリングで楽しみたい。

雪ニセコのメインダイニング「méli mélo -Yuki No Koe-」

開放感ある雰囲気のオールディダイニング。ディナーコースは18:00~と20:00~の2部制。要予約。

雪ニセコのディナー

ディナーコース(6品)¥8,800。グラスワイン¥1,500~。ア・ラ・カルトメニューもあり。

内容や食材は季節や日によって変わるが、ファットリアビオ北海道のストラッチャータや、たらの白子、牡蠣といった北海道ならではの冬の味覚を盛り込んだ、ディナーコースを堪能した。

ほかにも、夏から営業している「AFURI」は、らーめんだけでなく酒の種類も豊富に揃い、バーとしても人気のスポットだ。ミクソロジストによるクラフトカクテルも味わえ、昼夜問わず外国人で賑わいを見せている。

雪ニセコのAFURI

「AFURI」の「豚骨塩」(¥2,090)、「柚子ライムエード」(ノンアルコールカクテル)(¥550)。

さらに、12月からは、「蟹鮨 加藤 INORI」や天ぷら「あら木」もオープン。連泊しても飽きることなく美食が楽しめる。

朝食は「méli mélo-Yuki No Koe-」にて。カウンターには、近隣の新鮮な野菜、焼き魚や魚介など北海道の食材が日替わりで並ぶ。

雪ニセコの朝食

朝食(ブッフェスタイル)¥3,500。※画像はイメージ。

コーヒーは、スペシャルティコーヒーが用意されている。カウンターでオーダーし、バリスタが1杯ずつ淹れてくれる。

雪ニセコ

プロフェッショナルなバリスタによる最高の1杯で1日をスタート。

雪ニセコ

契約牧場からの牛乳を使ったクリーミーなラテ。

スキー三昧できるだけでなく、心も満足させてくれ、さらにはグルマンな滞在も叶えてくれる、ニセコの新ラグジュアリーリゾート。滞在していると、館内で出会うゲストもスタッフも外国人が多く、異国のリゾートを訪れているような気にもなってくる。北海道の新リゾートは長期滞在して楽しみたい魅力が満載だ。

雪ニセコ
住所:北海道虻田郡俱知安町ニセコひらふ1条2-6-9
TEL:0136-55-7882

TEXT=はまだふくこ

PICK UP

STORY

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

ゲーテ3月号

最新号を見る

定期購読はこちら

MAGAZINE

3月号 Now on sale

【ゲーテ3月号】表紙は三代目JSB。これから10年通い続けたい鮨&BARを大特集!

仕事に遊びに一切妥協できない男たちが、人生を謳歌するためのライフスタイル誌[ゲーテ]3月号が2023年1月25日に発売となる。今号の表紙を飾るのは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE。さらなる高みへと挑戦する彼らの想いに迫った。総力特集は鮨&BAR。これから10年、20年通いたい、とっておきのカウンターを紹介する。そのほか、プロ野球選手・鈴木誠也やロック歌手・宮本浩次、シンガーソングライター/俳優・泉谷しげるのインタビューやゲーテ公式ECサイト「ゲーテストア」限定アイテムも必見!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

SALON MEMBER

会員登録をすると、エクスクルーシブなイベントの数々や、スペシャルなプレゼント情報へアクセスが可能に。会員の皆様に、非日常な体験ができる機会をご提供します。

SALON MEMBERになる